F08DB4B7-D856-4CA0-81BB-393A9CCEDACC

奨学金や住宅ローンなど、大きいお金を借りる時、変動金利と固定金利、どっちを選べばいいか分からない。
そんな人いると思います。結論から言ってしまうと、固定金利をオススメします。


まず、変動金利と固定金利の違いを簡単に説明します。
変動金利とは、銀行の判断で金利が変わります。つまり、借主の僕たちが金利変動のリスクを負います。
反対に固定金利は、金利が変わりません。貸主である銀行が金利変動のリスクを負います。

現在の日本の金利はめっちゃ低いです。もうこれだけで、固定金利の方が良いことはサルでもわかると思います。

先に言っておくと、金利の将来なんて誰もわかりません。なぜならその時々の経済状況によって変わってくるからです。それなのになぜ、自ら好んで、金利変動リスクを背負おうとするのでしょうか。金利変動リスクを背負うということは、ギャンブルやってるようなものなんですよ。


日本は1,990年以降のバブル崩壊時に、解決策としてゼロ金利政策を実施しました。これは、金利を低く設定することで、企業や個人が銀行から融資を受けやすくするためです。これで日本はデフレ脱却を図ったわけです。

金利を下げるということは、いずれ金利を上げるということです。金利を下げる理由は、デフレだったからです。インフレになってきたら今度は金利を上げます。デフレもインフレも経済にとってはよくないのです。ちょうどよくするために、国は金利や資金供給などをして経済をコントロールしているのです。

1,990年代のバブル崩壊後もサブプライムやリーマンショックなどの世界金融危機が起こり、日本の景気はあまり良くなりませんでした。なので、日本の金利は今めちゃ低いのです。

今の金利の低水準から言うと、今後さらに景気が悪くなれば金利は下がります。景気が良くなれば金利も上がります。先ほども述べましたが、金利が今後どうなるかなんてのは、誰にもわかりません。

しかしなぜ、今日本の金利が安いのかということを考えれば、固定金利か変動金利、どちらにすべきかわかると思います。
今は金利が低いのです。金利が限りなく低い今のうちに、固定金利にしておいたほうが賢明だと僕は思います。

経済学オススメ書籍

雇用・利子および貨幣の一般理論 (まんがで読破 MD134)
経済学の本は数式など小難しい言葉だらけの本が多いのですが、この本はマンガでめちゃくちゃ分かりやすく書いてあります。年間150から200冊は読書する僕が、2017年に読んだマンガでトップ3に入るくらい面白かったです。かなりオススメです。

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
この本の著者は東大卒で、東大大学院の元教授の方です。大学で経済学を一切学んでいない20歳の僕としては、この本はとても勉強になりました



【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    

【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加                
             
 【オススメ記事】 

草コインはコインエクスチェンジ!億万長者になれる可能性も! 

無料でもらった3,000円でFX始めます! 
  



    

5D5EBBD4-14CE-4CF1-8442-ADB9C141D000

仮想通貨バブル真っ只中で、ついついトレード頻度が増えてしまっている方も多いかと思います。

FXにも、ポジポジ病というものがあります。これは、ポジションを持っていないと気が済まないという人を指します。

ポジポジ病にかかると、むやみやたらとトレードを繰り返してしまいます。そして、一度負けると、その負けを取り返そうと更にトレード回数を増やし、負けを重ねるという負のスパイラルに陥ります。


大投資家のルー・シンプソンという方がいます。
彼は、バークシャー・ハサウェイの損保子会社GEICOで、長年にわたって株式運用に携わっていました。バークシャー・ハサウェイとは、世界一の投資家ウォーレン・バフェットが会長兼CEOを務めている投資ファンドです。

ルー・シンプソンは、毎日5時間から8時間を情報収集に費やし、取引を行うのは稀だったそうです。つまり、見極めるべき要素は、頻度ではなく大きさだという事をルー・シンプソンから学ぶことができます。

ルー・シンプソンが言うように、トレードは頻度を増やしても勝てる確率が高まる訳ではありません。

もちろん、入念な過去検証の結果、会得した自分の手法ならば頻度を優先する手法も正しいと思います。しかし、多くの人は過去検証もせず、とにかくポジションを持っていないと気が済まないポジポジ病にかかっています。

ポジポジ病を無くすことで、無駄にやられるトレードも減り、今よりも良いパフォーマンスを上げられと思います。まずは、ポジポジ病を気をつけて取れる所だけトレードする癖を付けたいですね。


では!


この記事の参考→投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い  


この本は参考になる事が多かったです。投資家は一度読んでみる事をオススメします。



【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    


【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加                
             
 【オススメ記事】 

草コインはコインエクスチェンジ!億万長者になれる可能性も!  

無料でもらった3,000円でFX始めます! 
  



