カテゴリ: 雑記

FullSizeRender

どうもspsです!

僕は現在20歳でFXや仮想通貨などの投資をしています。最近では、仮想通貨が爆発的に流行っているので「学生投資家」がたくさんいますが、一年くらい前は殆どいなかったんですよ。僕は1年前からFX(為替)をやっていたので、ツイッターで学生投資家をたくさん探しましたが全くいなかったですw

まぁ何が言いたいのかというと、「学生で株やFXをしているのは珍しいよ!」ってことです。周囲を見渡してみても大学生でFXをやっている人は中々いませんよね?若いうちから投資を始めることはすごく良いことです。FXを始めることで、投資への偏見もなくなりますし、世界経済の知識もつきます。

今回は「FXを始めたいけどリスクがでかそう。。」と考えている大学生がFXを始めるときに、リスクが少ない方法をまとめました。もちろん大学生でなくても活用できますので、参考になればうれしいです。



デモトレードをする

まずは、FXを体験してください!デモトレードは、無料ですしリスクが全くありません。実際にFXを体験してから知識を入れるほうが、最初に本を読んで勉強するよりも定着率が明らかに違ってきます。

僕は未成年の時にFXを始めたときは、デモトレードをやっていました。オススメはDMM FXです。ここは、3ヶ月間デモトレードができます。3ヶ月のデモトレード期間が終了しても、また新たに3ヶ月デモトレードができますし、スマホアプリからできるのはうれしいです。まずは、国内の取引所でデモトレードを経験してみてください。DMM FXの口座開設はこちら→DMM FXは初心者向け

慣れてきたら、mt4アプリを取得して海外口座でデモトレードしてみてください。資金が少ないうちは海外口座が得なので僕は海外の取引所を使っています。僕はaxioryとXMを普段から使っています。XMは口座開設すると、ボーナスで3,000円もらえるので、入金しなくてもトレードできます!こちらの海外口座もデモトレードができますので、体験してみてください!


入門書を読む

FXって怖いイメージがありませんか?僕も最初はありました。しかしFXは怖いものではありません。怖いと思っているのはあなたが無知だからです(口悪くてごめんなさい)

要は、知識さえあればFXのリスクが明確にわかるので、恐れることはなくなります。無知からくる恐怖を克服するには読書が手っ取り早いです。


僕が実際に読んだFXの入門書をご紹介します。           

FX全く分からない人はこの2冊!まぁぶっちゃけ、どっちか1冊でも大丈夫だと思います。          

めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版  

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門

 
テクニカル分析(チャートを見る事)はこの2冊で基礎は大丈夫です!
 
ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方

世界一わかりやすい!FXチャート実践帳




入門書を読んだら、学んだことをそのままデモトレードで実践してみてください。
FXの操作方法などもしっかり、マスターしましょう!

読書に慣れていない方は安心してください。僕もそうでしたw そんな僕でも年間で300冊近くは読書するようになったきっかけをこちらの記事に書きました。興味ある方は是非!



リアルトレードを開始する

デモトレードで経験を積んで、読書して最低限の知識を仕入れたらいよいよリアルトレードです。注意点は、いきなり1万通貨でやらないことです。まずは少額の1,000通貨から損切りなどの経験を積み、徐々に慣れてから金額を増やしましょう。

僕は一番最初に為替ジャパンでトレードしました。ここは、1,000通貨でトレードできますし、スマホからでもトレードできます。口座開設キャンペーンもやってますので是非!
為替ジャパンはこちらこら→口座開設キャンペーン!最大20,000円キャッシュバック!

海外口座ならXMがオススメです。ボーナスの3,000円で、トレードして経験を積むのもありですね。


まとめ

・まずは入門書で知識を得る

・デモトレードで入門書で得た知識を実践してみる。

・1,000通貨で実際にリアルトレードを開始する。少ない資金で経験をとにかく積む。


この通りにすれば、少なくとも大怪我はしません。僕はこの通りにやっているおかげで、まだ退場せずに入れています。初心者のうちは、大怪我をしないようにしながら、とにかく経験を積みましょう。

では!


【オススメ記事】   

『草コイン』coinexchange(コインエクスチェンジ)の口座開設方法!    

無料でもらった3,000円でFX始めます!           

【LINEでおすすめ本配信中!】   
                 
友だち追加   

【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
      

20歳になったのでFX始めました!               

