偏差値35の投資家日記


どうも、ひよ子インベスターです。普段は月に5万円未満で生活している20歳です。>>>20代社会人が1ヵ月の生活費を5万で生きる「鬼の」節約術

普段は節約しているぼくですが、ネットサーフィンしてたらnoshの宅配弁当を見つけたので実際に利用してみました。

今回は、noshの宅配弁当を実際に食べた感想などまとめていきたいと思います。


管理栄養士と1流シェフが健康的な食事を手作りで提供していて、プレート・リゾット・スープ・スイーツなどが、2018年8月29日現在で50品以上の種類があります。


noshの特徴は、

①定期配送
②糖質90%オフ
③50品以上の豊富なメニュー

となります。

①は、いつでもサービスの停止や解約ができるようになっていますので、ぼくたち利用者の都合に合わせた糖質制限の食事ができるようになっています。


②は、スイーツも含めてすべてが糖質90%オフになっています。

そのため、ダイエットには最適な食事を管理栄養士と1流シェフが提供してくれるので、食事について考える時間が減ります。

③は、糖質制限の定期メニューを毎週選べるのは、国内ではnoshだけです。

新メニューも定期的に追加されていきますので、飽きがこないのも特徴です。


栄養管理士がいるだけあって、栄養バランスもすごいです。50品以上あるnoshの糖質・タンパク質・塩分の平均値は、糖質17g、タンパク質20g、塩分2.2gです。

糖質が少なく、タンパク質が多いので、ダイエット中の方は、夜の1食をnoshに置き換えてあげるだけで、体に変化が出るはずです。


また、食材にもこだわっていて、使用される野菜はすべて国産で砂糖も未使用です。

臨床試験もされていて、肥満や高血圧に有効だという結果もでていますから、かなり本格的ですよね。

料金は若干高い



気になる料金ですが、若干高いように感じます。料金表はこちらになります。
2018-08-29


ぼくは4食セットを選択したので、1食あたり700円ほどかかりました。

ちなみに4食セットとは、noshの50種類以上の商品の中から4食を選ぶプランになります。

1ヵ月5万円以下で生活しているぼくからしたら、1食700円は高いなあという印象です。

ただ、10食セットにすれば550円くらいになるんですよね。

身体のことに気をつけている方は、それこそ夜の1食だけnoshに変えて、「自分の身体への投資」と考えれば、1食500~700円はそこまで高くないのかもしれません。

栄養管理士と1流シェフが提供している食事ですから、質はコンビニより断然いいですからね。



手間がかからない


girl-lying-on-the-grass-1741487_1920

noshは冷凍で配達されるので、食べるまで手間がかかりません。

だいたい電子レンジで5分くらいで解凍して、すぐに食べることが出来ます。宅配弁当の醍醐味といったら、やっぱり「手間がかからない」ことですよね。

自炊をするとなると、やっぱり手間がかかっちゃうし、かといってコンビニだと、外に出るのがめんどくさかったりしますし。。

noshはスマホでポチポチ押して、宅配で栄養ある食事を届けてくれるので、手間がかからないのが個人的に良かったです。

NOSH公式サイト


ぼくが選んだメニュー


ぼくが選んだメニューはこちらになります!

FullSizeRender


(実物の写真を撮り忘れました。。)


ぼくは、お試しで4食プランというものを注文してみました!

料金は3,024円でしたので、1食700円くらいです。4食プランだと若干高いのが辛いですね。。まぁお試しということで。

量は、気持ち少なめな印象です。ダイエットしてる方向けって感じでしたね。

サイトには「5分くらいで食べられる」と書いてありましたが、実際にぼくが頼んだプレートは、6分30〜7分くらいかかりました。


【関連記事】
>>>節約生活で全くストレスの反動を抑える3つの考え方

実際に食べた感想



spoon-2426623_1920

 気になるお味ですが、画像でみたらわかるように、想像通り美味いです。

牛肉のデミグラスソースが一番うまかったですね。次頼むときは、これを絶対にリピートします。

4つのなかでは、牛肉のデミグラスソース押しですが、4つとも美味しかったです。ただ、個人的には鶏肉が微妙でした、、(鶏肉に関しては自炊のほうがいい気が。。)


