FullSizeRender
ブログ記事を書いていると、PVに伸び悩むことはありませんか? 

かく言うぼくも伸び悩んでいるうちの一人でして、どうすればPVが安定するか情報を探していました。すると、情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論 という本にその解決策が書いてありました。

結論からいいますと、ブログ記事はフロー型の記事よりもストック型の記事を量産するとPVが安定します。その理由をこれから述べていきたいと思います。







ストック型の記事とは?


ストック型記事とはストック情報を中心としている記事のことを指します。

ストック情報とは、時間が経過しても価値が減少しないものをいいます。たとえば、ギターの弾き方などは100年近く変わっていませんので長く読まれます。

ストック型の記事は寿命が長く、継続的なアクセスが見込めます。アクセスの伸びは小さいですが、安定します。


そして、ストック型の記事は蓄積されればされるほど、ブログ価値が増します。

つまりストック型の記事は、時期に関係なく読まれて記事の寿命が長いことが特徴です。

フロー型の記事とは?


フロー型記事とは、フロー情報を中心としている記事のことを指します。

フロー情報とは、時間の経過に伴って価値が減少する情報のことを言います。たとえば、音楽番組の「今週のヒットチャート」というものは来週になると価値がなくなります。

フロー型の記事は旬なネタを扱うのでコンテンツとしての寿命は短いですし、アクセスは継続しませんが爆発的なアクセスを見込めます。


しかし、フロー型の記事は蓄積しても読まれることがないのであまり意味がありません。

今話題になっている情報を扱うので、時間が経つと読まれなくなります。


なぜフロー型記事よりもストック型記事のほうがPVは安定するのか?

2018-07-29 (3)


マラソンでたとええると、フロー型記事が短距離走で、ストック型記事は長距離走です。フロー型記事は一時的なPVが伸びますが、ストック型記事は長く読まれるのです。


ただし、フロー型・ストック型問わずブログは誰かに価値を感じてもらえないと読まれないです。それを踏まえたうえでお話させていただくと、フロー型の記事とストック型の記事で、ストック型の記事のほうが長く読まれるのには2つの理由があります。

まず1つ目。フロー型の記事とストック型の記事では、PV(記事が読まれること)の性質が違います。

フロー型の記事の多くはSNSやニュースサイトからの流入がメインです。逆にストック型の記事は検索エンジンからの流入がメインです。

ここで思い返してほしいのが、たとえばみなさんはSNSでバズった記事を時間が経ってからみることはありますか? 
おそらくないと思います。SNSは常にフロー情報が流れてくるので、時間が経つにつれて情報が埋もれていきます。逆に検索エンジンを使って(グーグルなど)記事を読む場合は、誰かがキーワードを検索してくれている限り半永久的にブログ記事が読まれることになります。


そして2つ目は、フロー型の記事とストック型の記事ではキーワード選定が違ってきます。


たとえば、スマホゲームの攻略法はフロー型の情報になります。なぜならスマホゲームのサービスやブームが終了した時点で、記事が読まれる需要が一気に冷え込むからです。ガラケーの時に流行ったゲームなんて今や需要がほとんどないですよね。

逆に同じゲームでも、トランプを使ったゲームだったりボードゲームは昔から現在まで需要があります。時間が経っても残るモノはいつも本物なのです。

なので、価値のあるストック記事を作ることで、安定して検索エンジンからのPVが見込めるようになります。

ストック型の記事を書くときの注意点


ここでストック型の記事を書くときの注意点を述べると、ストック情報の記事を書くときはフロー情報の要素を徹底的に排除することが必要です。なぜかというと、ストック情報にフロー情報を混ぜることで、そのコンテンツ事態がフロー情報化してしまうからです。


対策としては、
①フロー情報の記事だけを集めるコンテンツと、ストック情報だけを集めるコンテンツというように、カテゴリー単位で記事を分ける
②フロー情報を書くときは日時の記載。

②について少し捕捉します。例えば、ブログ記事に「昨日」とか「今年の夏は」などが入っていると、検索から来た人からしたらこの情報がいつの情報か不安になりますよね?

それよりも「2017年現在」というように、いつの情報か分かる方がその情報に信ぴょう性があります。「今日書いた記事が数年後も読まれるかもしれない」ということを意識することが大切です。

まとめ


ここまで読んでいただければ、フロー型の記事を量産するよりもストック型の記事を量産することがPV安定化への道だということが理解できたかと思います。


さいごにまとめると、
・フロー型記事よりもストック型の記事を書く方が長くPVが見込める。
・ストック型の記事が蓄積されればされるほど、ブログが資産化されていく。
・ストック型の記事を書くときは、フロー情報を徹底して排除していく必要がある。

ブログやサイト運営している方の参考になれば幸いです。


参考書籍

関連書籍


では!