2017年06月

25F7E97D-6EBB-4573-BC8D-EF2091C037D4

有給休暇とは?
 

労働基準法では、原則として、労働者を1人でも使用する全ての事業、または事務所に適用されます。
有給休暇とは、労働基準法で定められた労働者の権利です!
会社独自の制度ではないので、ほとんど全ての労働者に適用されます。


有給休暇の日数は? 

有給休暇は労働基準法でこのように定められています。 
「使用者は、その雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、または分割した10労働日の有給休暇を与えなければなりません。」(労働基準39条1項)
有給休暇の日数は、原則として6ヶ月間継続勤務した人には最低10日もらえます。
その後は、1年間勤務を継続するごとに1日増えていきます。
3年6ヶ月を超えて継続勤務すれば、1年ごとに2日加算されていき、最高で20日間もらえます! (労働基準法39条2項)

有給休暇は、日単位での取得が原則ですが、時間単位でも取得できます!
時間単位で有給休暇が使えるのは、1年間で最大5日分までです。


有給休暇はいつ使えるの? 

労働者は基本的にはいつでも有給休暇を使えます。
しかし、労働者が請求した時期に有給休暇を与えることで、事業の正常な運転を妨げることがある場合は、会社側は他の時季に与えることができます。(これを時季変更という)
単に会社側は有給休暇の請求を拒否することはできません。 

自分が有給休暇を使うことで、周りに迷惑がかかるため、あまり取得できる環境ではない人も多いかと思います。
でも、有給休暇は労働者全員に与えられている権利です!
会社の都合上それが使えないって意味が分からないですよね。
それなら思い切って、会社を辞めて転職するのも1つの選択肢だと思いますよ(´∀`)

参考文献:ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト〈2017年度版〉    



【LINEでおすすめ本配信中!】

友だち追加

 【spsってどんな人?】
                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!    

1冊の本で人生が変わった話

【人気記事セレクション】                                          
        

 今回は、「自己啓発本を読むだけでは意味ないのか?」というテーマでブログを書きます。 
 以前読んだ本にこんなことが書いてありました。
「自己啓発本を読んでマインドをあげても、マインドは資産ではありませんので、残念ながら空回りしてしまうのです。成果を上げるための自己啓発本が自己啓発のための自己啓発本になってしまっているといえるでしょう」

これを読んだとき、凄く共感しました。私も自己啓発本を読んでは、自己啓発本を読み返すスパイラルに陥っていたからです。 
これは決して悪いことではないのですが成果を求めるのなら、読んだ後すぐに行動に移さなければいけません。
読みっぱなしにしないのは、どの本を読んでも同じですが、自己啓発本を読む際は特に気を付けなければいけないと思います。
結局「自己啓発本を読んで上げたマインドは資産ではない」のですから。 

自己啓発本はたまに読むくらいがいいかもしれませんね^^ 


フリマアプリのメルカリをご存知ですか?
CMでもたくさん流れてるので、ご存知の方が多いように思います。

まだメルカリを始めていない方はこちらから!
会員登録時に招待コード「ZgW920」を入れると、最大10,000円分のポイントが当たるくじが引けます!


私は普段からよく使っているのですが、どうしても早く売りたい商品が売れない時ってありますよね?
そんな時どうすれば良いのかをお教えします!

まず、価格を先に決めておきましょう。
そして、事前に商品説明欄に値下げ不可と記入します。
そしたら売りたい商品をひたすら出品しましょう!

例えば価格を2900円と設定したなら最初は3000円に価格を設定して商品を出品。
そこから2990円、2980円、3010円、3020円とこうやって上下に少しずつずらします。
ポイントはひたすら出品することです。

すると、この商品を欲しい人はいいねをつけてきます。
同じ人が、同じ商品をたくさんいいねしてきたらもうこっちのもんです。

最初に設定した2900円に一気に値下げします。

購入者は商品にいいねをつけると、出品者が商品を値下げしたら通知がいくようになってます。
ですので、なるべくいいねがついたら、すぐに値下げするのがベストです。

すると購入者側は、値下げ不可の商品が値下げされたことで、「お買い得だ!買うなら今だ!」という心理になって購入してくれます。

この手は中々使えます。
売れない商品があって困ってる方は是非、一度試してみてください!





週刊エコノミストという雑誌の記事にこんなことが書いてありました。

手書きメモと電子媒体でのメモでは学習効果はどちらが高いのか?
大学生を対象に両者の成績を比較する実験を行いました。
講義映像を見せ、自由にメモを取ってもらい、講義後に試験を行ったところ、手書きノートの方が好成績だったそうです。

速度こそ電子媒体に劣るものの、脳には手書きの方がいいらしいです。
この雑誌には、なぜ手書きの方が好成績なのかについて更にこう述べています。

速度に劣る手書きは、講義に遅れないように要点を咀嚼しながらメモすることになる。
一方、電子媒体の場合は手書きに比べて比較的そのままメモすることができる。
複写率は手書きの最大3倍にまで増えるとのこと。
そのため内容を理解して要約するプロセスが欠けてしまう

でもこれって、内容理解と要約のプロセスをすればスマホでもいいって事ですよね?
手書きは、講義に追いつけないから要約するのに対して、スマホは講義に追いつける余裕を持ちながら、要約と内容理解ができるんじゃないかと思います。
手書きだと、頭に記憶が残りやすいって言いますよね。スマホとか電子媒体でのメモだとどうなるんでしょうかね。

未だに手書きでメモを取らないと怒る人がいますけど、手書きのメモは読み返す事ってあまりないし無駄な気がするんですよね。
聞き手としてのアピールにしかならないと思います。
まだスマホのメモ方が見返す確率が高いと思います。
いつしかスマホでメモ取ることが当たり前の日常になって欲しいです(╹◡╹)
   

【spsってどんな人?】 


1冊の本で人生が変わった話      

【LINEでおすすめ本配信中!】
             
友だち追加            
 

【人気記事セレクション】
 






あっという間に、検定が近づいてしまいました。
僕が受験するのが3級ということと、宅建の時に民法を勉強していた余裕もあってか、日曜に少し勉強して平日はやらないスタイルで日々を過ごしてしまいました笑

どうやら僕は追い込まれないと勉強できないタイプのようです笑。   宅建の時も2ヶ月前まで何にもやらなかったですし笑

今株の本を読んでる最中なんですが、僕の場合だと読書と勉強の両立はかなり難易度が高いです
やはり1つ1つに集中して一気にやった方が早いですね。

今読んでいる株の本を読み終えたら、残りはビジネス実務法務の勉強とその1週間後に迫る福祉住環境コーディネーターの勉強だけをひたすらやります!
明日から2週間図書館にこもります笑

勉強法としては、テキストを1度読んでから一問一答と四択を分野別にひたすらやる感じです!
受験される方いましたら、共に頑張りましょう!(^^)
   
参考書:ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト〈2017年度版〉

    
【LINEでおすすめ本配信中!】

友だち追加

 【spsってどんな人?】
                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!    

1冊の本で人生が変わった話

【人気記事セレクション】                                          
       

↑このページのトップヘ