偏差値35の投資家日記


卵の殻からこんにちわ、ひよ子インベスターです。
2018年8月で、FXのリアルトレード開始から1年経ちますが一度も退場せずに生き残っております。


大学生やFXを始めたての初心者はトレードで失敗しやすいですよね。とくに初めのころは、「FXなんて上がるか下がるかの2択」と知識のない状態でシンプルに考えすぎて負けてしまうことがあります。

最初のころは「FXなんて簡単だ」と思ってあまり勉強もせずにトレードしたり、勉強してもなかなか成果が出ずに失敗続きなんてこともあると思います。
ぼくも初めのころは、今じゃ考えられない負け方をして大ダメージを食らったこともあります。そんなときはとても辛い気持ちになります。

今回はFXトレードで失敗してしまうときの特徴をまとめました。この記事をみて勝てるようになるとは思いませんが、少なくとも退場したりすることはなくなると思います。

>>>お金がなくて不安な大学生がFXを安全に始める方法【初心者の始め方】









余剰資金でトレードしない

INA99_saifuaketara1en_TP_V


大学生がトレードをするときの資金は基本的にアルバイトで貯めたお金だと思います。あなたは、アルバイトで貯めたお金を全額、トレード資金に使っていませんか?


たとえば毎月5万円の収入があるのなら、1万円だけトレード資金として使って、残りは貯金しておいたほうがトレード時のメンタルが安定します。

全額をトレード資金として使うと、やっぱりトレード自体がおかしくなるんですよね。「このお金だけは溶かしたらやばい」ってなると、早めに利食いしたり、損切りを躊躇してしまったりします。やっぱりトレードは「極論無くなっても生活には困らないお金」を使うのが、精神的にも一番安定します。


お金のない大学生でも、節約をするなり、余剰資金を作ってそこから投資するようにしましょう。1万円でもいいので、自分が生活に困らないお金をなんとか作って、そのお金をトレードに使えばいいのです。


20歳になったらすぐにやるべきこと・始めることを5つ紹介。人生を豊かにする。という記事に在宅でお小遣い程度なら稼げる方法も書いてあります。


ギャンブルトレードをしてしまう

FXなんて上がるか下がるかの二択だろ?」とついつい、ギャンブルトレードをしていませんか?

確かにFXは上がるか・下がるかの二択ですが、適当に運試しでトレードしていても一時的に稼げることはありますが、絶対にすべて溶かすことになります。

お金を稼ぐって基本的に楽ではないので、楽して相場で稼げてしまうと途中でやめられないんですよね。やめたとしても、そういう人は途中で戻ってきます。そして、すべてを溶かして退場してしまいます。



IMG_0757


【FX】ギャンブルトレードをしている負け組トレーダーを卒業する方法

こちらの記事にギャンブルトレードをしている人向けに記事を書きました。少なくとも、大切なお金をムダに溶かしてしまうことはなくなると思います。


勉強不足

YUKI_syukudaizzz15150842_TP_V


FXは、しっかり勉強しないと痛い目見ますよ。シンプルなものほど実は奥が深いものです。

たとえば、オセロは小学生でも理解できるゲームですが、オセロの世界チャンピオンに勉強もせずに勝てると思いますか?
ボクシング初心者がいきなりスパーリングをして、プロボクサーに勝てると思いますか?

ぜったいに無理ですよね。相場とは、ボクシング素人がリング上でプロボクサーと戦っているようなものなんですよ。相場に参加している人は、ぼくたち個人投資家だけではありません。機関投資家と呼ばれる大口の資金力を持った人たちも参加しています。いわゆるボクシングでいうところのプロボクサーです。

