FullSizeRender
本やネットから得た知識や情報は独占したいと思うのが人間です。しかしインターネットの登場で、誰もが簡単に情報にアクセスできるようになった今、知識や情報の独占はあまり賢い選択ではありません。

結論から先に言いますと、知識や情報はどんどん公開していった方がいいです。

この記事では、本やネットから得た知識や情報をなぜ公開したほうが良いのかを説明します。

目次
メリット
・アウトプットになるので自分のためになる
・人との信頼構築につながる
デメリット
・他人にアイディアを真似されて自分の優位性がなくなる可能性がある
まとめ


アウトプットになるので自分のためになる

自分が持っている情報はできる限りオープンにした方がお互いWin-Winの構図ができます。なので僕のようにブログを書いているような人たちは、自分の知識のアウトプットのための手段としてやっている人が多いです。

結局、情報も受け取ったら行動に変換していかないと価値がありません。インプットのためのインプットをするにしてもブログやSNSだったり、人と話したりして積極的にアウトプットしていかないと記憶の定着はあまり良くないこともわかっています。

関連記事:メンタリストDaiGOの「科学的に正しい英語勉強法」の要約と感想【ネタバレ注意】


人との信頼関係につながる

多くの人は情報を受け取ってもそのまま行動を起こす人は少ないです。自分の持っている知識や情報はできる限りシェアしたほうが相手の為にもなりますし、信頼関係の構築にも繋がります。自分が徹底的に情報をgive(与える)し続けることが大切です。


他人にアイディアを真似されて優位性がなくなる可能性がある

デメリットとして、他人に自分のアイディアをパクられる可能性があります。それによって自分の優位性が無くなることもあります。

しかし、そもそも自分だけが知っている情報なんてほとんどありません。自分が思いついているようなアイディアは世界中で既に思いついています
多くの情報は、本やネットで公開されているので優位性なんてほとんどありません。むしろ自分が情報を公開することで旗を立てることになります。
誰しも人に教えてもいい情報と、信頼できる人にしか教えたくない情報の2つがあると思います。

基本的にはまず人を信頼することが大切なので、人に教えてもいいと思える情報はどんどんシェアしていく。そこで信頼できそうな人には本来人には教えたくない情報をシェアするってのは多くの人が無意識レベルでやっていることだと思います。

しかし本来人に教えたくない情報は、実際には優位性がない場合があります。そう考えると、本来教えたくない情報だったはずが、教えてもいい情報になっていることが多くなるはずです。

信頼できない人には、知識や情報などのノウハウを教える必要はないと思います。しかし初対面人だったり信頼できる人にはどんどん情報をシェアしていくと良い関係が築けそうです。


まとめ
まとめると、

知識や情報を公開することで

①アウトプットすることで知識の定着がよい
②人との信頼関係の構築につながる
③稀に自分の優位性がなくなるケースがあるが、基本的に情報は既に本やネットに出ていること多いのでその心配はほとんどいらない。


まずは自分から心をオープンにして接することが大切で、自分から壁を作らないようにすることです。
どんどん知識や情報はシェアしていきましょう、ぼくも当ブログとツイッターを駆使してどんどんアウトプットしていきます。


参考書籍 この本はkindle unlimitedの月額980円でマンガ・小説・ビジネス書などが読み放題のサービスに入っています。(2018.7/18現在)
登録から30日間は無料で読めます。

では!