画像をみたらわかると思いますが、まぁオシャレなんですよね。

ぼくが頼んだメニューは、黒の容器に調理済みの食材たちが入っていて、それこそ、そのまま職場に持っていけそうな感じでした。とにかくオシャレなお弁当って感じです。

仕事ができるOLさんが、こんな感じのオシャレな弁当を持って行ってそうなイメージ。


noshは、調理済みで配達されてくるので、職場に電子レンジがあればすぐに食べることが出来ます。夜に置き換えてもよさそうですが、昼に人目のつく場所で食べるのもいいですね。

ぼくは、デザートやスープなど頼んでないので、実際の味がどうかは分かりませんが、このクオリティなので美味しいと思います。

いやぁ、いま見ても美味そう。。

まとめ:オススメできるサービス


noshの配達弁当は、ふつうにオススメできるサービスでした。

個人的には、配達弁当を初めて利用したのですが、良いですね。まだ配達弁当を利用してない方は、配達弁当デビューとしても、かなりいいとおもいます。

ただ、4食プランにすると1食700円するので若干高いです。

4食プランは、お試しで利用する方向けですね。ぼくのように1度購入していて、次にリピートする方でしたら、10食プランで1食550円のほうが得です。冷凍なので日持ちもしますし。

このサービスは、

・普段から、コンビニや外食で食事を済ます人

・自炊が面倒な人

・ダイエット中の人

にオススメです。


どうせコンビニや外食で500円の食費を使うなら、noshで栄養管理士と1流シェフが提供している弁当のほうがコスパがいいとおもいます。→NOSHはこちら 



 






どうもひよ子インベスターです。現在20歳で起業して自分で事業をやったり、トレードしたり、ブログ書いたり、本を読みまくったりしてゆるく生きてます。

今回は、2018年8月28日発売の箕輪厚介さんの著書『死ぬこと以外かすり傷』を読んだので、軽くまとめてみました。ネタバレ注意です。


オンラインサロンには2018年8月時点で、1,300名のメンバーがいます。

オンラインサロンの収益だけで月700万近くあるそうです。すごい。。

本の構成


FullSizeRender


本の構成は1章から6章までと、「始めに」と「終わりに」がある感じです。

・1章は、「予定調和を破壊せよ」、考え方について書かれています。

・2章は、「自分の手で金を稼げ」、商売のやり方について書かれています。

・3章は、「名前を売れ」、個人の立たせ方について書かれています。

・4章は、「手を動かせ」、仕事のやり方について書かれています。

・5章は、「癒着せよ」、人間関係の作り方について書かれています。

・6章は、「熱狂せよ」、生き方について書かれています。


169ページのボリュームですので、2時間くらいで読めちゃうと思います。


各章ごとに、個人的に面白かった箇所を、これからまとめていきたいと思います。


【1章】予定調和を破壊し、トラブルに身を投げろ



nature-3106213_1920

予定調和にロジカルに考えても、計算通りのものしか生まれない。

無難に生きても何も起こらない。誰かが作った道を踏み外す。カオスにこそ、まだ見ぬ景色があるのだ。

あらゆる事故やトラブルに身を投げろ。



箕輪さんが、高校生の時に海外にはじめて一人旅にいった時に、日本行きのフライト直前でパスポートを紛失したそうです。

そのとき、箕輪さんは空港で寝泊まりをし、空港にいる日本人に声をかけて小銭を巡ってもらい、空港内でビックマックを買ったそう。箕輪さんはこの時の経験を、「パスポートをなくした瞬間から自分の物語になった言った」といっています。

