あなたは、FXをやっていて感情的になってギャンブルトレードをしてしまった経験はありませんか?

誰しも一度くらいはあると思います。ぼくも以前、仮想通貨の暴落で感情的にトレードしてしまい口座資金の50%近くを失った経験があります。これはギャンブルトレードをしてしまった経験者にしかわからないつらさですよね。

しかし、ギャンブルトレードをいつまでも続けていては、勝ち組トレーダーになれません。そこで、負け組トレーダーを卒業する方法をまとめてみました。








ナンピンをしない

hageIMGL0587_TP_V


あなたは無計画なナンピンをしていませんか?
ナンピンとは、含み損になっているのにもかかわらず、どんどんポジションを積み立てていくことです。

ナンピンが一概に悪いとは言えません。たとえば、事前に「○○円まで下がるまでは買い増していく」と決めている、いわゆる計画的ナンピンならそこまで悪い方向にいきません。


問題なのは、無計画的なナンピンです。もともとナンピンなんてする予定もなかったのに、保有しているポジションがどんどん含み損になっていて、感情的になってナンピンをしてしまう。これは資産を一気に吹き飛ばす可能性が高いです。

そもそもナンピンは難易度の高いものです。計画的なナンピンであっても、徹底した過去検証を積み重ねて初めてなせる技です。素人がとっさの判断でナンピンしても、うまくいかないことがほとんどです。

ナンピンの連続によって、含み損が溜まるとトレードの時間軸を変えてしまう人もいますが、本来短期で見ていたのに、長期に変えても現実逃避にしかなりません。

ナンピンをするなら、しっかりと過去検証を積み重ねて事前に準備することです。



ロットを上げない

kazukihiro512166_TP_V


負けトレードが続いて感情的になると、今までの負けを取り返したいと思ってロットを上げてしまうことってありますよね。負けが続いてストレスが溜まると、感情的なトレードを繰り返してしまいがちです。

負けが続いているのなら、ロットを上げるのではなく一度下げてみるのがいいですよ。たしかに、ロットを下げることで、10pips稼いでも金額にすると少なくなってしまいます。しかし、また負けが続いたときに、ロットを上げたままだとどうなるでしょうか?
1日で口座の資金を吹っ飛ばしてもおかしくありません。実際に、負けが続いて感情的なトレードを繰り返した結果、今までの利益がすべて吹っ飛んだというひとも多くいます。

FXは、他の金融投資よりも資金管理が大切になっていきます。なぜならレバレッジがかかっているからです。レバレッジをかけると、ポジションが多くなるにつれて損失や利益も大きくなっていきます。

資金管理を怠ると一瞬にしてお金が吹っ飛びます。たとえばですが、「1トレードあたりの最大許容損失を口座資金の2%にする」などのルールを決めて、徹底して守ること。こうすれば退場するリスクはかなり減ります。

レバレッジがかかっている以上、ロットはむやみやたらに上げないようにしましょう。その場の勢いでロットを上げるのではなく、口座資金の1%~3%くらいのリスクを取って上げていくのがオススメです。
関連記事:高レバレッジが危険は嘘!レバレッジが危険ではない理由



他人のトレードを見ない

stookawaIMGL1854_TP_V


今やツイッターなどで情報発信しているトレーダーは多いですよね。中には「今日100万勝った」とツイートしている人もいます。自分とは関係ないと思っていても、同じ相場の世界にいて結果が違うことに、いら立ちを覚える時もありますよね。

『仮想通貨FX』暴落で初心者が大損しないようにする対策3つでも書きましたので詳しくは割愛しますが、トレードにおいて、他人からの影響を受けることはあまりメリットがないと感じます。

トレードは自分との戦いです。相場では他人とお金の奪い合いをしているのですが、結局メンタル的な部分に左右されることが多いのも事実です。

他人からの悪い影響は受けないように、情報の遮断は定期的にしていきたいものです。



トレードの時間軸を長めに変える

KAI428029_TP_V

スキャルピングをしていると、トレードが感情的になるときが多いように感じます。

ぼくも、たまに1分足でスキャルピングをしているのですが、メンタルがおかしくなったと感じた時は、5分足や15分足に変更してトレードをするようにしています。トレードの時間軸が長くなるだけで、メンタルも落ち着いてくるので不思議なものですよね。