     

F764DA38-E778-49CF-A3AB-3A8B4FE47A25

ビットコイン暴落!



ビットコインを筆頭に、仮想通貨の暴落が凄まじいですね。暴落理由は、海外取引所で1,200億相当のビットコインがハッキングにより流出したからっぽいですね。公式発表はまだありません。

まだまだ下がる可能性は大いにあるので注意が必要です。初心者は今日の暴落で死んだ人多そうですね。
暫くは触れないほうが良さそう。

僕は昨日取引所から出金してたんでラッキーでした。暫く落ち着いたら、アルトコイン買い増そうかと思います。
 

アルトコインは国内取引所だと【Zaif  】がオススメです。

では! 


【spsってどんな人?】  

自己紹介! 

20歳になったのでFX始めました!      

1冊の本で人生が変わった話     
            
【LINEでおすすめ本配信中!】

             
友だち追加           
                

1455EBFE-5293-4388-975C-1B0C33442336

「安ければいい」 僕のような貧乏人は常日頃から「安さ」に目を光らせ生きている。しかし、どうやらその考え方はマズイらしい。

「安ければ良い」を卒業しよう。

多くの人は、自分自身は人から高い評価を受けたいと思っていますよね。なのに、他の人の提供する商品やサービスに対しては、安ければ安いほどいいという感覚を持つのはおかしいと思いませんか?

そういう感覚では、結局は自分の技術や仕事の価値が買い叩かれることになってしまうのです。相手の仕事を値切れば、結局自分が値切られる。安ければ良いという世の中では、結局自分も安売りすることになる。高い技術やサービスにリスペクトを持ってふさわしい対価を喜んで支払いましょう。 p.115・116

引用:林修の仕事原論    


良いサービスにはお金を支払うことで日本経済もよくなっていきます 。
皆んなが安いものを求めると経済にとっては良くないのです。

林先生の「相手の仕事を値切れば、結局自分が値切られる」という言葉はめちゃくちゃ的を得ています。一見、顧客の要望に応えて、品質も良く更に値段を下げることは良いように思います。しかし、そうではありません。

なぜなら、皆んなが安さを求めることで、企業もより安く提供しようと、値段の安さで価格競争がおきます。
これはつまり、企業が安く提供するという事は、ゆくゆくは従業員の給料も安くなってしまうのです。まぁ当然ですよね。 世の中の物価が安くなるのに従業員の給料が上がるわけありません。
給料を減らされた従業員は、また安さを求めます。そして企業が従業員(消費者)に安さを還元していく。これがデフレです

あえて高いお金を支払う必要はありません。林先生の言うように、高い技術やサービスにはリスペクトを持ってお金を支払うことで、巡り巡って自分にも返ってきます。その価値にふさわしい価格を喜んで支払える人間に皆がなることで、行く行くは日本経済の為にもなります。

なんでもかんでも「安ければ良い」という思考は卒業しなくてはいけませんね。
では!


参考文献
林修の仕事原論

雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─



【spsってどんな人?】 

自己紹介!

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    
           
【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加          

               

1F93DDC8-CE34-43E6-9AAA-7A5F10BD6950



林修の仕事原論 を読んだのですが、さすが林先生!と思うような箇所がたくさんありました。この記事は、林先生の本の一部(一番初めのツイート)を読んで書いています。

無職ってどこかマイナスイメージを持たれがちですけど、自由って感じがして僕は凄く憧れています。まぁ来年から憧れではなく、実現するんですけどねw

資産家のご子息の場合、「無職でもうらやましい」と思う方が大多数だと思うのですが、ホームレスなどのお金のない無職は「可哀想」と思われます。
この違いは、紛れもなくお金だと思うのですが、そもそもお金って何のためにあるんですかね?僕は、お金は手段だと考えます。つまり、お金を目的に生きるのは愚かなことなんじゃないかと思うのです。

僕は今、超弱小、学生投資家で、お金を目的に投資をしています。そして、来年から働かずに無職で専業投資家を目指していきます。僕のこの生き方って明らかにお金が目的の人生なんですが、僕の目的はお金ではなく自由です。

よく、色々なビジネス書で「お金が目的の人は稼げない。お金を稼ぐ目的が大事」と書いてありますが、漠然と1億欲しいと考えるよりも、その1億を使ってなにをするのか。お金を使う手段を決めることが大切ですね。
林先生もこの本の中で、「お金を最終的な目標にしてはいけない」と言っています。

人生の目的を決めれば、辛いことで消耗する必要がなくなるのかもしれません。孫正義も言ってましたが、若いうちに登りたい山を決めることが大切ですね。
では!


参考書籍
孫正義 「リスク」を「成功」に変える28のルール

林修の仕事原論



【spsってどんな人?】 

自己紹介!

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    
           
【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加          

               

↑このページのトップヘ