段取り通りに進む予定調和には何の魅力も感じません。


【関連記事】
>>>『自分の商品を売ることが仕事も人生も一番儲かる仕組み』という話

【2章】意識くらい高く持て



phone-1052023_1920

NewsPicksを読んだり、講演会などに通っている人を「意識高い系」と揶揄する人がいる。

しかし、ぼくは「意識くらい高く持て」と言いたい。

世の中の最前線で起きている動きに、五感を研ぎ澄ます。意識のアンテナを4本バキバキに立てっぱなしにしているだけで、リスクを未然に回避できる。

ピンチをチャンスに変えられる。



箕輪さん自身も、もともと意識高い系の人だったそうです。

講演会には最前線で参加したり、堀江貴文や秋元康などの書籍や記事は一つ残らずチェックしていたそう。

すぐに具体的に何かに活かせたわけではないそうですが、どこかの時点でそれまで蓄積していた知や情報が繋がり、アイディアとなり行動につながっていったそうです。

箕輪さんの今があるのは、何の成果も出せなかった意識高い系のときに、徹底的に吸収していたものが大きいそうです。

箕輪さんは、「知っているということはいずれ必ず武器になる」といっています。

やはり、意識高い系をバカにする風潮はおかしいし、成功者は意識高い系から始まっていますね。

【3章】教祖になって思想を売れ


workplace-1245776_1920


これからはあらゆるビジネスが思想を売るようにになる。

appleもFacebookもトップであるCEOが会社の理念を丁寧に説明している。日本のZOZOやメルカリも同様だ。

実現したい世界や大事にしている思いを表明し、共感する社員を集め、モノを作り、お客さんの支持を得る。

引用:死ぬこと以外かすり傷

いまの日本は衣食住という最低限のものは基本的に満たされています。

こうして、豊かになると、人は物質的な価値ではなく、内面的な価値で動くようになります。

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)にも書いてあるように、高度経済成長期の人は、「大きな家を持ちたい」「高級車や高級腕時計を手に入れたい」というような価値観の人が多かったのですが、いまの若い世代はそういった欲望がない人が多いです。


若い人には、「金」ではなく「意味合い」に共感してもらい、同じ価値観を持った人と、仕事に没頭してもらうしかありません。

【関連記事】
>>>人生の意味合いや目的は「何となく」でいいから大切にする



実現したい世界や価値観を表明し、体現する。

多くの批判と世間からの返り血を浴びながら、それでも共感してくれる人を集め、巻き込んでいく。そんな教祖力を持った人がこれからの時代を作っていくものだと思っている。
引用:死ぬこと以外かすり傷


