偏差値35の投資家日記

IMG_0686


どうも、ひよ子インベスターです。

大学生になってFXを始めようとしている方は、少数派ですがいると思います。そのときFX初心者の方だと、FXの勉強法がよくわからないと思う方も多いはずです。

ぼくも18歳の頃にFXを始めた時は、何から勉強すれば分からず迷走していた時期がありました。勉強のゴールが分からないと辛いですよね。

結論から先に言いますと、FXの勉強方法は読書(情報収集)と過去チャートの検証の2つしかありません。じつはとてもシンプルです。それをまず、頭に入れておいてください。



そしてFXの手法には、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つの手法があります。

テクニカル分析とは、チャートをみて、トレード判断することをいいます。
ファンダメンタルズ分析とは、経済の要因をもとに分析して、それをもとにトレードすることです。


FXに関しては、ファンダメンタルズ分析だけでトレードをしている人は少数派です。その理由は、ファンダメンタルズ分析は、経済要因をもとにトレードするので再現性があまりないのです。ファンダメンタルズ分析はテクニカル分析と並行して使われることが多いです。


多くの人はテクニカル分析でトレードしています。
テクニカル分析は、過去の値動きと未来の値動きはそこまで違わないだろうという前提があります。あなたは大学受験や資格試験の勉強をするときに過去問を解きますよね?
テクニカル分析は、ファンダメンタルズ分析よりも再現性が高いので多くの人に使われているのです。


FXを通して、世界経済の勉強がしたい人は別ですが、お金を稼ぎたのであればテクニカル分析の比率を高めに勉強する必要があります。


テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も含めてFXには主に2つの勉強法しかありません。

今回はFX初心者の方に向けてまとめてみました。








テクニカル分析の勉強法


テクニカル分析の勉強法は、

①読書などの情報収集
②過去チャートをみて検証をする

の主に2つがあります。①の読書などの情報収集はインプット作業、②の過去チャートの検証はアウトプット作業です。

FXもインプットとアウトプットの2つが大切ですが、一番大切なのはアウトプットである過去チャートの検証作業になります。

最終的には、過去チャートの検証をする必要があるのですが、何の情報もないと過去チャートの検証なんてできませんよね。ますは読書などで情報収集する必要があります。



読書などの情報収集

books-1149959_1920


FXトレードのことを何も知らない人はお金がなくて不安な大学生がFXを安全に始める方法【初心者の始め方】をまずは読んでみてください。FXの手順を書いています。

「読書したいけど、なかなか1冊読み切れないんだよなあ」って方には、活字が苦手で本が読めない人でも読書の習慣を身につける5つの方法を読んでください。



過去チャートの検証

stock-1863880_1920



過去チャートの検証作業とは、読書などで得た情報が本当に正しいのかを過去チャートをもとに検証していくことをいいます。基本的にFXではこれが一番大切になっていきます。本を読んでも勝てない理由は、本で得た情報(仮説)をそのまま実践(自分のお金でトレードすること)で利用しているからです。

本で得た情報でもまずは疑うことが大切です。実際に過去チャートでそれが本当に機能しているのか、実際に検証作業をしてみましょう。


過去チャートの検証方法は、基本的に何でもいいと思います。たとえば、「ダブルトップ(2つの山)が出現すると、下落する可能性が高い」という仮説があったとします。それが本当に正しいのか、実際に過去のチャートで確かめていきます。


ぼくは、Forex Tester3という有料ソフトを利用していますが、これを利用せずにMT4で無料で過去チャートの検証をするのもいいですよ。

最近はスマホアプリで検証作業ができるのがあります。それは、ChartBookというアプリです。もちろん無料で利用できますし、ぼくが使っているForex Tester3と使用が似ているのもいいです。こちらはスマホアプリなのでスキマ時間で検証ができますし、とても素晴らしいアプリです。


ファンダメンタルズ分析の勉強法


ファンダメンタルズ分析の勉強法は、おもに読書などの情報収集があります。

しかしこれだと、インプットだけになってしまうので、ブログやツイッターで情報のアウトプットをすると記憶に残りやすいですし、勉強効率がいいです。
ムダにならない勉強法をして効率的に学んでいくのがいいですね。