普段1分足でスキャルピングをしていて、感情的なトレードが続くようでしたら時間軸を長めにしてみることをオススメします。

終値だけで判断するトレードに変更すれば、5分足でトレードしているなら5分に1回だけ確認すればよいのです。これでストレスが軽減されるので、感情的なトレードが減ってくるはずですよ。



トレード中に別のことをする

VRyaruman0I9A4606_TP_V

トレード中に別のことをするのはかなりオススメです。もちろん1分足でスキャルピングをされているような方はチャートに張り付いていなければなりませんが、1分足を使っていないような方はずっとチャートに張り付く必要もないように思います。

トレード中に別のことをするメリットとしましては、メンタルがぶれなくなることが挙げられます。経験している人は分かるかと思いますが、やっぱりトレード中にチャート画面に張り付いているとストレスが半端じゃないんですよね。さらに連敗が続いたときにはストレスで気が狂いそうになるんです。

しかし、トレード中に別のことをすることによって、このストレスがかなり減っていきます。トレードのストレスが減ると、感情的になってやけくそなトレードをすることもなくなってきます。メンタルがぶれないだけで、トレードも安定してくるんですよね。



勝ち組トレーダーは上手に負けている

ookawaIMGL1684_TP_V



勝ち組トレーダーは勝率100%だと考えてしまうときはありませんか?
しかし、勝ち組トレーダーは勝率100%だから勝てているのではありません。なんなら4勝6敗でも勝ち越していたりします。つまり、FXにおいて勝率はあまり関係ないのです。

負け組トレーダーでも9勝1敗でボロ負けしているひとがいます。勝ち組トレーダーと負け組トレーダーでは、小さく負けるか大きく負けるかが決定的に違います。


勝ち組トレーダーは負けが小さいです。なので例え9敗しても、損失が少ないので1勝で今までの負け分を取り戻しで利益を生むことが出来たりします。

ただ、勝率が10%ほどの手法は精神的にきつかったりします。1発でドカーンと大勝ちできれば気持ちいいですがはたして、そこまで耐えられるかという話にもなってきます。


FXは勝率と同じようにリスクリワードも大切なのです。リスクリワードとは、そのトレードの損切りと利益確定までのことをいいます。損切りが10pips、利益確定が20pipsだとリスクリワードは1:2になります。この場合、勝率が50%でも勝てることになります。


負け組トレーダーに共通してるのは、一回のトレード損失額が大きすぎることです。しかし、この原因はトレードルールの仕組みもありますが、それ以上にメンタル面でぶれておかしくなっていることが多いように思います。感情的なトレードをなくして機械的に冷静にトレードできれば、大負けすることも減ってきます。負けは小さく積み重ねることが大切になってきそうですね。


まとめ


まとめると、 


無計画なナンピンをしない。含み損が溜まると、トレードの時間軸を変えてしまう人もいるが、本来短期で見ていたのに長期に変えても現実逃避にしかならないのでやめる。

ロットをむやみやたらに上げないようにする。勢いで上げるのではなく、口座資金の1%~3%くらいのリスクを取ってあげていく。負けが続いたらロットを下げてみる。

トレード中に他人のトレードを見ないようにする。大勝ちしているトレーダーをみると、自分のメンタルが揺れてしまうので感情的なトレードになりやすい。

④スキャルピングで負け続きになると、どうしてもイライラして感情的になってしまったりするので、トレードの時間軸を長めに変える。

トレード中に別のことをするようにすると、負けてもイライラしたりすることが少なくなる。

⑥勝ち組トレーダーは負けるときは小さく負けている。小さな負けを積み重ねること。1発で大きい負け方はしないようにする。



負け組トレーダーを卒業したい人は、今回まとめたことをしていないかチェックしてみてください。おそらく、負け続けているトレーダーはなにか当てはまる部分があったはずです。

トレードが不安定になったときにつねにチェックすると、トレードのスランプを脱出できるきっかけになったりします。
長く相場で生き残れるように、お互い日々前進していきましょう。これを守れば退場することはなくなると思います。相場に居続ければチャンスはありますが、退場してしまうとチャンスすら与えられませんよ。

では!

参考書籍