1冊の本で人生が変わった話         


IMG_7673 (編集済み)

よく、「レバレッジ取引は危険だ!」みたいな意見を聞くのですが、先に言っておきます。レバレッジ取引は危険ではありません。

なぜなら、レバレッジを上げる事で損失が増える事はないからです。


FXで例えます。
①レバレッジ25倍で1万通貨持っている場合

②レバレッジ888倍で1万通貨持っている場合

①と②はレバレッジこそ違いますが、保有ポジションは全く同じです。

つまり、仮に10pips動こうが、100pips動こうが損失や利益になる金額は同じです。レバレッジが高いから損失が増えたり、利益が増えることはないんですよ。

ビットコインFXだったら、1万円動こうが、100万円動こうがレバレッジで損失や利益が変わることはありません。

なので、レバレッジって5倍だろうが888倍だろうが、別に危険でも何でもないんですよ。 


仮に資金が100万円の場合 

レバレッジが25倍だと、最大2,500万円分の取引が可能になります。
レバレッジが888倍だと、最大8億8,800万円分の取引が可能。

つまり、レバレッジは高ければ高いほど、保有できるポジションの上限が上がります。

多くの人が勘違いしているのは、レバレッジが危険なのではなくて、レバレッジをフル活用してポジションを最大まで保有するのが危険なのです。

レバレッジは高い方が証拠金も少なく済みますので、ロスカットがされにくくなります。必ずしもレバレッジが高いと危険という事ではないのです!


海外の取引所は日本の取引所に比べて、レバレッジも高く設定できますし、追証がありません。
ゼロカットというものが採用されているので、損失がマイナスになって取引所にお金を払うようなことはないです。国内だと、ゼロカットが採用されていないので、追証があります。

FXはレバレッジを高く設定できる取引所を選びましょう!国内の取引所は最高25倍ですが、xmという海外の取引所は888倍まで取引可能です。

今なら口座開設で3,000円分の取引が無料でできます。僕もxmを使ってます→無料でもらった3,000円でFX始めます!    

注:XMは現在、仮想通貨FXができません。為替や指数などは取引可能です。


では!


東大院生が考えたスマートフォンFX




【オススメ記事】
  
 


『草コイン』coinexchange(コインエクスチェンジ)の口座開設方法!    

無料でもらった3,000円でFX始めます!           

【LINEでおすすめ本配信中!】   
                 
友だち追加   

【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
      

20歳になったのでFX始めました!               

1冊の本で人生が変わった話         

03812679-27C9-48E7-B67C-A2345D0A0CBD

「投資はお金がないとできないから、お金持ち以外は投資するな」という考え方があります。

僕の結論としては、「貧乏人こそ、投資を始めるべき」と考えています。

その理由としてまず、投資はお金がなくてもできます。例えば、1,000円から株式投資できるワンタップバイがありますし、FXはxmだと3,000円ボーナスで無料で開始する事ができます。仮想通貨も100円で投資する事ができます。

この位のお金なら、学生だって用意できますよね?


「お金持ち以外は投資するな」の考え方で1番ヤバイと思うのは、勉強する機会を失っている事です。

例えばFXを始めると、世界経済について多少気になりだします。なぜならFXには毎日、経済指標が発表されるので、トレードをする際に、経済指標の日時や結果等を気にする必要があるからです。
また、要人発言などでも相場は動きます。

これって、FXをしなかったら気にならないと思うんですよ。だって、僕らの生活には何ら支障がないですよね。

FXを開始する事で、世界経済という大きな問題が、とても身近なものに感じるようになるのです。


仮想通貨や株にしたって、少額からでも投資する事で毎日勉強するようになります。なぜなら自分の大切なお金がかかっているからです。

今の仮想通貨バブルはいずれ崩壊しますが、例え崩壊して自分の資金がなくなっても、仮想通貨投資を通じて得た知識や経験はなくなりません。

金融商品に投資するということは、自分の知識や経験に投資するという事なんです。

自分の知識や経験に投資する意識がないと、いつまで経っても自由を手にする事は出来ないのです。


遅かれ早かれ、お金と向き合わなくてはいけない時期が誰にでも来るので、貧乏な若いうちから少額でも投資をする事が大切だと思いました。


では!

関連記事:『ムダ使いをなくす』正しいお金の使い方とは?


投資をするなら金持ち父さん貧乏父さん は必読です!あまりに有名すぎますがw 読んでいない方はぜひ!




【オススメ記事】  

『草コイン』coinexchange(コインエクスチェンジ)の口座開設方法!  

無料でもらった3,000円でFX始めます!   

【spsってどんな人?】                          

自己紹介!
    

20歳になったのでFX始めました!        

