カテゴリ:雑記 > 資格試験


第41回ビジネス実務法務検定3級の合格証が届きました! 

今回のビジネス実務法務検定3級は受験者が10,848人、実受験者が9,303人、合格者が5,519人で合格率が59.3%でした。

個人的にはもっと合格率が高いと思ってましたので、以外に低くてびっくり?してます。


点数は86点でした!
解答速報では87でしたが、計算ミスかな?
【23】41回ビジネス実務法務検定の速報時の点数! 

まぁ受かったので良しとしましょう!
本来は3級合格したら次は2級に行かれる方が多いようですが、僕は興味ないのでもう受験しません笑

もうすぐで福祉住環境コーディネーターも合格証が届くはずなので、待機です(^。^)

では!


【関連記事】

【27】福祉住環境コーディネーターの勉強がクッソ怠い

【24】福祉住環境コーディネーターの過去問で見事撃沈

【17】福祉住環境コーディネーター検定試験まで残り12日…




とうとう明日は福祉住環境コーディネーター検定の本番試験です!
私は過去問ですら点数がギリギリなので、本番はヤバイかもしれないです笑

私が受験するのは3級なのですが準備期間はおよそ1週間で結局みっちりやり込めたわけじゃなかったので不安です。

先週はビジネス実務法務検定3級も受験しました。
ビジネス実務法務の方は余裕があったんですが、完璧を追求したかったあまり福祉住環境の方は全く手付かずのまま、残り1週間まできた事には、自己管理能力の低さに自分への怒りが込み上げてきます…笑

言い訳はしたくないので、合格できるように頑張りたいと思います。

多分合格でも不合格でも60〜70付近だと思われる…笑

今日は体調管理に気をつけ、朝は早く起きて少し準備してから会場に向かいたいですね(^-^)
明日受験される方は共に頑張りましょう!

2級や1級の方は更に大変だと思いますが、頑張ってください!

お疲れ様です。
私は現在福祉住環境コーディネーターの勉強をしている最中です(°▽°)辛い…

そこで福祉住環境の勉強をしていて思った事があります。
「年寄りと子供どっちが大事なのか?」

福祉住環境コーディネーターとは、主に高齢者の事について勉強したりするんで(介護とかその辺)ちょっと考えたんです。

今って介護施設も人手も足らない状態ですけど、待機児童も多くて保育士の人手も足りないじゃないですか。どっちも人手も施設も足らない状態ですけど、優先順位はどっちが上なんだろうかと。

どっちも大切ですけど、どっちが優先順位が高いかと言われたら私は待機児童とか子供の問題解決の方が高い気がします。

だって子供の問題は子供や親で解決できないことだらけですが、老人の問題に関してはある程度は自分自身で解決できることがあるじゃないですか。

タバコや酒を控えたり、運動したり不摂生をしないようにしたりと、健康に気を使ってる人って基本的にあんまりいないですよね。

不摂生を続けて、大変な事になってから初めて健康に気を使うんですよ。
そういう人は自己責任なんで、そういう人達より待機児童とか子供関係の問題解決の方に力を入れて欲しいです。

それに、皆が年寄りの為に働いて年金を払ってる相手が老害だとね…
老害の為に年金使うなら、子供支援のために金回して欲しいですね。
年金制度廃止してくれ…(ただ自分が払いたくないw)

まぁ我々は、今のうちから健康を意識して運動したり食事管理したりして老後に大変な思いをしないように、周りに迷惑をかけないようにする事が大切ですよね〜。

少子高齢化で高齢者が増えてますけど、こういう時こそ待機児童とかの問題解決を早くして今の若い人達が安心できる社会環境の構築が優先なんじゃないかとも思います。



いよいよ明日、ビジネス実務法務検定ですね!
僕は三級を受験するので若干余裕はあります。

昨日過去問を一度といて9割以上取れてたので、まぁ7割以下はないだろうって感じです(°▽°)
でも、手形が微妙なので今日は手形とその他の見直しを軽くして明日を迎えたいと思います。

今回の試験の1番の懸念材料は寝坊ですね。今日も昼過ぎに起きたので笑
今まで何度も検定で寝バックかましてきたのでそこだけ心配してます。

僕は来週の福祉住環境コーディネーターも受験するのですが、まだ殆ど何にも手をつけてないので、今日は時間があったらまずテキストを読み進めていきたいと思います。
明日のことより、来週の検定の方が心配です。
1週間でいけるのかな?
明日試験が終了したら切り替えて1週間、福祉住環境コーディネーターをやりまくります。

とりあえず明日、同じ検定を受験する方は共に頑張りましょう!
 
 

 


労働者派遣法では、労働者派遣事業ができない業務が定められています。
①港湾運送業務
②建設業務
③警備業務その他政令で定める業務

また、30日以内の日雇い派遣は原則禁止です!


日雇い派遣ができる例外

例外として、次の4つのうち1つでも当てはまれば日雇い派遣ができます!

① 60歳以上の方
②雇用保険の適用を受けない学生
③本業の年間収入が500万以上の方
④生計者ではなく、世帯の年間収入が500万以上の方

②の雇用保険の適用を受けない学生とは、通信制や夜間で働きながら通ってる学生は日雇い派遣ができません。(仕事をすると雇用保険に入らなければいけない為)

平成27年の法改正で、派遣先の同一職場では3年以上は働けないようです。
それ以上働くには、部署を異動するか又は無期限雇用契約又は正社員の契約に切り替えるなどがあります。

なお、60歳以上は例外で、3年以上働けます(60歳強い…)

    
【LINEでおすすめ本配信中!】

友だち追加

 【spsってどんな人?】
                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!    

1冊の本で人生が変わった話

【人気記事セレクション】                                          
   

↑このページのトップヘ