ぼくたちはこの人たちとお金の奪い合いをしています。つまり、相場とはゼロサムゲームなんです。
相場の世界でお金を稼ぐのなら、しっかり勉強する必要があります。

勉強不足でトレードをすると、遅かれ早かれ高い授業料を払うことになります。最低限の知識はつけるようにしないと痛い目に遭いますよ。

>>>大学生がFXを始めるときの2つの勉強法【FX初心者】




トレードルールを破ってしまう

dandakeyIMGL4714_TP_V


自分で作ったトレードルールを破ってしまった経験が誰しもあるとおもいます。

ぼくも、一度トレードルールを破ったときに口座資金の50%が吹っ飛んだ経験があります。自分で決めたトレードルールを破ると、全てがめちゃくちゃになりますよね。

自分で決めたトレードルールは徹底して守った方が身のためです。トレードルールは「してはいけないこと」を重用視することをオススメします。たとえば、「ナンピンはしない」だったり、「1トレードの最大許容損失額は口座資金の3%に抑える」だったり。してはいけないことを守れば、退場することはないとおもいます。

トレードルールを作ったら、あとは自分で決めたトレードルールを守るようにしましょう。日常生活から、自分でルールを決めて守る習慣をつけると、トレードルールも破りにくくなるかと思います。常に冷静に自分を俯瞰して、自分をコントロールする習慣がトレーダーには大切ですね。


まとめ


今回は、大学生がFXで失敗してしまう原因を書きました。
今回書いたことをまとめると、


①余剰資金を作って、そこから投資をする。
②ギャンブルトレードをしないようにする。
③勉強不足でトレードをすると、高い授業料を払うことになる。最低限の知識はつけるようにする。
④自分で決めたトレードルールを破ると、全てがめちゃくちゃになる。自分で決めたトレードルールは守るようにする。



負けているトレーダーには共通する原因のようなものがあります。相場では、退場さえしなければチャンスは常にある状態ですが、退場してしまうとチャンスすらありません。退場はしないように、お互い頑張っていきましょう。

では!


オススメ書籍 


あなたは、FXをやっていて感情的になってギャンブルトレードをしてしまった経験はありませんか?

誰しも一度くらいはあると思います。ぼくも以前、仮想通貨の暴落で感情的にトレードしてしまい口座資金の50%近くを失った経験があります。これはギャンブルトレードをしてしまった経験者にしかわからないつらさですよね。

しかし、ギャンブルトレードをいつまでも続けていては、勝ち組トレーダーになれません。そこで、負け組トレーダーを卒業する方法をまとめてみました。








ナンピンをしない

hageIMGL0587_TP_V


あなたは無計画なナンピンをしていませんか?
ナンピンとは、含み損になっているのにもかかわらず、どんどんポジションを積み立てていくことです。

ナンピンが一概に悪いとは言えません。たとえば、事前に「○○円まで下がるまでは買い増していく」と決めている、いわゆる計画的ナンピンならそこまで悪い方向にいきません。


問題なのは、無計画的なナンピンです。もともとナンピンなんてする予定もなかったのに、保有しているポジションがどんどん含み損になっていて、感情的になってナンピンをしてしまう。これは資産を一気に吹き飛ばす可能性が高いです。

そもそもナンピンは難易度の高いものです。計画的なナンピンであっても、徹底した過去検証を積み重ねて初めてなせる技です。素人がとっさの判断でナンピンしても、うまくいかないことがほとんどです。

ナンピンの連続によって、含み損が溜まるとトレードの時間軸を変えてしまう人もいますが、本来短期で見ていたのに、長期に変えても現実逃避にしかなりません。

ナンピンをするなら、しっかりと過去検証を積み重ねて事前に準備することです。



ロットを上げない

kazukihiro512166_TP_V


負けトレードが続いて感情的になると、今までの負けを取り返したいと思ってロットを上げてしまうことってありますよね。負けが続いてストレスが溜まると、感情的なトレードを繰り返してしまいがちです。

負けが続いているのなら、ロットを上げるのではなく一度下げてみるのがいいですよ。たしかに、ロットを下げることで、10pips稼いでも金額にすると少なくなってしまいます。しかし、また負けが続いたときに、ロットを上げたままだとどうなるでしょうか?
1日で口座の資金を吹っ飛ばしてもおかしくありません。実際に、負けが続いて感情的なトレードを繰り返した結果、今までの利益がすべて吹っ飛んだというひとも多くいます。

FXは、他の金融投資よりも資金管理が大切になっていきます。なぜならレバレッジがかかっているからです。レバレッジをかけると、ポジションが多くなるにつれて損失や利益も大きくなっていきます。

