FullSizeRender



先日こんな記事を見ました。

宝くじ830億円大当たり「もう職場には戻らない」

巨額の賞金が当たる全米規模の宝くじ「パワーボール」で約7億5870万ドル(約830億円)の大当たりを出した東部マサチューセッツ州の医療機関に勤務する女性メービス・ワンジクさん(53)が24日、同州ボストン郊外で記者会見し「うれしい。もう(職場に)戻らないと電話した」と笑顔で明かした。 

 引用元:毎日新聞

830億円ってエゲつないw
こんだけ大金を得たらその後の人生どうなるんだろ?って思って調べたら過去の事例でこんなことが書いてありました。


宝くじ1等当選者のその後
1等当選者の80%の人が、借金漬けの不幸な生活を送っている。

当選金が周囲の人に知られて金を無心されたり、桁外れの遊興費や投資詐欺で金を失い、破産したり。

当選の3年後には、借金地獄の泥沼。


宝くじ当選者の多くの人は、

・生活水準を上げまくって散財
・家族や親戚、周囲にたかられる

この2つのケースが多いようですね。
一度狂った金銭感覚という歯車を元に戻すのは難しいようです。


オススメのお金の使い方

元々金がない人が大金を持っても、お金の使い方が分からないからすぐ消えるんですよね。個人的にオススメのお金の使い方は投資です。投資には主に3つの種類があると思います。


1つ目は、金融商品への投資。


僕はお金のない貧乏人こそ投資を始めるべきだと思っています。最近は仮想通貨が出てきて100円からでも投資することができるようになりました。
つまり、お金がなくとも投資はできるんですよね。それに、何か物事を始めるときに遅いということもないと思っています。
安全にFXを始めたい方はこちらから


2つ目は自己投資。

世界一の投資家ウォーレンバフェットも言うように、投資先として一番確実なのは、自分への投資です。お金のない若いうちから自己投資をし続けましょう。

そして3つ目は他人への投資。

これは、以前ツイッター経由で知り合った方とお話した時に気づかされたことです。

その人は、お金があると友達にご飯をよくおごったりするそうです。これも他人への投資の一つで、こうやって日ごろから他人へ投資することで自分が困ったときに助けてもらえたりするんです。

例えば家が無かったら泊めてくれたりするそうですよ。そういう繋がりを全国各地でやっているそうで、そういうお金の使い方もいいなぁと思いました。


生活水準を上げない

そしてもし、宝くじが当選したりでいきなり大金を手にした時は、生活水準を上げないことが大切です。
これは、2ちゃんねるを創業したひろゆきさんも同じ事を言っています。

ひろゆきさんもかなりのお金持ちですが、無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 という本にも書いているように、彼は生活レベルを上げていないらしいです。自腹で外食をしない等のルールを自分で作って、それに従っているらしいですね。



まとめ

まとめると、
・宝くじ当選者は、生活水準を上げてしまうことで、80%の人が借金漬けの生活になる。

その理由は、お金の使い方が下手くそだから。多くの人のお金の使い道は、生活水準を上げまくって散財するか周囲にたかられる。

解決策は、
・金がない時からお金の使い方を学ぶ、3つの投資をする。
・生活水準を上げない。
・お金があることを周囲に言わない。



では!



【オススメ記事】    

『草コイン』coinexchange(コインエクスチェンジ)の口座開設方法!    

無料でもらった3,000円でFX始めます!  
          
【LINEでおすすめ本配信中!】  
                 

友だち追加

【管理人ってどんな人?】                            

自己紹介!
      

20歳になったのでFX始めました!          

1冊の本で人生が変わった話