箕輪さんがやられているNews Picks Bookも箕輪編集室も、情報や物資を売っているわけではなく、思想を売っているそうです。

そこに共感する人たちが集まってコミュニティ化しています。

これは、周囲からみたらある種、宗教のようにみえますよね。堀江貴文や落合陽一に集まっている信者を見ていると、とくにそう思ってしまいます。

しかし、彼らがやっていることと、宗教の違いは、多様な意見が受け入れられて、出入りが自由だという点です。

今は、品質がいいものや安いものを作っても、消費しきれないほど世の中にあります。

【関連記事】
>>>自分の価値を上げる方法は「好きなこと」をして競争せずに独占する。

>>>『本で学ぶ』資本主義から価値主義に向かうこれからの時代に必要なこと



【4章】手を動かして何か1つでトップになれ

 
winner-1013979_1920


1つのことを突き詰めもせずツマミ食いしても、単なる器用貧乏になってしまう。

結局、軸足がどこにあるのかが問われる。サッカーでもキックボクシングでも軸足をしっかりと置いてなければ強いキックはできない。

引用:死ぬこと以外かすり傷

あらゆることをやっている何でも屋さんに見えるような人でも、トップに居続ける人は誰よりも、地味なことをやり続けています。


落合陽一さんは誰よりも研究しているし、秋元康は誰よりも詩を書いているそうです。

鈴木おさむさんは、72時間テレビに膨大な時間を使っているにも関わらず、その後深夜に原稿に取り組んだそうです。

やはり、成功者ほど、膨大な行動をしているんですよね。



多動力の本質はあれこれ手を出すことではなく、まずは何か1つで突き抜けるということだ。

何か1つのジャンルで日本のトップになるから、横展開が可能になるのだ。何かのトップだから他のトップから声がかかるのだ。

引用:死ぬこと以外かすり傷

ホリエモンの多動力が流行りましたが、これは使い方を間違えると、器用貧乏になりかねませんよね。

箕輪さんは、「何でもいいので何か一つの分野で日本一になることが大切だ」と言っています。金メダリストと銀メダリストでは、やはり全然違います。

きっと、それくらいの熱量で何かに没頭しないと、きっと何にもならないんですよね。

周りが引くくらいに何かに没頭して、1点突破で突き抜ける。このくらい行動することが大切なようです。

【関連記事】
>>>人生のモチベーションが上がらない人は好きなことを徹底的に極めるべき


kindle unlimited だと、多動力 (NewsPicks Book)」が登録から30日間は無料で読めます。
まずはお試しで登録してみてください。




【5章】自己開示して癒着せよ



機械的な人間関係を突破し、相手の生身の引き出しを受けとめ、溶け合うような関係になれば、仕事は一気に加速し、本質的なものに変わる。

そのためにはまず自分から裸になってしまうことだ。

自分の恥ずかしい部分も、醜い性格もわがままも生意気さも全部出してしまう。嫌われることなど恐れるな。すべてを見せて嫌われるなら、それまでだ。大丈夫。完璧な人間なんてどこにもいない。

引用:死ぬこと以外かすり傷

癒着(ゆちゃく)とは、立場は違うけど、利害が共通する両者が結びつき合うことです。

どうしても、自分のすべてをさらけ出すことには抵抗がある人が多いと思います。

ぼくもかなり抵抗があります。なので、どうしても若干「偽りの自分」を演じてしまうんですよね。

しかし、箕輪さんは、「自分がフル装備の完璧人間を装っていれば、あいても装備を解除してくれない」といっています。

たしかにその通りで、自分がガードを上げていれば向かい合う相手も同じ高さでガードを上げますよね。

これでは、機械的な人間関係しか築けません。

「それでも構わない」という人は別ですが、もっと人間らしい関係性を築きたい方は、まずは自己開示して、自分からさらけ出す方がいいかもしれませんね。

【関連記事】
>>>人間関係の悩みを解決する3つのポイント【メールを返信しない理由】



【6章】努力は夢中に勝てない



oekaki-2009817_1920

大事な打ち合わせがあっても、天気が良くてプールに行きたいと思えばプールに行く。

僕は意識的に、自分の心がワクワクするかを行動基準にしている。なぜなら「努力は夢中に勝てない」から。

引用:死ぬこと以外かすり傷


箕輪さんの言うように、努力をしている人は、寝落ちするくらいに夢中になっている人には絶対に勝てません。

なぜなら、彼らは、努力を意識的にしている人よりも努力が出来るからです。

彼らは時間を忘れるくらいに没頭してるので、努力を努力と思いません。これはもう無双状態なんですよね。

やっぱり「好き」って、それだけで才能なんです。

自分の好きなことを仕事にできれば、それだけで他の人より優位な立ち位置にいるので、優位性はめちゃくちゃ高いです。

【関連記事】
>>>しんどくて辛い職場環境からは「バックレ」てもいいから逃げるべき理由

>>>自分の価値を上げる方法は「好きなこと」をして競争せずに独占する。



まとめ:成長志向がある方にオススメ


今回の本がきっかけで箕輪さんを知ったぼくでしたが、すごく面白かったです。

しかし、この本がけっこうバカ売れしてまして、発売日の8月28日時点で、第二刷を発行しています。売り切れたりするのかな? ちなみにぼくはkindleですぐに読みました。

この本を読んだ人たちの評判も良いです。





「本なんて紙に字が印刷されているだけで、ものを伝達する手段の一つに過ぎない。問われるのは、その1冊が誰かの心に深く突き刺さるか。実際の行動を変えるのかどうかだ。」と、箕輪さんは本の中でいっていますが、この言葉通りの本でした。

今回まとめた、『死ぬこと以外かすり傷』は、今よりも生活を良くしたい人や成長志向の高い人にオススメの1冊です。


【『死ぬこと以外かすり傷』はこちらから↓】



【関連書籍】

kindle unlimited だと、多動力 (NewsPicks Book)」とモチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)30日間無料で読めます!(2018年8月28日現在)