資金管理を怠ると一瞬にしてお金が吹っ飛びます。たとえばですが、「1トレードあたりの最大許容損失を口座資金の2%にする」などのルールを決めて、徹底して守ること。こうすれば退場するリスクはかなり減ります。

レバレッジがかかっている以上、ロットはむやみやたらに上げないようにしましょう。その場の勢いでロットを上げるのではなく、口座資金の1%~3%くらいのリスクを取って上げていくのがオススメです。
関連記事:高レバレッジが危険は嘘!レバレッジが危険ではない理由



他人のトレードを見ない

stookawaIMGL1854_TP_V


今やツイッターなどで情報発信しているトレーダーは多いですよね。中には「今日100万勝った」とツイートしている人もいます。自分とは関係ないと思っていても、同じ相場の世界にいて結果が違うことに、いら立ちを覚える時もありますよね。

『仮想通貨FX』暴落で初心者が大損しないようにする対策3つでも書きましたので詳しくは割愛しますが、トレードにおいて、他人からの影響を受けることはあまりメリットがないと感じます。

トレードは自分との戦いです。相場では他人とお金の奪い合いをしているのですが、結局メンタル的な部分に左右されることが多いのも事実です。

他人からの悪い影響は受けないように、情報の遮断は定期的にしていきたいものです。



トレードの時間軸を長めに変える

KAI428029_TP_V

スキャルピングをしていると、トレードが感情的になるときが多いように感じます。

ぼくも、たまに1分足でスキャルピングをしているのですが、メンタルがおかしくなったと感じた時は、5分足や15分足に変更してトレードをするようにしています。トレードの時間軸が長くなるだけで、メンタルも落ち着いてくるので不思議なものですよね。

普段1分足でスキャルピングをしていて、感情的なトレードが続くようでしたら時間軸を長めにしてみることをオススメします。

終値だけで判断するトレードに変更すれば、5分足でトレードしているなら5分に1回だけ確認すればよいのです。これでストレスが軽減されるので、感情的なトレードが減ってくるはずですよ。



トレード中に別のことをする

VRyaruman0I9A4606_TP_V

トレード中に別のことをするのはかなりオススメです。もちろん1分足でスキャルピングをされているような方はチャートに張り付いていなければなりませんが、1分足を使っていないような方はずっとチャートに張り付く必要もないように思います。

トレード中に別のことをするメリットとしましては、メンタルがぶれなくなることが挙げられます。経験している人は分かるかと思いますが、やっぱりトレード中にチャート画面に張り付いているとストレスが半端じゃないんですよね。さらに連敗が続いたときにはストレスで気が狂いそうになるんです。

しかし、トレード中に別のことをすることによって、このストレスがかなり減っていきます。トレードのストレスが減ると、感情的になってやけくそなトレードをすることもなくなってきます。メンタルがぶれないだけで、トレードも安定してくるんですよね。



勝ち組トレーダーは上手に負けている

ookawaIMGL1684_TP_V



勝ち組トレーダーは勝率100%だと考えてしまうときはありませんか?
しかし、勝ち組トレーダーは勝率100%だから勝てているのではありません。なんなら4勝6敗でも勝ち越していたりします。つまり、FXにおいて勝率はあまり関係ないのです。

負け組トレーダーでも9勝1敗でボロ負けしているひとがいます。勝ち組トレーダーと負け組トレーダーでは、小さく負けるか大きく負けるかが決定的に違います。


勝ち組トレーダーは負けが小さいです。なので例え9敗しても、損失が少ないので1勝で今までの負け分を取り戻しで利益を生むことが出来たりします。

ただ、勝率が10%ほどの手法は精神的にきつかったりします。1発でドカーンと大勝ちできれば気持ちいいですがはたして、そこまで耐えられるかという話にもなってきます。


FXは勝率と同じようにリスクリワードも大切なのです。リスクリワードとは、そのトレードの損切りと利益確定までのことをいいます。損切りが10pips、利益確定が20pipsだとリスクリワードは1:2になります。この場合、勝率が50%でも勝てることになります。