ぼくは、ファンダメンタルズ分析だけを学ぼうとしたことがないのですが、FXをきっかけに世界経済に興味をもったことで、経済本を読みまくってたので、経済ニュースは理解できます。


経済ニュースが理解できるレベルなら、FXの本を片っ端から読めば勝手に知識はつくと思います一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門あたりを読んでれば初歩的な基礎知識はつくはずです。

それよりも踏み込んだ内容は、専門書だったりネット記事を読みまくってみるといいですよ。



まとめ


まとめると、


・FXにはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析がある。稼ぎたいのであればテクニカル分析を多く勉強する必要がある。

・テクニカル分析は、過去チャートの検証と読書の主に2つの勉強法がある。稼いでいる人の多くは過去チャートの検証やリアルタイムでチャートをみて実践をしている場合が多い。

・ファンダメンタルズ分析の勉強法は読書などの情報収集。



お金を稼ぎたいのであればテクニカル分析に力を入れる必要があります。テクニカル分析をせずに勝ててるトレーダーはかなり少数派ですが、ファンダメンタルズ分析を全くしてなくても、勝ててるトレーダーは多くいます。

それだけ多くのトレーダーはテクニカル分析に力を入れています。ファンダメンタルズ分析だけでFXで大金を稼いでいる人が圧倒的に少ないのです。


ただ、ファンダメンタルズ分析はテクニカル分析と並行して使ってる方が多いので、基礎用語くらい知ってると便利ですよ。


FXの勉強で本を読むときにデメリットは、FXの本は普通の本よりも値段が高いことです。kindle unlimitedを利用すれば、月額980円でたくさんの本が読み放題ですので、普通に買うよりもコスパがいいです。30日間は無料で利用できるので、まずはお試しに使ってみてください。

では!
 

【オススメ書籍】

 FullSizeRender


2018年7月のブログ運営で、月間5,000PVを獲得しました。ブログを開始したのが2017年の1月なので成長速度はカメ並です。

ぼくの最高月間PVが6,000くらいなので、7月は過去最高PVにはなりませんでしたが、収益は過去最高になりました。

今回は、5,000PVの収益と初心者でも5000PVまで伸ばす方法をまとめてみました。








5,000PVのブログ収益

woman-3261425_1920

5,000pvのブログ収益は約5,000円でした。
内訳はざっくりといいますと、9割以上はAmazonアソシエイトで、残りはアドセンスです。A8やアクセストレードの収益は0でした。

綿密には、A8.net はセルフバックで1万円弱は稼げたのですが、ブログで稼いだわけではないので当然ブログ収益には入れていません。セルフバックに命拾いさせてもらっています。

アドセンスは全然稼げてないですねえ。ぼくはライブドアブログを使用しているのですが、ライブドアブログは他のブログサイトよりもアドセンスが稼ぎにくいです。スマホ版はクリック率が高いとされている記事上と記事下2つにライブドアの広告ガッツリ入れられてます。まぁ当たり前ですがpv伸びてきたらもっと収益も変わりますけどね。

アドセンスよりAmazonアソシエイトの方が稼いでるのは、ぼくのブログ記事は本のアフィリエイトリンクを貼ってることが多いからです。

そこから気になった方が購入してくれたので収益が伸びてるわけです。自分が紹介した本が売れていくのは気持ちがいいですよね。


記事数とpvの関係


ぼくの2018年8月1日現在のブログ記事数は178記事です。
本当は200記事超えていたのですが、誰のためにもならない無価値な記事を消しまくりましたら、178記事に減ってしまいました。

ちなみに7月の記事更新数は13記事です。2018年に入ってから一番多いです。ぼくの月別アーカイブをみてもらえるとわかりますが、月に1回しか更新しなかったこともありました。


