FullSizeRender
1冊の本がきっかけで人生が変わることがあるとしたらあなたは信じますか?
軽い都市伝説みたいな話ですよね。でもこれ、本当にあるんです。今から話すことはすべて僕の実体験です。

偏差値35ですこぶる頭の悪かったぼくですが、現在20歳。今はとある事業で起業して生活してます。今の自分は数年前じゃ想像もつかない人生を送っています。これは何も自慢がしたいわけではありません。今まで頭が悪いと馬鹿にされていたような人にも変われるチャンスがあるということです。

このチャンスは誰にでもあります。あなたがチャンスを掴むきっかけになれば幸いです。








目標もなくダラけてた3年間


昔のぼくは堕落した生活を送っていました。

目標もなく、毎日ゲーム、youtube、バイト、遊びで時間を浪費していく日々。こんな生活を約3年間続けてきました。この時まで、勉強なんて全くしていませんでした。

自ら1時間以上勉強したことなんてなくて、勉強の仕方も分からない状態なのでただただ遊びほうける日々。この時はこの時で楽しい思い出もありますが、当時は充実感はなく、人生ってつまらないな〜 そう思ってました。

こんな生活を送っていても人生が変わることなんてありませんよね。しかし、当時のぼくは自分が何もしなくても、何かがぼくの人生を変えてくれると思っていました。いわゆる他力本願ってやつです。


書店で人生を変えるきっかけを掴んだ



こんな人生とお別れをするきっかけがありました。
普段書店なんて行かないのに、なんとなく立ち寄ったんです。するとタイトルに惹かれて読んだら忘れない読書術という1冊のビジネス書を買いました。

ぼくは、その本がきっかけで人生が変わりました。

本もマンガ以外殆ど読んだことがありませんでした。その為、活字に慣れていなかったのでビジネス書1冊読むのに3ヶ月以上かかりました。たまに数ページ読んで、読まなくなって、また数ページ読んで読まなくなるの繰り返しでしたね。

しかし、なんとかその本を読み切り、その本に書かれていることを実際に行動していきました。毎日ちょっとした変化でしたが継続してたら、人生が180度変わりました
そして、そこから少しずつ勉強をするようになり、本も読むようになりました。
 


9959161D-DE3F-4C3D-A19F-EF5DA2C60CC9

人生が本格的に変わり始める


それ以降はなんとか読書の習慣を身につけるように頑張りました。本は1ヶ月で2冊くらいしか読めなかったんですけど、2ヶ月目で約6冊に、3ヶ月目で約15冊、4ヶ月目で約30冊読むようになりました。

本を読むようになって物事を深く考えるようになりました。読書がきっかけで目標もできて、自分の人生に希望を持てるようにもなりました。

まだ目標は達成できていませんが、目標達成に向かって進んでいけていることが楽しいです。

また、本やインターネットで更に勉強法を学んでから、嫌いな勉強も以前より苦ではなくなりました。偏差値35で資格も何1つ持っていなかったんですが、この1年で国家資格と民間資格をいくつも取ることができました。

人生をよりよいものにするには、目標設定が大切なんだと思います。
自分で決めた目標達成に向かって日々を過ごすことは、人生をよりよいものにしてくれます。

関連記事:20歳になったらすぐにやるべきこと・始めることを5つ紹介。人生を豊かにする。

人生が変わる本


人生は目標設定で大きく変わってきます。しかし、多くの人はその肝心な目標がなかったり曖昧なものになっているんだと思います。
そういう人こそ、本を読んだ方がいいです。今まで数百冊の本を読んできたぼくが、人生を変えるきっかけになった本をご紹介します。


ぼくの人生を変えてくれた一冊が読んだら忘れない読書術です。

この本は科学的根拠に基づいた記憶に残りやすい勉強法だったり、読書をするメリットなどが書いてあります。以前のぼくのように読書を全くしたことがないような人は、この本を読むと本当に変わると思います。



金持ち父さん貧乏父さんは、お金に対する考え方を変えてくれた一冊です。

ぼくたち日本人が毛嫌いする投資という言葉の偏見を取り除いてくれる本です。日本国民は全員一度は読んだ方がいいです。お金で人生を損するか、得するかかの分かれ目です。


この本は継続の大切さを説いている本です。

勉強や運動など、習慣化させて人生変えたいと思っているけど、3日坊主で終わってしまう。そんな人にオススメの本です。小さな習慣が大切なのです。



この本は、夢や目標がある人にオススメです。どうしても周りにネガティブなことを言う人がいると思います。そんな人たちといると自分もネガティブになるものです。

この本は夢や目標達成するための考え方がびっしり書いてあります。


カーネギーの道は開ける 文庫版も、物事の深い部分の考え方を変えてくれる一冊です。この本をよむことで、人生観も変わりますし、とても前向きな気持ちになれます。


安く読書がしたい人に


ここまで読んでいただいた読者の方の中には「自分も本を読んでみようかな」と思った方もいると思います。

読書をするときにネックになるのがお金です。本1冊1,500円くらいしますので、1,500円って結構高いですし積み重なると負担にもなります。なんせ、月に10冊読んだら、15,000円も読書代がかかりますからね。

読書はしたいけどお金がない人や、読書にお金を使いたくない人はkindle unlimitedをオススメします。

月額980円で書籍、漫画、雑誌が12万冊、洋書は120万冊以上が読み放題です。電子書籍なのでスマホやタブレットから本が読めます。これでかなり書籍代が抑えられます。 
30日間は無料でお試しできますので、まずは無料で試してみてください! 

ぼくはkindleにハマりすぎて、ついにkindle用のタブレットも購入してしまいました。本気で読書がしたい方には便利です。
では!