1冊の本で人生が変わった話       

【LINEでおすすめ本配信中!】 

               
友だち追加 

F08DB4B7-D856-4CA0-81BB-393A9CCEDACC

奨学金や住宅ローンなど、大きいお金を借りる時、変動金利と固定金利、どっちを選べばいいか分からない。
そんな人いると思います。結論から言ってしまうと、固定金利をオススメします。


まず、変動金利と固定金利の違いを簡単に説明します。
変動金利とは、銀行の判断で金利が変わります。つまり、借主の僕たちが金利変動のリスクを負います。
反対に固定金利は、金利が変わりません。貸主である銀行が金利変動のリスクを負います。

現在の日本の金利はめっちゃ低いです。もうこれだけで、固定金利の方が良いことはサルでもわかると思います。

先に言っておくと、金利の将来なんて誰もわかりません。なぜならその時々の経済状況によって変わってくるからです。それなのになぜ、自ら好んで、金利変動リスクを背負おうとするのでしょうか。金利変動リスクを背負うということは、ギャンブルやってるようなものなんですよ。


日本は1,990年以降のバブル崩壊時に、解決策としてゼロ金利政策を実施しました。これは、金利を低く設定することで、企業や個人が銀行から融資を受けやすくするためです。これで日本はデフレ脱却を図ったわけです。

金利を下げるということは、いずれ金利を上げるということです。金利を下げる理由は、デフレだったからです。インフレになってきたら今度は金利を上げます。デフレもインフレも経済にとってはよくないのです。ちょうどよくするために、国は金利や資金供給などをして経済をコントロールしているのです。

1,990年代のバブル崩壊後もサブプライムやリーマンショックなどの世界金融危機が起こり、日本の景気はあまり良くなりませんでした。なので、日本の金利は今めちゃ低いのです。

今の金利の低水準から言うと、今後さらに景気が悪くなれば金利は下がります。景気が良くなれば金利も上がります。先ほども述べましたが、金利が今後どうなるかなんてのは、誰にもわかりません。

しかしなぜ、今日本の金利が安いのかということを考えれば、固定金利か変動金利、どちらにすべきかわかると思います。
今は金利が低いのです。金利が限りなく低い今のうちに、固定金利にしておいたほうが賢明だと僕は思います。

経済学オススメ書籍

雇用・利子および貨幣の一般理論 (まんがで読破 MD134)
経済学の本は数式など小難しい言葉だらけの本が多いのですが、この本はマンガでめちゃくちゃ分かりやすく書いてあります。年間150から200冊は読書する僕が、2017年に読んだマンガでトップ3に入るくらい面白かったです。かなりオススメです。

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
この本の著者は東大卒で、東大大学院の元教授の方です。大学で経済学を一切学んでいない20歳の僕としては、この本はとても勉強になりました



【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    

【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加                
             
 【オススメ記事】 

草コインはコインエクスチェンジ!億万長者になれる可能性も! 

無料でもらった3,000円でFX始めます! 
  



    

5D5EBBD4-14CE-4CF1-8442-ADB9C141D000

仮想通貨バブル真っ只中で、ついついトレード頻度が増えてしまっている方も多いかと思います。

FXにも、ポジポジ病というものがあります。これは、ポジションを持っていないと気が済まないという人を指します。

ポジポジ病にかかると、むやみやたらとトレードを繰り返してしまいます。そして、一度負けると、その負けを取り返そうと更にトレード回数を増やし、負けを重ねるという負のスパイラルに陥ります。


大投資家のルー・シンプソンという方がいます。
彼は、バークシャー・ハサウェイの損保子会社GEICOで、長年にわたって株式運用に携わっていました。バークシャー・ハサウェイとは、世界一の投資家ウォーレン・バフェットが会長兼CEOを務めている投資ファンドです。

ルー・シンプソンは、毎日5時間から8時間を情報収集に費やし、取引を行うのは稀だったそうです。つまり、見極めるべき要素は、頻度ではなく大きさだという事をルー・シンプソンから学ぶことができます。

ルー・シンプソンが言うように、トレードは頻度を増やしても勝てる確率が高まる訳ではありません。

もちろん、入念な過去検証の結果、会得した自分の手法ならば頻度を優先する手法も正しいと思います。しかし、多くの人は過去検証もせず、とにかくポジションを持っていないと気が済まないポジポジ病にかかっています。

ポジポジ病を無くすことで、無駄にやられるトレードも減り、今よりも良いパフォーマンスを上げられと思います。まずは、ポジポジ病を気をつけて取れる所だけトレードする癖を付けたいですね。


では!


この記事の参考→投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い  


この本は参考になる事が多かったです。投資家は一度読んでみる事をオススメします。



【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    


【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加                
             
 【オススメ記事】 

草コインはコインエクスチェンジ!億万長者になれる可能性も!  

無料でもらった3,000円でFX始めます! 
  



     

↑このページのトップヘ