FullSizeRender
1ヶ月の生活費を5万で生きることは、十分可能です。

僕は今20歳で実家を離れて生活していますが、食費・家賃・水道光熱費・スマホ代の1ヶ月の生活費は4万円もいかないです。娯楽などの全ての生活費を加算しても、月に5万円ですらお釣りが出るくらいです。

節約のコツをズバリ言いますと、1ヶ月の生活費を5万円で過ごす1番簡単な方法は固定費を削減することです。
固定費とは、家賃や水道光熱費、食事に携帯代など、月に必ず支払いが発生する費用のことです。

この記事では、僕が実際に行なっている節約術を書いていきます。普通の人にこの生活が耐えられるのかは疑問ですので、タイトルは「鬼の」節約術としましたw


まだ見ていない人は節約生活で全くストレスを感じないようにする3つの考え方も見てください。

少しでも参考になれば幸いです。








食費は1万円以下を目指そう

FullSizeRender

節約生活で食費を抑えることはとても重要です。ただ、まずは食費を抑える前に無駄な食べ物を買っていないかを考えてみましょう。例えば、食べずに消費期限切れになった食材とかありませんか?

食べずに消費期限切れになって食材を捨てることは非常にもったいないことです。

これを無くすポイントは、冷蔵庫をなるべく小さいもので済ませることです。食品を貯められるスペースがあると、どうしても人は食材を貯めたくなるものです。
なので、余分な食品を安いからという理由で買い込んで、消費期限切れになって捨てるという行為を繰り返してしまうのです。

まずは、食品を保管するスペースを極力小さくすることをしてみてください。


もう1つのポイントは自炊をすることです。

スーパーによって異りますが、閉店近くの時間になるとどこの店も半額シールが貼られていたりで安く買えます。惣菜も半額シールが貼られていると安いと錯覚しますが、100グラム単位でみたりするとやっぱり高いです。お金を気にするなら自炊が最強です。

買い物はなるべく、閉店近くの時間帯だけ行くようにすること。お肉なんかはこの時間帯だと安く買えます。また食パンもたまに半額で40円で8枚入りのが買えたりします。

僕がよく買う食材は、
鶏胸肉・玉ねぎ・キャベツ・パスタ・食パン・豆腐・卵です。これらは栄養も取れますし、コスパ最強食材ですね。

家賃は3万円以内に抑える。


FullSizeRender


節約生活において、一番の強敵は家賃です。なぜなら、家賃はどんなに努力をしようと一度引っ越してしまえば月の固定費が変動しないからです。家賃を減らすと、固定費は一気に下がります。

都内だと家賃が高いのですが、都内を外れると家賃が安い物件があります。僕は2万円代の賃貸に住んでいますが、これは節約したい僕にとってはとても大きいですね。

住む家にこだわりがある方は、なるべく地方に引っ越すといいと思います。

「地方だと仕事がないじゃん!」って思った方もいるかと思いますが、今やネットで個人でも稼げる時代です。「インターネットビジネス」なんて言葉を使うと胡散臭いですが、例えばメルカリを使った転売だったり、ブログを書いたりでもお金は稼げるものです。

【オススメ】
「20歳になったらやるべきこと5つ」を去年成人した僕が実体験・経験をもとに紹介


既に会社に出社せずとも収入がある人はタイなどの東南アジア辺りにいくと、さらに節約できそうです。

家賃を減らす最大の方法は実家に住むか、ホームレス(友達の家に転々としたり)するのもアリですね。シェアハウスとかだと、水道光熱費も家賃も安いですし、色んな人に出会えますのでオススメです。

どこに住むかを決めるときに、適当な相場観で5万円くらいの家を借りてしまうとあとあと苦労することになります。家賃が安いとそれだけ生活自体もすごく楽になりますので、家賃はできる限り抑えたほうが得策だと思います。


携帯代は3千円以下に!