ぼくが5,000pv獲得できた理由は、過去記事がGoogleさんから流入してきたからです。今年の放置プレイ期間も3,000pvは安定して獲得していました。

>>>ブログ記事はフロー型よりストック型の記事を書くとPVが安定する


ブログ運営をしていくにあたり、記事数が多いに越したことがないですが、それは読者にとって価値のある内容が書かれている場合のみだと思います。


誰が読んでも何の価値もないような記事には、誰も読んでくれないんだと思います。まあ、pvを増やすことが目的じゃない人は、自己満足でブログを書いてても問題ありません。そしてそれを誰にも否定する権利はないと思います。

しかしブログを書く以上、pvを追い求めていきたい人はやっぱり読者目線で価値を提供できている記事を書く必要があると思います。誰か一人でも価値を感じてくれる人がいると書いてる側も嬉しいものですよね。最近ツイッターでもブログにコメントしてくれる人がいてありがたいです。ブロガー冥利に尽きます。



ブログ初心者が5,000pvまで伸ばす方法

baby-102475_1920

ブログ初心者が5,000pvを獲得するには、記事の質を上げて更新頻度を高くすることです。センスがある人は初月で何万pvも獲得している人がいますが、彼らを見てるとやっぱりブログの質が高いです。ぼくたちは芸能人と違って毎日適当にブログを更新してpvが伸びるかというとそんなわけありません。

常に読者目線に立って、読者に有益な情報を提供することができれば、すぐに5,000pvは達成できるはずです。


毎月なにもしなくても一定のpvを獲得するには、SEOを頑張ってみる必要があります。SEOとはGoogleやYahooなどで自分の記事が上位表示されるようにすることです。まだ独自ドメインにしていない方は独自ドメインにした方がいいですよ。

独自ドメインとは、簡単に言うとインターネット上の住所と考えてもらうとわかりやすいかと思います。○○.comや○○.co.jpってよく目にするかと思います。独自ドメインでは、この○○の部分を自分の自由に決めることができます。

独自ドメインのメリットは、SEOで上位表示されやすくなることです。ぼくも独自ドメインにしていますが、やっぱりSEOで上位表示されやすくなったと実感しました。


ほかにもメリットはあります。無料ブログのドメインを使っていると、その無料ブログが契約を変更した時にブログのURLをいちいち変更しなくてはいけないのですが、独自ドメインにすると同じドメインをずっと使い続けることが出来ます。

反対に独自ドメインのデメリットも紹介します。独自ドメインのデメリットは料金がかかることです。無料ブログのドメインだと料金はかかりませんが、自分でドメインを作るとなると料金がかかってきます。ぼくはムームードメイン でドメインを所得しましたが年間で1,480円で契約しています。月に100円弱ですね。

【ドメインの料金表】
2018-08-03

ムームードメインから画像引用

ドメインを取得する時にかかる料金が、「取得」とかかれた料金表です。「更新」とは1年間のドメイン代です。「移管」とは、ドメインの管理会社を変更することです。


ぼくは今月すでに5,000円弱稼げてるので、ドメイン代は余裕で支払えますし、1,123円の経費で検索順位が上がっていることを考えると必要経費と考えています。

独自ドメインに関しては、ムームードメインだろうと、お名前.com だろうと何でもいいと思います。大手ならとりあえず安心できますよね。ブログで収益化を図ろうとしている方が検討したほうがいいです。


ブログをやられている方はGoogleアドセンスを知っている方もいると思います。アドセンスとはグーグルが提供している広告で、ほとんどのブロガーはアドセンスでブログの収益化をしています。これも独自ドメインじゃないと、アドセンスにすることができません。これは結構つらいですよ。ぼくも独自ドメインを取得した時は、アドセンスが使いたくてドメインを取得したところがあります。

正直な話、誰でもドメイン代はすぐに稼げるようになると思います。
無料でブログを続けるよりもお金がかかっている方がモチベーションにつながりますので、成長速度も上がります。ブログで少しでもお金を稼ぎたいと思っている方は利用してみて見ると、今までの景色と変わっていると思いますよ。


まとめ


今回は、5,000pvのブログ収益とブログ初心者でも5,000pvまで伸ばす方法について書きました。

簡単にまとめますと、

・読者目線で価値のある記事を書く
・SEO対策をするとpvが検索から勝手に流れてくる
・独自ドメインの取得など、先行投資は惜しまない


5,000pvは基本的に誰でも達成できる数字だと思います。もちろん基本的には継続が必要ですよ。

ぼくも毎日21時更新をして、10,000PVまで伸ばしていきたいですね。SEOでいい順位取れてる記事は定期的にメンテナンスをしつつ、毎日新しい記事をストックし続けていたいと思います。

ブロガーさんたちは共に頑張りましょ!

