FullSizeRender

節約してるとストレスの反動でおかしくなることがあると思います。
これは節約を始めたばかりの時に訪れることが多いです。なかなか難しいものですよね。ぼくも現在、節約生活を送っていまして、月々の生活費を5万以内で抑えています。(家賃・水道光熱費・食費・携帯代・ネット代含む)

関連記事:20代社会人が1ヵ月の生活費を5万で生きる「鬼の」節約術

本来、辛いしストレスも溜まる難しい節約生活のはずが、ぼくは月5万円の生活でもストレスを感じることが全くありません。しかし、最初からストレスがなかったわけではありません。ぼくも最初の頃は買いたいものが買えないつらさは感じてきていますし、ストレスの反動で余計なものを買ってしまうこともありました。

ここで結論をいいますと、節約生活でストレスの反動がなくストレスフリーで生活していくには、考え方や意識を少し変える必要があります。ぼくが意識している考え方は主に3つあります。


その3つとは、

・なぜ節約するのかを考える
・優先順位をきめる
・収入源を増やす


この3つの考え方ができるようになると、ストレスの反動でムダなものを買ってしまったりすることもなくなっていきます。この考え方は後天的に身につけることが可能ですので、基本的に誰でも真似できる再現性の高い考え方です。

節約生活でストレスを感じて、なかなか成果が上がらない人に向けて書きました。少しでも参考になれば幸いです。










なぜ節約するのかを改めて考える

FullSizeRender


節約をするときにまず、「なぜ今、自分が節約する必要があるのか?」を考える必要があります。目的意識がないと人はなかなか頑張れないものです。

多くの人にとって節約生活は辛いものです。しかし節約をする目的があれば、乗り越えることができるはずですし、辛いと思うこともなくなります。例えば家や車、ファッションにお金をかけたいから節約するのかもしれませんし、将来が不安だから貯蓄をするために節約をするのかもしれません。


ここの目的意識が曖昧だと、節約生活も曖昧になっていきます。ちょっとしたストレスで散財してしまい、今までの節約した成果が無くなったりした経験はありませんか?

ストレスを感じるたびにお金を使うようになると、お金が溜まることもありませんし、節約をしている意味が全くありません。目的がしっかりしていると、ストレスの反動でお金を使ってしまうこともなくなっていきます。これが少しずつ続くと、ストレス耐性というものがついてきます。


節約をする目的は人それぞれですし、自分が納得できる理由があれば何を目的にしてもいいと思います。この目的があるかないかで、成果は大きく変わります。まずは「自分が節約をする目的」を考えてみるのがいいのではないでしょうか。


優先順位を決める

FullSizeRender


優先順位を決めることは節約に限った話ではなく、日常生活を送る上でも大切な考え方の1つです。ぼくたちには毎日やるべきことがたくさんありますが、時間は有限なので全てをこなせるわけがありません。

なので、「今やるべきことはなにか?」「その中で優先順位が1番高いものはなにか?」を常に考える必要があります。これは節約生活にも応用することができます。


節約といっても食費を節約するのか、家賃を節約するのか、携帯代を節約するのか、など色々なやり方があります。ぼくは自分の中で、優先順位が低いものは節約をするようにしています。

例えばぼくにとって食事とは、「必要な栄養素が足りてればいい」という考えですので、お金をかける優先順位は低くなります。鶏胸肉は安くて高タンパク質・低資質で安く買える。野菜やパスタ、卵なども安く買えます。これらの食品は安く買うことができますので食費がかからなくなります。

他にもぼくは、携帯代や家賃などは優先順位が低いので、お金をかけなくなります。こうして優先順位を決めて、優先順位の低いものを節約するようにすると、節約生活がストレスになることはありません。



逆に今度はお金をかける優先順位も決める必要があります。

たとえばファッションが好きなで食事にこだわりがない人がいたとします。この人は、優先順位が低い食事にはお金を使わないようにして、逆に好きなファッションにはお金を使うようにします。すると、節約生活をしているはずなのに、ストレスがほとんどないことに気づくはずです。

ぼくは、情報にお金をかける優先順位が高いので、本だったり人と会うことにはお金をケチらずに使っています。こういうところでエッセンシャル思考が活躍しますね。


物事の優先順位を決めることでストレスなく節約生活ができます。

何でもかんでも切り詰めて生活することが節約ではないのです。使うべきところにはお金を使うけど、こだわりがないものにはお金を使わないようにする。

節約生活でストレスを感じている方は、優先順位を決めることを試してみてください。

少しでも収入を増やす

FullSizeRender


ストレスなく節約生活を送る上でやはり収入を増やす意識は欠かせません。

多くの人はお金がないから節約をしているケースが大半だと思いますし、極論お金があれば「節約なんかしない」って人も多いと思います。

今はサラリーマンの副業も解禁されてきているので、副業を始めてみるのもいいと思います。基本的にサラリーマンの給料は上がりにくい仕組みになっていますが、副業を始めて自分でビジネスをすると、成果が上がるにつれて収入も右肩上がりになっていきます。

それに収入源は1つよりも多いほうが良いに決まっています。

副業に関しては、こちらの記事で誰でも簡単にできる副業を載せています。

まとめ


節約生活において、ストレスの反動がなくなる考え方を大きく分けて3つご紹介しました。今回ご紹介したことをまとめると、

・節約をする目的を決めることで、節約生活の成果が大きく変わる。まずは、目的を決めること。

・何でもかんでも切り詰めて生活することが節約ではない。お金をかける優先順位が高いもの、低いものを自分で決める。

・収入を増やす。サラリーマンは給料が上がりにくいので、副業を始めて自分の成果に応じて、収入が変化するものを始める。収入源を複数確保する。


ぼくはこの考え方で月々の生活費を5万以内で抑えていまし、ストレスなく生活しています。

この他にも色々な考え方があると思いますが、色々な人の考え方を知ったらまずは実践してみることが大切です。試行錯誤を繰り返すことをあきらめると、何事もうまくいかずに中途半端で終わってしまいます。

節約生活をしている人の本だったり考え方は参考になることが多いです。そういう本を読んで実践してみると自分の生活が変わりますし、生活が変われば人生の景色も変わります。


参考書籍


では!