FullSizeRender


あなたは携帯代を1ヶ月にいくらくらい払ってますか?  
大体の人が5,000-10,000円くらいだと思います。

ちなみに僕は月々の携帯代が1,510円です。
これは最近有名の格安simと呼ばれるものを使っているからです。僕はmineo(マイネオ)を使っていますが、正直携帯代に月々5,000円以上払ってるのがバカバカしくなります。


だってマイネオにしたら年間でいくらのお金が浮くと思いますか?
月に5,500円を携帯代として支払っていたのが、マイネオに変えると、月に4,000円もキャッシュバックされるようなものです。年間で48,000です。10年間で約50万近く変わってきます。


マイネオのメリットは、料金に応じて月々に使用できるギガ数が変わってくることです。

FullSizeRender
こちらはauを利用している人の料金表です。

例えば、僕は月に3GB利用していますが、1ヶ月1,510円です。
ちなみに6GBだと2,190円、20GBでも4,590円です。

FullSizeRender

こちらが、docomoを利用している人の料金表です。ソフトバンクをご利用の方はauとdocomoのプランのどちらか1つを選んでください。


ちなみにmineo余ったGB(容量)は翌月に繰り越すことができます。例えば今月は6GBのプランにしたけど、3GB余った場合、翌月の使用料は前月の3GBが来月に利用できます。

また、月々のデータ容量は毎月変更できますので、例えば「今月は容量か余ったから、来月は3GBの1,510円のプランに変更しよう」と思ったら3GBに変更できます。


らにマイネオにはポケットタンクという機能がありまして、月々最大で1ギガは無料で使用できたりします。


とにかくサービスが凄いです。これは使わないと損するレベルのサービスだと思います。


しかし、マイネオにも価格が安いぶん弱点はあります。

イネオの弱点といえば、通信速度が遅いことです。僕はマイネオを半年以上使用していますが、昼間の通信速度は遅いです。昼間は回線が混み合っているらしいです。しかし、昼間以外は特に通信速度が遅いと感じることはありません。昼間にスマホを使う人にとっては結構厳しいですよね。

僕は回線速度が遅いのが嫌なのと、月々容量無制限で使いたいので、【WiMAX2+】 というポケットWi-Fiも使ってます。WiMAX2+は外でも部屋の中でも使えまし、毎月何GBでも使い放題です!

この2つを使えばいつでもどこでもスマホの通信制限を気にする必要もなく、快適にスマホを使うことができます。


  

このサービスがあって三大キャリア(au、docomo、SoftBank)より安いって凄すぎますよね。ちなみに僕が成人してクレジットカードをゲットしてから真っ先にmineo(マイネオ)と【WiMAX2+】 の契約をしました。



マイネオに変更する場合は、マイネオで変更手続きをすると事務手数料3,000円がかかってしまいます。

アマゾンでマイネオのエントリーパッケージmineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)を買うと、2,600円以上もの事務手数料を節約できます。僕は1人で変更手続きをしましたが、機械音痴な僕でもすごく簡単でした。

あと、マイネオはクレジットカードがないと利用できないので、クレジットカードを作成しておいてください。僕は楽天カード 使っていますが、毎月使用額100円につき1ポイントもらえるので便利ですよ。


節約生活にあると便利なアイテム


節約生活にかかせないアイテムは、先程ご紹介した
楽天カード です。

mineo(マイネオ)を契約するときにも便利なカードです。

これは節約生活をする上でもかなりのキーマンになってきます。僕は生活費をほとんどクレジットカード決済にしています。クレジットカード決済の良いところは、

1早い
2ポイント還元
3財布がいらない 

があります。

楽天カードの良いところはポイント還元率が高いことです。月々の生活費を現金じゃなく楽天カード決済に変えるだけで、100円の利用につき1ポイントが貰えます。例えば毎月10万円分を現金決済していたとします。それが現金決済の代わりに楽天カード決済にすると、毎月1,000円分のポイントがもらえます。

楽天ポイントは1ポイント1円分として利用できますが、そのポイントは飲食店や楽天市場で利用できます。


ちなみに楽天カードは年会費も無料ですし、ショッピング枠で利用する分には一切手数料がかかりません。普通に利用する分には、デメリットが一切ないサービスです。


 





まとめ


これが僕が実践している節約術です。節約術というか、ごくシンプルで当たり前のことをしているだけですが、この生活でも月にかかる生活費は5万円かかりません。

全員がここまで節約をする必要もありませんが節約をしたいと考えている人は、食費、家賃、スマホ代、などの固定費を見直してみてください。そして少しでもいいので固定費を削減することで、年間でみたらかなりのコスト削減になります。

また、節約生活をする上で考え方はとても重要です。節約生活で全くストレスを感じないようにする3つの考え方でも書きましたが、節約生活をするうえで自分が節約に対してどう考えているかはとても重要です。

考え方を変えたりするには、情報を常に仕入れ続けることが大切です。インターネットを駆使して情報収集するのもいいですが、本を読んで情報収集することも大切です。僕の今の節約生活も本から影響を受けたりしています。

【節約生活をする上で参考になった本】