負け組トレーダーに共通してるのは、一回のトレード損失額が大きすぎることです。しかし、この原因はトレードルールの仕組みもありますが、それ以上にメンタル面でぶれておかしくなっていることが多いように思います。感情的なトレードをなくして機械的に冷静にトレードできれば、大負けすることも減ってきます。負けは小さく積み重ねることが大切になってきそうですね。


まとめ


まとめると、 


無計画なナンピンをしない。含み損が溜まると、トレードの時間軸を変えてしまう人もいるが、本来短期で見ていたのに長期に変えても現実逃避にしかならないのでやめる。

ロットをむやみやたらに上げないようにする。勢いで上げるのではなく、口座資金の1%~3%くらいのリスクを取ってあげていく。負けが続いたらロットを下げてみる。

トレード中に他人のトレードを見ないようにする。大勝ちしているトレーダーをみると、自分のメンタルが揺れてしまうので感情的なトレードになりやすい。

④スキャルピングで負け続きになると、どうしてもイライラして感情的になってしまったりするので、トレードの時間軸を長めに変える。

トレード中に別のことをするようにすると、負けてもイライラしたりすることが少なくなる。

⑥勝ち組トレーダーは負けるときは小さく負けている。小さな負けを積み重ねること。1発で大きい負け方はしないようにする。



負け組トレーダーを卒業したい人は、今回まとめたことをしていないかチェックしてみてください。おそらく、負け続けているトレーダーはなにか当てはまる部分があったはずです。

トレードが不安定になったときにつねにチェックすると、トレードのスランプを脱出できるきっかけになったりします。
長く相場で生き残れるように、お互い日々前進していきましょう。これを守れば退場することはなくなると思います。相場に居続ければチャンスはありますが、退場してしまうとチャンスすら与えられませんよ。

では!

参考書籍

FBPAKU3311_TP_V


大学生やFX初心者の方がFXを初めて、「まずは本を読もう」と思ったあなたは、とてもまじめな人だと思います。でも、FXの本ってたくさんありますよね。「FXを始めたけど、どんな本を読めばいいのかわからない」と思うことはありませんか?

全ての本を読むことが出来るのならそれに越したことはありませんが、残念ながらぼくたちの時間は有限ですのでそれは不可能です。
ぼく自身は、最初の頃はどんな本を読めばいいのかわからずに迷走して本を読みまくってた時期がありました。「読む」という決断をするのと同じように、「読まない」という決断をしなくてはいけません。

そこで今回は、FX初心者・中級者・上級者に向けてオススメの本をご紹介します。ぼくはFXの本を50冊以上は読んできたので、余計な本を読んで、時間をムダにしないようにしていただければと思います。








初心者向け


「まだFX初心者で右も左もわからない」って人には、この本がオススメです。初心者に優しい内容で書かれているので、FXについて基礎から知ることができます。


テクニカル分析の本はこの本。基本的なチャートの見方がこの本1冊で理解できます。チャートを図解でいちから丁寧に解説してくれている本です。「テクニカル分析ってなに?」って方はこの本で大枠はつかめるはずです。


>>>大学生がFXを始めるときの2つの勉強法【FX初心者】



中級者向け



基礎的なルールを把握してトレードしていると、「手法をどうするか」と悩む時期が出てくるかと思います。この本を読めば、手法の大切さと、「どうやって手法を作ったらよいのか」を解決できるきっかけになるはずです。

本の内容も、FXの核心に迫るようなことが、誰にでも分かりやすいように書いてあります。FXの本は文字数が多い本がほとんどですが、この本は読書慣れしていないような方でもストレスなく読み進められる本かと思います。
この本は初心者から中級者になった方に読んでもらいたい一冊です。







この2冊はテクニカル的な部分というよりは、市場心理や為替相場のマクロ的な部分が学べます。

ファンダメンタルズ分析だけを理解していても、FXで勝つことはかなり難しいです。基本的にはテクニカル分析が主流になってきますが、ファンダメンタルズ分析は知っていて損することはありません。テクニカル分析とファンダメンタルズ分析は併用して使えると強いです。

ファンダメンタルズ分析は、最初は結構難しいのであまり勉強しない人が多いです。ここでファンダメンタルズ分析もできると、他のトレーダーを出し抜ける確率が高くなると思います。

