FullSizeRender
自分の人生の意味合いや目的がない人っていませんか? 

今の世代の人達は、上の世代の人達と比べて生活が安定しているところから人生がスタートしているケースが多いです。上の世代の人達は、海外旅行にいけたり、会員制バーのVIPルームに入れたりご褒美がもらえることがモチベーションに繋がっていました。

しかし、今の世代の人達はそういうモチベーションで頑張れる人がどんどん少なくなっているようです。


上の世代のトップを走る人達は「世界一」や「21世紀を代表する会社を作る」というザックリした大きなモチベーションがありますが、「何のためにするのか?」という具体的な目標がなくても全力で走り続けることができます。

しかし今の世代の人達にはそういうザックリした目標がピンとこない人が多いんですよね。そういう人達は、自分の人生の優先順位を決めるといいと思います。





Facebook創業者のマークザッカーバーグは、MicrosoftやYahoo!などの大企業から1000億もの買収提案を受けながら、自らを高めることに専念しました。




彼は、「金銭的な快楽」よりも「意味合い」を大事にする世代の代表といえます。他にも、メジャーリーガーの大谷翔平選手も、「金銭的な快楽」よりも「意味合い」を大切にして、2018年にメジャーリーグにいきました。


世代を問わずザックリした目標に全力で走り続けることができる人というのは、お金が欲しいがために頑張ってる人というより、「自己実現欲求」を満たすために頑張ってることが多いです。

自己実現欲求とは、「自分の能力や可能性を高めたい」という欲求です。




人生の意味合いや目的がなく、モチベーションが上がらないような人は「何となく」の目標でも自分が納得できるものなら、自分の人生に意味合いや目的ができてくると思います。


人生の意味合いは、金銭的欲求にしてもいいですし、「毎日楽しく生きる」っていうざっくりとした目標でも、「働かないない」だったり「家族と過ごす時間を多く取る」でも人生の意味合いとして素晴らしいことです。

自分の本心、内なる声を大切にしてあげることが大事ですね。


参考書籍

kindle unlimitedだと、登録から30日間は無料でモチベーション革命が読めます!30日経過後も月額980円で本が読み放題です!



では!
 


スポンサードリンク