FullSizeRender

先に結論から言いますと、しんどくて辛い環境からはバックレてでも逃げるべきです。

てか逃げてください。よく、根性論を振りかざしてくる人がいますが、無視して何ら問題ないです。

そして、辛い環境からすぐに逃げ出せる人は優秀です。

なぜならすぐに損切りができるからです。辛いことや嫌なことをスパッとやめて新しいことにチャレンジできる人は、色々な経験を積むことが出来ます。


1つのことが続かなくても、線でみればすべて繋がっていきますし、多動力 (NewsPicks Book)のように複数のスキルを掛け算してオリジナルな存在になれます。


今回は辛い環境からはバックレてでも逃げるべき理由をまとめてみました。








辛い環境は基本的に変わらない

boy-1666611_1920


まず、現実を知ってください。今の辛い環境は、あなたがどんなに頑張っても変わらない可能性があります。


なにかを変えたいならば、

①自分を変える
②他人を変える
③環境を変える



この3つの中のどれかを変える必要があります。

自分を変えることはできなくはないですが、基本的に時間がかかります。すぐに結果がでるものではないです。


他人を変えることも基本的に不可能だと考えてください。

他人を変えることができるのはごく一部の優秀な人だけです。たとえば宗教法人のトップは良くも悪くも人を変える能力がありますが、彼らは優秀な人間なのです。

ぼくたち凡人が他人を変えようとすると、逆に反感を買ってしまい、ますます環境が悪くなります。


もうお分りいただけたかと思いますが、一番簡単なのは環境を変えることです。

環境は自分が動けば速攻で変わります。ここまで早く変化することはまぁ珍しい。自己研鑽に励みつつ、嫌な環境からは逃げまくる。

この生き方は、合わない環境からは逃げることができるので、自分に合う環境を見つけやすくなります。逃げずに戦うことがカッコイイという価値観もわからなくないですが、負けて再起不能になったら人生がゲームオーバーです。



オススメ記事
20歳になったらすぐにやるべきこと・始めることを5つ紹介。人生を豊かにする。



他人に迷惑をかけていい

human-3429797_1920


「他人に迷惑をかけないように生きる」これ、まず無理です。他人に迷惑をかけまくってください。

ぼくたちは小さい頃から「他人に迷惑をかけてはいけない」と教育されてきました。この価値観を大切に人生を歩んでいる人が多いのは事実です。

しかし、これはまず不可能です。なぜなら迷惑の基準が人それぞれ違うからです

たとえば、ゴミを散らかされて迷惑だと思う人もいれば、何とも思わない人もいるわけです。だってゴミまみれの環境でゴミを拾って生活をしている人もいるんです。彼らにとってはゴミを散らかされても迷惑だとは思わないはずです。

何が迷惑かなんてもはや迷惑をかけてみるまで分かりませんし、そもそもぼくたちは他人に迷惑をかけまくって生きています。


「自分は迷惑をかけていない」と考えている人も多いですが、こういう人に限ってエゲツない迷惑をかけてきたりします。


たとえば火事が起きたとしましょう。他人に迷惑をかけることができる人はすぐに助けを求めます。なので火種が小さいうちにみんなで協力して消すことができます。

しかし、迷惑をかけられない人はギリギリまで助けを求めることができませんので、1人で何とかしようとします。こういう人が大火事を作り出します。

これが一番タチ悪くて、後者の場合は取り返しがつかないことになりかねないのです。

他人に迷惑をかけちゃいけないんではなくて、迷惑をかけたら謝ればいいのです。そして、謝ったら他人の迷惑をもらってあげればチャラです。迷惑をかけて、かけられる。これでいいと思いますよ。



自分に優しくしないと死ぬ


自分に優しくしないと早く死んでしまいます。

他人に優しくする前にまずは自分に優しくしましょう。ぼくたちは、今いる環境から逃げられないことが多いです。


たとえばバイトでも、自分が休むときは代わりの人間を用意しなくてはいけなかったりします。

休む人間の代わりの人間なんて会社側が本来見つけるべきなのです。ぼくたち労働者に人事権はないのですから。

最悪辛かったらバックれても大丈夫です。

「お前がやめたら他の人間に迷惑かかるんだぞ」とか、正論ぶって振りかざしてくる人がいますが、この理論がまかり通ってしまうなら、人は一度入った会社から一度も辞められなくなってしまいます。

1人辞められたくらいで回らないような会社は潰れればいいのです。


職場の人間は困るかもしれませんが、今まで自分が困らされてきたのですからお互い様です。他人のことを考える前に自分に優しくしないと、自分の人生を歩めません。他人の迷惑を考える前に自分が何をしたいか考えるべきです。

それにバックレるような人は遅かれ早かれ迷惑をかけて辞めていくのです

それなら早く辞めてもらえることに越したことはありません。変に責任感を背負うと、何もできなくなります。

さっきも言いましが、他人に迷惑をかけないとか無理なんで潔く諦めてバックれましょう。

それでも迷惑をかけたくない人は、在宅で働けるクラウドワークスで単発的な仕事を請け負う働き方もありますよ。迷惑をかけることが少ないに越したことはありませんが、無理そうなら潔く迷惑かけましょ。

自分の逃げ道を確保してあげることが大切ですね。


まとめ


めちゃくちゃ理論に思われた人もいると思いますが、人生なんてそれくらい適当でいいと思います。


最後にまとめると、

・辛い環境は自分がどんなに努力しても変わる可能性は低い。手っ取り早いのは環境を変えること。
・ぼくたちが生活している時点で誰かの迷惑になっている。迷惑の基準が人それぞれ違うので、迷惑をかけないとかは無理。迷惑はかけて、かけられてでいい。
・自分に優しくしないとすぐに死んでしまう。まず優先すべきは自分。


しんどい環境と戦ってもムダです。

しんどくて辛い環境から逃げることが許されない人がいます。この人たちは自分に厳しすぎるが故に精神が病んでしまったり、最悪の場合、亡くなったりしてしまいます。


しかし、誰しも自分の人生を生きる権利がありますので、辛い環境からはどんどん逃げていいんです。

いずれ自分にあった環境がみつかりますし、好きなことができたらそれにとことんハマればいいんです。飽きたらやめて、また新しいことにチャレンジする。



関連書籍