FullSizeRender



ぼくは2018年現在20歳で、FXや仮想通貨、株に投資をしている、いわゆる「学生投資家」ってやつです。2017年は、仮想通貨が爆発的に流行っているので「学生投資家」がたくさんいますが、1年くらい前は殆どいなかったんですよ。僕は1年前からFX(為替)をやっていたのですが、ツイッターですら学生投資家が全くいませんでしたね。

まぁ何が言いたいのかというと、「学生で株やFXをしているのは珍しいよ!」ってことです。周囲を見渡してみても大学生でFXをやっている人は中々いませんよね? 

若いうちから投資を始めることはすごく良いことです。FXを始めることで、投資への偏見もなくなりますし、世界経済の知識もつきます。

関連記事:貧乏人が投資しないのはやばいよ。少額でいいから経験に投資するべき


今回は「FXを始めたいけどリスクが大きい。。」と考えている大学生が、FXを始めるときに最小限のリスクで始める方法をまとめました。もちろん大学生でなくても活用できますので、参考になればうれしいです。







まずはデモトレードから始める


いきなり「本を読め!」とは言いません。まずは、FXを体験してください!

ぼくがオススメするデモトレードは、無料なのでリスクが全くありません。実際にFXを体験してから知識を入れるほうが、最初に本を読んで勉強するよりも勉強効率もいいです。
だってみなさんは、スポーツを始めるときにいきなり本を読みませんよね? 
とりあえず体感してみると思います。それと同じです。

ぼくが、未成年の時にFXを始めたときはデモトレードをやっていました。オススメはDMM FX です。ここは3ヶ月間デモトレードができます。3ヶ月間のデモトレード期間が終了しても、また新たに3ヶ月デモトレードができます。それに、スマホアプリからトレードができるのはうれしいです。

まずは、国内の取引所でデモトレードを経験してみてください。

慣れてきたら、mt4アプリを取得して海外口座でデモトレードしてみてください。資金が少ないうちは税金面を考えると海外口座のほうが得なので、ぼくは海外の取引所を使っています。

海外と聞くと、いかにも怪しい感じがでてきますが、怪しい取引所は金融庁のホームページをのぞくとすぐにわかります。

ぼくはaxioryとXMを普段から使っています。axioryとXMは現地で取引業者登録がされている取引所です。

XMは口座開設すると、ボーナスで3,000円もらえるので入金しなくてもトレードできます!こちらの海外口座もデモトレードができますので、体験してみてください。


やり方を覚えるために入門書を読もう


FXって何か怖いイメージがありませんか?
僕も最初はありました。借金して人生崩壊したりする事例がよくありますもんね。

しかしFXは怖いものではありません。怖いと思っているのは初心者だからで、なにも知識がないからです。バイクや車も最初は怖いと思いますが、慣れてリスクがわかれば最初の頃に抱えていた恐怖心が少しずつ無くなっていくはずです。

要は、知識さえあればFXのリスクが明確にわかるので、恐れることはなくなります。デモトレードを軽くやったあとは、読書をして知識を付けたほうが手っ取り早いです。


ぼくが実際に読んだFXの入門書をご紹介します。    
        

FX全く分からない人はこの2冊!

どっちか1冊を熟読でも大丈夫だと思います。           

めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版   

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門  

  
テクニカル分析(チャートを見る事)はこの2冊で基礎は大丈夫です! 
 
ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方  


世界一わかりやすい!FXチャート実践帳  



入門書を読んだら、学んだことをそのままデモトレードで実践してみてください。
FXの操作方法などもここでしっかり、マスターしましょう!

いまご紹介したのは、FX初心者に向けての本です。中・上級者向けの本のオススメは先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ) です。

ただこの本は4,000円以上するのでFXに本気で向かい合おうとする方以外はオススメしません。2018年7月23日現在、kindle unlimitedだと登録から30日間は無料で読むことができます。30日経過後も月額980円で本が読み放題です。FXや株の1冊4,000円以上する本が読み放題の対象なのでコスパ最高です。


これまで本の話をしていて読書があまり得意ではない人には耳の痛い話だったと思います。しかし、読書に慣れていない方は安心してください。ぼくもそうでした。 

そんなぼくでも年間で300冊近くは読書するようになったきっかけをこちらの記事に書きました。偏差値35の本が1冊も読めなかった男が、月に30冊以上も読めるようになったのであなたも読めるようになりますよ。



リアルトレードを始めよう


デモトレードで経験を積んで、読書をして最低限の知識を仕入れたらいよいよリアルトレードです。注意点は、いきなり大金(1万通貨)でやらないことです。FX初心者はまず、必ず大きな資金を入れてトレードすると資金を溶かします(0になる)。

それほど相場の世界は厳しい世界なのです。まずは少額の1,000通貨から損切りなどの経験を積み、徐々に慣れてから金額を増やしましょう。

しかし、全ての取引所が1,000通貨取引ができるわけではありません。

ぼくは一番最初に外為ジャパン でトレードしましたが、ここは1,000通貨でトレードできます。さらにスマホからでもトレードできますので外出中にもチェックできたりします。口座開設キャンペーンもやってますよ→口座開設キャンペーン!最大20,000円キャッシュバック!  

あとは、DMM FXの口座開設もオススメです。ぼくは、取引所の口座開設はできる限りたくさんするようにしています。なぜなら、何かのトラブルで使っていた取引所が使えなくなる可能性があるからです。投資家としてリスクヘッジは極めて重要です。日常生活からリスクヘッジする癖を身につけましょう。

海外口座ならXMがオススメです。ボーナスの3,000円で、トレードして経験を積むのもありですね。

ビットコインFXをやってみたい人はDMM Bitcoinがオススメです。メリット・デメリットから丁寧に説明してますよ。

安全なFXの始め方



②大学生FXトレーダーにオススメの本紹介

FBPAKU3311_TP_V

③大学生はなぜFXで失敗してしまうのか?負けトレーダーに共通する原因

IMG_0767



まとめ


 まとめると、

・まずはデモトレードをやってみる

・デモトレードを軽く始めたら、本を読んで情報を入れる。

・デモトレード&読書で情報を仕入れたら、1,000通貨で実際にリアルトレードを開始する。少ない資金で経験をとにかく積むことが大事。退場に気を付ける。

この通りにすれば、少なくとも大怪我はしません。

ぼくはこの通りにやっているおかげで、まだ退場せずに相場の世界に入れています。初心者のうちは、大怪我をしないようにしながらとにかく経験を積みましょう。

では!