>>>マークミネルヴィニのトレーダーとして成功したい人へのアドバイスが的確すぎた



上級者向け

この本は億トレーダーの方からもかなり支持されている本です。ぼくもこの本を読みましたが、とにかく深い。この本は為替・株式・先物・仮想通貨と、チャートがあればすべての相場で使える相場の原理原則が書かれています。

初心者・中級者を卒業したら、テクニカル分析はこの1冊で事足りる本だと言っても過言ではありません。これを読めばFX本は読む必要がないと言っても過言ではないかもしれません。





プライスアクショントレード(ローソク足だけで判断すること)をされている方には必読の1冊です。この本はチャート画面に、25EMAとローソク足しか表示させません。しかし、とても奥が深い。

どんな分野も突き詰めれば最終的にはとれもシンプルな形になると言われていますが、その言葉通りだなと実感させられる本です。FXを突き詰めたいと思っている方には、役立つ1冊だと思います





バックテスト(過去チャートの検証作業)をする方にオススメの1冊です。ドローダウンやプロフィットファクターなどの用語が出てきますので、検証作業をしない方からしたら、ちんぷんかんぷんな内容かと思います。

「自分のトレード手法を確立したい」と考えているFX上級者の方には、一度目を通していただけるとスムーズに検証作業に入れるかと思います。


>>>二桁億トレーダー「きゃりーぱふぱふ」の本を買った。



FX本を読み放題で読む方法

以上で本の紹介は終わりです。閲覧ありがとうございました。
最後に、FXの本が読み放題で読めるサービスがあるのでそれをご紹介させていただきますね。それは、kindle unlimitedを利用することです。月額980円でマンガ・ビジネス書・小説・雑誌などが読み放題のAmazonのサービスです。


たとえば、高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)は1冊買うと6,200円、マーケットのテクニカル分析 ――トレード手法と売買指標の完全総合ガイド (ウィザードブックシリーズ)も6,200円かかります。2冊買うだけで12,000円もかかるのは大きいですよね。FX本は他の本に比べて高い本が多いのです。
ところがkindle unlimitedを使えば、本1冊読むだけで元を取るだけでなく利益になります。月額980円ですので、2冊読めば1年間分の料金の元を取ることになります。

30日間は無料で利用できるので、まずはお試しで利用してみてください。






IMG_0686


どうも、ひよ子インベスターです。

大学生になってFXを始めようとしている方は、少数派ですがいると思います。そのときFX初心者の方だと、FXの勉強法がよくわからないと思う方も多いはずです。

ぼくも18歳の頃にFXを始めた時は、何から勉強すれば分からず迷走していた時期がありました。勉強のゴールが分からないと辛いですよね。

結論から先に言いますと、FXの勉強方法は読書(情報収集)と過去チャートの検証の2つしかありません。じつはとてもシンプルです。それをまず、頭に入れておいてください。



そしてFXの手法には、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つの手法があります。

テクニカル分析とは、チャートをみて、トレード判断することをいいます。
ファンダメンタルズ分析とは、経済の要因をもとに分析して、それをもとにトレードすることです。


FXに関しては、ファンダメンタルズ分析だけでトレードをしている人は少数派です。その理由は、ファンダメンタルズ分析は、経済要因をもとにトレードするので再現性があまりないのです。ファンダメンタルズ分析はテクニカル分析と並行して使われることが多いです。


多くの人はテクニカル分析でトレードしています。
テクニカル分析は、過去の値動きと未来の値動きはそこまで違わないだろうという前提があります。あなたは大学受験や資格試験の勉強をするときに過去問を解きますよね?
テクニカル分析は、ファンダメンタルズ分析よりも再現性が高いので多くの人に使われているのです。