30日経過後も月額980円で本が読み放題です。
 









どうも、ひよ子インベスターです。2018年現在、20歳でリアルでは起業して自分でビジネスをやっています。

「他人の商品を売るよりも、自分の商品を売ることが一番儲かる」ということに、ふと気づいたので今回はそれをまとめていきます。


ぼくは、基本的に他人のふんどしで土俵を取っている身分ですので、自分の商品を持っていません。

なので、必然的に他人の商品を売って小銭を稼いでいるわけですが、これがなかなか儲からない。仕事をされている方はわかるかと思いますが、やっぱり他人の商品を扱って、それを作っている人より儲かるのは激ムズです。

しかし、そんなぼくたちでも「自分」という商品を全員が持っています。

そんなことわかってる人が多いのも理解していますが、意識的に自分自身という商品を作り続けている人がどれだけいるのでしょう。きっとかなり少数なはず。

そんな感じで今回は、「自分」という商品を売ることについてまとめていきます。

【関連記事】
>>>自分の価値を上げる方法は「好きなこと」をして競争せずに独占する。 









誰しも自分の商品を持っている




序盤戦の戦い方は、他人の商品を売って資本を作りつつ、自分の商品を作っていくことが大切です。

他人の商品とは、会社も当てはまります。勤務先の会社の資産を徹底的に使って資本を作りつつ(種銭)、自分の商品を作る。ちなみに資産と資本の違いは、資産はお金や不動産などの財産のことをいい、資産から負債を引いたものを純資産といいます。

ここでいう自分の商品とは、自分自身でもいいですし、ブログや歌、動画コンテンツ、アプリ、など何でもいいです。人生で考えると、ぼくたちは全員が、「自分」という商品を持っています。

自分の商品を作ることを怠った人から淘汰されていくんだと思います。



薄利多売は儲からない



薄利多売とは、読んで字のごとく利益が少ない商品をたくさん販売することなのですが、これを個人でやってもなかなか儲からないことが多いです。

薄利多売をやって儲かるのは基本的にたくさんの資源をもっている組織などです。


たとえば、飲食業界でチェーン展開している「串カツ田中」は客単価を下げて薄利多売のビジネスにすることが理想だそうです。

その理由は、やっぱり消費者は安くておいしい物を食べたいと思っていることと、串カツを焼肉や寿司などの地位にもっていきたのだそうです。串カツ田中のように、チェーン展開している飲食店は、客単価を下げて需要を意識的に作り出し、どんどん店舗を展開していきます。

串カツ田中は串カツ業界を独占しているので、供給をコントロールして需要を作っています。


こんな企業相手に個人が勝てるのでしょうか。

同じことをしても絶対勝てないですよね。資本が少ないうちは、薄利多売でも何でもやらなくてはいけないので、他人の商品を売って資本を作りつつ、自分の商品を作るというのが良さそう。

自分の商品を作るうえでは、ブログをオススメします。

理由は、基本的に無料でリスクなく自分の商品作りを始められるからです。ぼくは、2018年7月のブログ収入がやっと5,000円を超えました。

>>【月間5,000pvのブログ収益】ブログ初心者が5,000pvまで伸ばす方法





参入障壁をつくる


モノを高く売るには、参入障壁をつくる必要があります。

なぜなら、マネされやすいと簡単に競争相手が増えて、最終的に価格競争に陥るからです。競合がマネしにくいように参入障壁を高く作り上げることが出来れば市場を独占できます。




これは個人にも当てはまりまして、誰にもマネされないような人生を送ることができれば無双できます。

たとえば、孫正義の人生ってマネできないですよね。大谷翔平のような野球選手になれる人もなかなかいません。まぁ少し例えが乱暴な気がしますが。。


彼らのようにならなくても、マネされにくいように参入障壁をつくることができると、自分という商品を高く売ることが出来ます。



人と違うことをする



自分という商品を作るにあたり、「人と違うことをする」というのは極めて合理的な行動だといえます。

なぜなら、人と同じことをすることに価値が生まれないからです

たとえば、山に遭難してしまったとします。そこには2つの道があります。1つは安全な道、もう1つは生きて帰ってこれるかわからない道。

多くの人は安全な道にいきますが、ここで生きて帰ってこれるかわからない道にいったとしたらどうでしょう。もし、生きて帰ってこれたらその人がどうやって帰ってきたのか、その道はどんな道なのか気になりますよね。ここに価値が生じます。