【オススメ書籍】


今回も前回の続きから、ナニワ金融道の4巻のあらすじをまとめてみました。ネタバレ注意です。

彼女は背口に「知り合いのスナックで前借りした」と嘘を言いました。何とか背口を説得してお金を渡し、ソープで懸命に働くことになります。








灰原、新事業の提案

FullSizeRender


債権回収の専門会社を作ろうと、灰原は社長に500万円の出資を求めました。灰原の考えた事業案は、NTTのQ2回線を使って債権回収を行うというものです。

Q2回線とは、ダイヤルQ2と言うかつてのNTTの目玉サービスです。(現在はサービス終了)

Q2回線には情報を提供してくれる番組と、その情報提供番組に電話をかける人がいます。そして、利用者と情報提供番組の2者間に、NTTが入って電話利用者から料金を徴収して(債権回収)手数料を貰うというものです。


儲けが出ると税務署に目を付けられますので、税金対策のために大赤字を出した休眠会社の薄利印刷を復活させます。大赤字の会社なので、多少の儲けがでても税金を支払うことがないのです

このビジネスはQ2の本体とキーボードを薄利印刷に設置しておく(情報提供番組になる)だけで稼げるビジネスです。そして面倒な債権回収はNTTに代行してもらうのです。ナイスアイディアですね。



NTTのQ2回線の料金にはオモシロイ仕組みがあります。

まず、夜逃げした会社の電話で薄利印刷に電話をします。(夜逃げした会社に帝国金融の誰かが忍び込んでセッティングする)。夜逃げした会社の電話を使っているので、NTTは料金を夜逃げした会社に請求します。薄利印刷は情報提供番組(電話を掛けられている側)ですので、電話料金が手に入ります。その電話料金の債権回収はNTTがしてくれるというわけです。

Q2回線という電話は1分100円、10分1,000円、1時間6,000円なので1日14万4,000円の儲けになります。電話をかければかけるほど、情報提供番組が儲かるビジネスなのです。電話をかけている相手は夜逃げしていますので、帝国金融が忍び込んでセッティングしてしまえば、誰もいないので電話が止まることがありません。



薄利印刷の社長に売り上げの1割をわたすことになりましたが、売り上げが月に何千万にも見込むことが出来るビジネスです。ただ、いつまでも続けることが出来る商売ではないので、儲けるだけ儲けてサッとやめる短期決戦です。


事業失敗で薄井に夜逃げをさせる


Q2で不良債権を回収する方法で無事に535万円がNTTから振り込まれました。

無事に成功かと思った矢先でしたが、結論から言うとダメになってしまいました。NTTから振り込まれた535万円は仮払いとのこと。NTTが電話の持ち主からQ2の料金を回収できないときは、その分は滞納者の個人情報を教えるからQ2業者が勝手に取り立てろと言っています。NTTはQ2業者を絞れるだけ絞って損は全部業者にかぶせようとしているのです。

夜逃げした債務者の電話で掛けた料金の売り上げが2,000万になりました。しかし、翌月には回収不能が確定してNTTが全額返済を求めてきます。これがもしバレたら詐欺罪になりかねない状況です。名義はすべて薄利印刷で事業をしているので責任を負うのは社長の薄井です。薄井には捕まらないようにしてもらわないと、もし捕まったときに薄井が全てを言えば帝国金融が共犯になってしまいます。薄井が捕まったら元も子もないのです。

NTTの立て替え料金を薄利印刷が返さんと逃げたという形でケリをつけるため、1,000万の夜逃げ資金を与えます。帝国金融との繋がりが一切残らないようにしなくてはなりません。
薄利印刷の社長の薄井は、すでに町工場をやめてしまっています。みんな灰原の案に期待していたのです。