FXを通して、世界経済の勉強がしたい人は別ですが、お金を稼ぎたのであればテクニカル分析の比率を高めに勉強する必要があります。


テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も含めてFXには主に2つの勉強法しかありません。

今回はFX初心者の方に向けてまとめてみました。








テクニカル分析の勉強法


テクニカル分析の勉強法は、

①読書などの情報収集
②過去チャートをみて検証をする

の主に2つがあります。①の読書などの情報収集はインプット作業、②の過去チャートの検証はアウトプット作業です。

FXもインプットとアウトプットの2つが大切ですが、一番大切なのはアウトプットである過去チャートの検証作業になります。

最終的には、過去チャートの検証をする必要があるのですが、何の情報もないと過去チャートの検証なんてできませんよね。ますは読書などで情報収集する必要があります。



読書などの情報収集

books-1149959_1920


FXトレードのことを何も知らない人はお金がなくて不安な大学生がFXを安全に始める方法【初心者の始め方】をまずは読んでみてください。FXの手順を書いています。

「読書したいけど、なかなか1冊読み切れないんだよなあ」って方には、活字が苦手で本が読めない人でも読書の習慣を身につける5つの方法を読んでください。



過去チャートの検証

stock-1863880_1920



過去チャートの検証作業とは、読書などで得た情報が本当に正しいのかを過去チャートをもとに検証していくことをいいます。基本的にFXではこれが一番大切になっていきます。本を読んでも勝てない理由は、本で得た情報(仮説)をそのまま実践(自分のお金でトレードすること)で利用しているからです。

本で得た情報でもまずは疑うことが大切です。実際に過去チャートでそれが本当に機能しているのか、実際に検証作業をしてみましょう。


過去チャートの検証方法は、基本的に何でもいいと思います。たとえば、「ダブルトップ(2つの山)が出現すると、下落する可能性が高い」という仮説があったとします。それが本当に正しいのか、実際に過去のチャートで確かめていきます。


ぼくは、Forex Tester3という有料ソフトを利用していますが、これを利用せずにMT4で無料で過去チャートの検証をするのもいいですよ。

最近はスマホアプリで検証作業ができるのがあります。それは、ChartBookというアプリです。もちろん無料で利用できますし、ぼくが使っているForex Tester3と使用が似ているのもいいです。こちらはスマホアプリなのでスキマ時間で検証ができますし、とても素晴らしいアプリです。


ファンダメンタルズ分析の勉強法


ファンダメンタルズ分析の勉強法は、おもに読書などの情報収集があります。

しかしこれだと、インプットだけになってしまうので、ブログやツイッターで情報のアウトプットをすると記憶に残りやすいですし、勉強効率がいいです。
ムダにならない勉強法をして効率的に学んでいくのがいいですね。


ぼくは、ファンダメンタルズ分析だけを学ぼうとしたことがないのですが、FXをきっかけに世界経済に興味をもったことで、経済本を読みまくってたので、経済ニュースは理解できます。


経済ニュースが理解できるレベルなら、FXの本を片っ端から読めば勝手に知識はつくと思います一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門あたりを読んでれば初歩的な基礎知識はつくはずです。

それよりも踏み込んだ内容は、専門書だったりネット記事を読みまくってみるといいですよ。



まとめ


まとめると、


・FXにはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析がある。稼ぎたいのであればテクニカル分析を多く勉強する必要がある。

・テクニカル分析は、過去チャートの検証と読書の主に2つの勉強法がある。稼いでいる人の多くは過去チャートの検証やリアルタイムでチャートをみて実践をしている場合が多い。

・ファンダメンタルズ分析の勉強法は読書などの情報収集。



お金を稼ぎたいのであればテクニカル分析に力を入れる必要があります。テクニカル分析をせずに勝ててるトレーダーはかなり少数派ですが、ファンダメンタルズ分析を全くしてなくても、勝ててるトレーダーは多くいます。

それだけ多くのトレーダーはテクニカル分析に力を入れています。ファンダメンタルズ分析だけでFXで大金を稼いでいる人が圧倒的に少ないのです。


ただ、ファンダメンタルズ分析はテクニカル分析と並行して使ってる方が多いので、基礎用語くらい知ってると便利ですよ。


FXの勉強で本を読むときにデメリットは、FXの本は普通の本よりも値段が高いことです。kindle unlimitedを利用すれば、月額980円でたくさんの本が読み放題ですので、普通に買うよりもコスパがいいです。30日間は無料で利用できるので、まずはお試しに使ってみてください。

では!
 

【オススメ書籍】