まぁ結局、死んだら意味がないですけどねw

人と違う道にいくときは、再起不能になるリスクだけ見極めてチャレンジしていくのがいい気がします。

現実にはたとえ経済的に死んでも、メシと宿があれば人間生きていけます。

【関連記事】
>>>20代社会人が1ヵ月の生活費を5万で生きる「鬼の」節約術



まとめ:オリジナルを追求する


landscape-3600546_1920


今回の記事をまとめると、


・人生とは、自分という商品を作り上げること

・みんなと同じことをしても儲からない

・他人がマネできない生き方をすれば、それだけ高い価値がつく

・そのために他人と違うことをする。知らない情報は高く売れる


オリジナルを追求していくことに価値が付随してくるのだと思います。

そう考えると、学校は平均的な人が量産されるという意味でも、工場という言葉がお似合いのように感じてきました。

5段階評価の通信簿なら、5を1つ狙うか、4を複数狙うかしかないですね。オール3に価値はないです。

自分という商品の価値を上げていくために、好きなことに徹底的にハマっていきたいものです。

【関連記事】
>>>未来予測はできないから「今」自分がやりたいことに投資する

>>>人生の意味合いや目的は「何となく」でいいから大切にする


【オススメ書籍】
kindle unlimited だと、登録から30日間は無料で多動力 (NewsPicks Book)が読めます!(2018年8月28日現在)30日経過後も月額980円で本が読み放題です。
 









どうも、ひよ子インベスターです。ぼくは18歳の学生のころからFXをやっていまして、2018年でトレード歴は3年目になります(リアルマネーは2年目)


ぼくもそうでしが、勢いでFXを始めてしまう人は多いです。

「FXは危ない」「FXは借金をする」なんてよく聞きますが、FXを始める人にとっては、FXのリスクくらいは知っておきたいですよね。

結論から先にいいますと、基本的にはFXで借金はしません。

しかし、例外はあります。なぜなら、FXで借金を背負う人が現実にいるからです。FXで借金はしないのに、現にFXで借金している人がいるなんて、ちょっと矛盾していますよね? 
FXで借金をする人がいると、「FXは借金をする可能性があるからやめた方がいい」という人がいます。

でもみなさんは自転車や車にも乗りますよね? 包丁を使いますよね?

これらは使い方を間違えると、人の命を奪う道具になりかねませんが、使い方さえ間違えなければ生活を豊かにしてくれるものです。

FXも同じで、使う人によって人生を幸福にも不幸にもします。つまり、FXが悪いわけではなく、問題は使う人です。


では、どういう時にFXで借金をするのでしょうか?

基本的に、FXにはロスカットという仕組みがあります。

ロスカットとは、「入金額以上の損失が出ないように、ある一定の損失までいったら、そのポジションを強制的に決済する」というものです。

ある一定の損失とは、証拠金維持率をいう数値をもとに判断されます。

証拠金維持率とは、口座の資産と保有しているポジションにかかる、必要証拠金の余力を示すための数字です。ちなみに必要証拠金とは、たとえばドル円を1lot(10,000通貨)買うときに必要なお金のことをいいます。