するとタイミングがいいのか悪いのか、薄井が会社に訪ねてきました。何でもお礼がしたいということで接待に招待したのです。灰原と帝国金融社長、上司の桑田と薄井と嫁さん5人での食事です。

ここで誰かが薄井にダメだったと報告をしなければいけません。組織ですから、言いにくいことはすべて上から下に流れていきます。結局灰原が薄井にダメになったことと、夜逃げをしなくてはいけない旨を伝えました。しかし薄井はそんな灰原を恨むことなく、夜逃げを承諾しました。IMG_0625


150万円をパクられた泥沼

IMG_0624

泥沼という男がこのおじいさんに、先輩の結婚式のご祝儀150万を盗まれてしまいました。これが先輩にばれると会社をクビにされてしまう可能性があります。焦った泥沼は帝国金融に借金をします。

帝国金融は当然、亀沼に保証人を付けるように言いますが期限が3日しかなく、頼める人がいない亀沼は帝国金融に一括で返済しようとします。しかし、そんなお金はないので労働組合から借金をすることになりました。しかし、勤続の都合上50万までしか借りることが出来なかったのです。


期日に返済ができない亀沼はクレジットカードのショッピング枠を利用して、新幹線の回数券を買い漁るようになります。そして、買った新幹線の回数券をすぐに換金して、帝国金融に返済をします。お金に困っている人はクレジットカードのショッピング枠を利用してすぐに現金化する傾向があります。

2017年にメルカリで現金が出品されていたことがありました。今は禁止されていますが、当時はメルカリで出品されている現金をクレジットカードで購入されていたのです。泥沼がしていることはそれに近いです。

それにキャッシング枠でお金を借りるよりも、ショッピング枠で換金したほうが限度額が大きいのです。消費者金融でお金を借りてコンピューターに入力されることもありません。


泥沼はクレジットカードの支払いを冬のボーナスで支払おうとします。


泥沼、自転車操業


泥沼は冬のボーナスでクレジットカード分の支払いをしようとしていましたが、会社の業績不振によりボーナスが激減することになりました。

アテが外れた泥沼は、新しいクレジットカードを作り、クレジットカードの支払いをクレジットカードで回す自転車操業をすることになります。自転車操業とは、資金の返済と借金を繰り返しながらかろうじて操業を続けることです。自転車が走るのを辞めたら倒れてしまうという所からきています。


毎日借金の返済に頭を悩ましている泥沼は、クレジットカードの特集記事で自分のカードを見本代わりに乗せている人がいることを知りました。

クレジットカードの現金化では回らなくなった泥沼は、ついに他人のクレジットカードで現金化しようと試みます。他人の住所と電話番号が利用できれば、大量の商品を自分のモノにできます。泥沼はクレジットカードの不正利用(犯罪)を実行するのか?


これにて4巻終了。


正しく利用すればクレジットカードは危険なものではありません。こちらの記事にオススメのクレジットカードを紹介しています。


ナニワ金融道を「お得に」読み放題で読む方法

 
今回はナニワ金融道の第4巻のあらすじをまとめてみました。閲覧ありがとうございました。さいごに、ナニワ金融道を読み放題で読む方法がありますのでご紹介したいと思います。

それは、kindle unlimitedを利用することです。

月額980円でマンガ・ビジネス書・小説・雑誌などが読み放題のAmazonのサービスです。30日間は無料で利用できるので、まずはお試しで利用してみてください。






kindleを利用するときには、大きい画面のタブレットがあると小さい字を読むことがなくて目にやさしいです。

FullSizeRender
今回も、ナニワ金融道のあらすじを軽くまとめます。前回前回は2巻をまとめたので、今回は3巻のあらすじです。

手形の裏書きとは知らずに署名してしまった甲守は、当然何のことかわかっていませんので激怒します。

古井の保証人となってしまった猫田と甲守vs灰原。支払いをしたくない2人と、手形裏書きの効力によって返済させたい灰原との攻防です。前回2巻の続きからスタートです。








灰原1人で追い込み

FullSizeRender

古井には帝国金融以外にも、お金を借りていた人たちがいました。その人たちも古井が選挙に当選すると思って貸していたものですから、それが落選となれば血相変えて「金返せ」と自宅に押しかけてきます。債権者は30人以上も集まって、古井の自宅前で騒いでいます。

