以前紳助が司会をしていた時の「行列のできる法律相談事務所」での1コマがタメになりすぎましたのでご紹介します!
(youtubeで観ました笑)

なぜ学生の時の1年間は長かったのか   
紳:普通の17歳は世の中見るもの全てが初めて。
高校生の1年間どれだけ長かったか、
時間は同じように流れてるのにあの一年間は長い。
なぜ長いかというと、経験してないからなんですよ。

なるほど、確かにその通りです…
高校の1年間って長く感じましたね。
更に遡れば、小学生の時の1年間も長く感じましたね。

旅行の時の帰り道はなぜ短く感じる?  
紳:新しいものを知って新しいものを見ると時間は長く感じる。
同じ経験したことや同じ見たことを繰り返すと時間は短く感じる。
それが例えば旅行した時、行きは長く感じ、帰りの道は短く感じるでしょ。
帰り道は一度見た風景やから短く感じる。
16歳の1年間は今の4年分ある(今とは当時の紳助の年齢)
30、40代はあっという間。

 新しい事に常にチャレンジしていくことが、1年を早くさせないコツなんですね。
何歳になっても前向きにチャレンジしていくことは大切です。

時間をゆっくり流す方法は?  
紳: 時間をゆっくり流す方法は新しいことを始める。
今までやっていない趣味や会ってない人と出会う。
するとまたゆっくりした時間が流れはじめる。

慣れると時間の経過が早く感じるってのは誰もが共感する事じゃないでしょうか?

ジャネーの法則というものがあります。

これは、例えば50歳の人にとっての1年間の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人にとっては5分の1に相当する。

つまり50歳の人にとっての10年間は、5歳の人にとっての1年間に該当する。

生きてきた年数によって時間が早く感じるということです。

ジャネーの法則とこの話は知っておくことで、時間の考え方が変わるんじゃないでしょうか。

時間は有限ですし、なるべく大切に使っていきたいものですね。

【spsってどんな人?】 



【人気記事セレクション】 

2  バイトしないとクズと言われる風潮はオカシイ

時間をゆっくり流す方法は?紳助の話がタメになりすぎた

【Instagram・Twitterやってます!】 

Instagramはこちらから  

Twitterはこちらから

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