国内のFX取引所では、証拠金維持率が100%を切ったらロスカットになるケースが多いです。


ロスカットを避ける方法は、

①入金する

②保有ポジションを一部決済する


の2つがあります。


①の入金するとは、入金することで口座の資産が増えるので、証拠金維持率が上昇します。

②は、保有しているポジションを一部決済することで、必要な証拠金が減るため、証拠金維持率が上昇します。

証拠金維持率は低いよりも高いほうがロスカットを回避しやすいです。


このようにFXにはロスカットという仕組みがあるので、基本的には入金額以上に借金をすることはありません。

ロスカットされないこともある



money-1248598_1920

『FXにはロスカットがあるから基本的に借金はしない』といいましたが「例外」があります。

相場が急変したときはロスカットが発動されないときがあります。たとえば、2015年1月15日にスイスフランショックというものがありました。

>>>【スイスフランショック】スイスフランの暴落理由を簡単に説明
こんな感じの悲劇がFXではたまに起こります。


このように相場が急変してしまうと、ロスカットが発動されないことがあります。現にスイスフランショックでロスカットが発動されずに追証を求めらた人が多数いました。

追証(おいしょう)とは追加証拠金の略で、口座資金が足りなくなると取引所から「お金を入れてください」と言われることです。簡単にいうと借金です。

レバレッジをかける以上リスクはあります。


仮にロスカットされても生き残る対策は、

①なくなっても生活に困らない余剰資金でトレードする。

②レバレッジをかけずにFXをする。

③ポジション管理


この3つです。


ロスカットされても生き残るには?


financial-2065895_1920


先ほどもいいましたように、ロスカットされても相場で生き残る方法は、

①余剰資金でトレードする

②レバレッジをかけずにトレードする

③ポジション管理をする

基本的にこの3つが挙げられます。


①は、無くなって困らないお金なんて基本的にありませんので、「たとえ0円になっても生活に困らない金額でトレードをしましょう」ということです。

様々な本を読んでみると、無くなったら生活に困るお金でトレードをすると、メンタル的に消えていく人が多いようです。


退場していく人というのは、メンタルがおかしくなってポジション管理を怠って消えていくというのは、納得できるかと思います。


②は、そもそもレバレッジというのは、自己資金以上の金額をかけているのでノーリスクではありません。

借金をしないという意味でのノーリスクとは、レバレッジをかけずに自己資金だけでトレードする以外はありません。

以前、高レバレッジが危険は嘘!レバレッジが危険ではない理由の記事でも書いたのですが、高いレバレッジは、証拠金維持率の問題でロスカットまでの猶予は長いですが、それこそ歴史的な大暴落が起きた時には関係なく被弾します。

ただし、ポジションをコントロールすることができれば、歴史的な大暴落が起きたりしない限りはリスクはないです。


③のポジション管理は、1トレードの最大今日損失額を口座資金の3%に設定したりして、ポジションを徹底的に管理することで、ロスカットされても相場で生き残ることができます。

このポジション管理があいまいだと、退場するリスクが急激に跳ね上がるので注意が必要です。


それでもFXにはリスクがありますので、FXが怖いと感じるなら現物株を始めてみるといいかもしれません。

【関連記事】
>>>【貧乏人が投資をしないのはやばい】少額でも投資を始めるべき理由


なぜ借金する人がいるのか



PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V

そもそもなぜFXで借金をする人がいるのでしょうか?

