F08DB4B7-D856-4CA0-81BB-393A9CCEDACC

奨学金や住宅ローンなど、大きいお金を借りる時、変動金利と固定金利、どっちを選べばいいか分からない。
そんな人いると思います。結論から言ってしまうと、固定金利をオススメします。


まず、変動金利と固定金利の違いを簡単に説明します。
変動金利とは、銀行の判断で金利が変わります。つまり、借主の僕たちが金利変動のリスクを負います。
反対に固定金利は、金利が変わりません。貸主である銀行が金利変動のリスクを負います。

現在の日本の金利はめっちゃ低いです。もうこれだけで、固定金利の方が良いことはサルでもわかると思います。

先に言っておくと、金利の将来なんて誰もわかりません。なぜならその時々の経済状況によって変わってくるからです。それなのになぜ、自ら好んで、金利変動リスクを背負おうとするのでしょうか。金利変動リスクを背負うということは、ギャンブルやってるようなものなんですよ。


日本は1,990年以降のバブル崩壊時に、解決策としてゼロ金利政策を実施しました。これは、金利を低く設定することで、企業や個人が銀行から融資を受けやすくするためです。これで日本はデフレ脱却を図ったわけです。

金利を下げるということは、いずれ金利を上げるということです。金利を下げる理由は、デフレだったからです。インフレになってきたら今度は金利を上げます。デフレもインフレも経済にとってはよくないのです。ちょうどよくするために、国は金利や資金供給などをして経済をコントロールしているのです。

1,990年代のバブル崩壊後もサブプライムやリーマンショックなどの世界金融危機が起こり、日本の景気はあまり良くなりませんでした。なので、日本の金利は今めちゃ低いのです。

今の金利の低水準から言うと、今後さらに景気が悪くなれば金利は下がります。景気が良くなれば金利も上がります。先ほども述べましたが、金利が今後どうなるかなんてのは、誰にもわかりません。

しかしなぜ、今日本の金利が安いのかということを考えれば、固定金利か変動金利、どちらにすべきかわかると思います。
今は金利が低いのです。金利が限りなく低い今のうちに、固定金利にしておいたほうが賢明だと僕は思います。

経済学オススメ書籍

雇用・利子および貨幣の一般理論 (まんがで読破 MD134)
経済学の本は数式など小難しい言葉だらけの本が多いのですが、この本はマンガでめちゃくちゃ分かりやすく書いてあります。年間150から200冊は読書する僕が、2017年に読んだマンガでトップ3に入るくらい面白かったです。かなりオススメです。

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
この本の著者は東大卒で、東大大学院の元教授の方です。大学で経済学を一切学んでいない20歳の僕としては、この本はとても勉強になりました



【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    

【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加                
             
 【オススメ記事】 

草コインはコインエクスチェンジ!億万長者になれる可能性も! 

無料でもらった3,000円でFX始めます!