帝国金融は一番最初に古井の身柄を抑え、古井の自宅を占有しているわけですから一般債権者たちが自宅前で騒ぎ立てているのを何とか納めなくてはいけません。

そこで帝国金融は「債権者代表の大義名分がほしい」と一般債権者に言い、彼らの債権を1割5分で買い取ることになりました。なぜ彼らが債権を売ったのかというと、古井の自宅にはたくさんの抵当権や賃借権仮登記(借主に居住圏が発生する)などの権利関係がごちゃごちゃしていたので、自宅を競売したところで一般債権者たちは、お金を返してもらえない可能性があるからです。それなら多少安くても売った方がいいという結論に達したわけです。彼らは何の担保もない商取引の素人衆なのです。

これでほかの債権者たちが納得して帰っていったのです。


先輩の桑田は応援に行かされたので結局、灰原1人で追い込みの対応をしなくてはいけなくなりました。最終的には灰原が猫田と甲守の自宅に抵当権(借金返済できなかったら自宅を売って借金返済すること)を設定して無事に担保を取ります。

手形裏書きの詐欺の隠蔽として、古井に500万円を掴ませて逃亡させました。



まじめに働く人には貸してやれ


清水から買い取っているリストから、新規開拓を目指し電話をする灰原。すると、キケン運輸の赤名社長が引っ掛かりました。

赤名はすでにサラ金から金をつまんでいることや不動産を持っていないことから、さすがに貸せないと判断した灰原。それを赤名に伝えると、赤名は背口という23歳の男を保証人につけるといいました。

灰原は背口と面談をして、背口の情報を聞き出しました。しかし、彼も不動産を持っていないので帝国金融の社長にそのことを報告しました。

FullSizeRender

すると、「担保となる不動産がなくてもまじめに働く人には貸してやれ」と社長は言いました。背口の会社を調べて、帝国金融は400万のお金を貸すことになります。


赤名社長、さっそく飛ぶ

FullSizeRender

お金を借りることに成功したキケン運輸の社長赤名は、早速飛びました(返済せずに逃げること)。代わりに保証人の背口が400万の支払いをすることになります。

契約書類に一回の不渡り手形を出したら、ただちに弁済すると記載されていたため、背口は一気に借りた400万のお金を返済しなくてはいけなくなりました。

当然、一括の返済なんてできない背口は、妹と彼女を2人保証人としてつけることになりました。これでもし、背口が飛んでも、保証人の女2人をソープで働かせればすむようになりました。


必死に保証人として借金の返済に励む背口でしたが、仕事上のケガで3ヶ月働くことが出来なくなりました。

これによって会社の売り上げが激減し、毎月の借金の返済ができないようになってしまいます。彼女がこのことを帝国金融に伝えに行くと、「普通に働いているのでは返済の目途が立たない」とのことで彼女はソープで働くことになりました。

そして、彼女はソープでお金を前借りしてきました。彼女はソープで借りてきたお金を帝国金融に返済しようとしますが、帝国金融はそれを拒みます。

彼女から金を受け取ると人身事故と言われかねないので、彼女が背口に資金をわたしてくるようにいいます。彼女はソープで働くことを背口にはとても言えません。絶体絶命。彼女は背口に何と言ってお金をわたすのか。これで3巻終了です。

ナニワ金融道を「お得に」読み放題で読む方法


今回はナニワ金融道の第3巻のあらすじを軽くまとめてみました。閲覧ありがとうございました。

さいごに、ナニワ金融道を読み放題で読む方法がありますのでご紹介したいと思います。

それは、kindle unlimitedを利用することです。

月額980円でマンガ・ビジネス書・小説・雑誌などが読み放題のAmazonのサービスです。30日間は無料で利用できるのでまずはお試しで利用してみてください。






kindleを使うときには、大きい画面だと読みやすいですよ。

では!