基本的には、

①ギャンブルトレードをして、ギャンブル中毒になって人からお金を借りている人

②ロスカットが発動されなかった不幸な人

の2択です。


①は、FXのせいで借金をしているわけではありません。彼らは、FXをやらなかったとしても競馬やパチンコ、カジノなどでいずれは同じことをします。

②に関しては、「歴史的な大暴落でロスカットされずに借金をする」というのはわかりますが、歴史的な大暴落というのは頻繁に起こるものじゃないですよね。

要は、たまに起きる大暴落の可能性を考慮せずに、無理なポジション管理をしているのが原因の1つとしてあります。


そう考えると、FXトレードで借金をしてしまう原因というのは、FXにあるのではなく自分自身にあるといえます。

つまり、

FXで借金をしてしまう人というのは、自分のミスをFXに責任転嫁しているだけです。

ぼくたちトレーダーが自分で管理できるのは、リスク管理だけです。トレードで損するかもしれないお金の管理だけは、トレード前に自分で管理できます。

それ以外はできないことを考えると、リスク管理だけは誰しも徹底して行わないといけませんし、それだけで借金を背負ったりするリスクからは避けられそうです。


FXを安全に始める方法



投資や投機というのには、リスクがつきものです。

そのため、リスクを完全に排除するというのは無理なんですが、比較的安全にトレードを始める方法はあります。


ぼくはリアルトレードは2年目になりますが、まだ退場歴はなく安全にトレードをすることができています。

儲かる前に退場しては意味がないので、初心者のうちは退場しないことを意識してトレードに取り組むといい成果がでるような気がしています。

以下にぼくがFX初心者に向けての記事を書きましたので、何かしら参考になれば幸いです。


①お金がなくて不安な大学生がFXを安全に始める方法【初心者の始め方】
2018-08-26



②大学生がFXを始めるときの2つの勉強法【FX初心者】

IMG_0686


③大学生FXトレーダーにオススメの本紹介

FBPAKU3311_TP_V

④大学生はなぜFXで失敗してしまうのか?負けトレーダーに共通する原因

IMG_0767





XMは0円からトレードできる



man-1351317_1280

FXはどうしても簡単にお金を稼げるイメージを誰しも抱いてしまいますよね。

ぼくも全く同じでしたが、トレードを始めてみると全然楽に稼げないというギャップが生じてきます。

基本的に、FX初心者というのは資金をすべて溶かしてしまう退場を経験してしまうものです。ぼくに退場歴がない理由は、デモトレードを長く経験したからです。


しかし、多くの方は「デモトレードなんてめんどくさい」と思うはず。

いくらトレードで勝っても、自分の生活に何も影響がないとやる気がでないですよね。デモトレードを長くやっていたぼくとしてはその気持ち痛いほどわかります。


そんな方にはXMがオススメです。XMは口座開設したら全員に3,000円ボーナスが支給されます。この3,000円を原資に増やしたお金はすべて自分のリアルマネーなので、出金することも可能です。

なので、基本的にノーリスクでトレードが出来ます。

XMはゼロカットなので、スイスフランショックのような暴落があっても、借金をすることはありません。

ゼロカット制度を取り入れている業者でFXをするということは、現物株をやっているようなものです。レバレッジをかけていても、追証(借金を背負うこと)もないので、利用者には有難い仕組みですよね。

自分のお金を入金しなくても、口座開設するだけでトレードができるので、まずはこの3,000円ボーナスを利用してみるといいですよ。

ぼくも3,000円ボーナスでトレードを開始しました。

【関連記事】
>>>無料でもらった3,000円でノーリスク且つ安全にFX始めるよ!



もちろん、口座開設も無料ですし、お金は一切かかりません。こちらのリンクからリアル口座登録を進まて下さい



登録画面の取引口座詳細は、このように入力されるとスムーズかと思います。
2018-08-24


ボーナスを利用してお得にトレードしたい方は、ボーナスの受け取りを希望してください。


【3,000円ボーナス獲得はこちらから】




まとめ:原因は自分



今回の記事をまとめると、

・FXはロスカットがあるので基本的には借金しない

・しかし、相場が急変するとロスカットされないこともある

・対策は、①余剰資金でトレード②レバレッジをかけずにトレード3ポジション管理

・FXで借金している人は、FXが原因というよりも、自分自身に原因がある

・FXは少額から始める。XMは0円からリアルトレード可能。



FXで借金をするというよりは、リスク管理ができない人がFXで借金をします。

こういう人はFXをしなかったところで、別のギャンブル性の高いもので借金をする可能性が高いです。


FXはリスク管理を徹底して、経験を積み重ねるしかないです。そして、FXの経験が足りないのならば、本を読んで知識をつけるしかないです。

億トレーダーの方もオススメしている本は、マーケットのテクニカル分析 ――トレード手法と売買指標の完全総合ガイド (ウィザードブックシリーズ)です。

ぼくもこの本を読んでいますが、テクニカル分析の基本的なことはここに全て乗っています。

この本はめちゃくちゃ良書なのですが、6,200円かかります。なかなか高いですよね。トレード本は一般的なビジネス書に比べてとても高いです。

しかし、kindle unlimitedを使えば、月額980円で読むことができます。

30日間は無料で読めるので、まずはお試しで利用してみてください。