25F7E97D-6EBB-4573-BC8D-EF2091C037D4

有給休暇とは?
 

労働基準法では、原則として、労働者を1人でも使用する全ての事業、または事務所に適用されます。
有給休暇とは、労働基準法で定められた労働者の権利です!
会社独自の制度ではないので、ほとんど全ての労働者に適用されます。


有給休暇の日数は? 

有給休暇は労働基準法でこのように定められています。 
「使用者は、その雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、または分割した10労働日の有給休暇を与えなければなりません。」(労働基準39条1項)
有給休暇の日数は、原則として6ヶ月間継続勤務した人には最低10日もらえます。
その後は、1年間勤務を継続するごとに1日増えていきます。
3年6ヶ月を超えて継続勤務すれば、1年ごとに2日加算されていき、最高で20日間もらえます! (労働基準法39条2項)

有給休暇は、日単位での取得が原則ですが、時間単位でも取得できます!
時間単位で有給休暇が使えるのは、1年間で最大5日分までです。


有給休暇はいつ使えるの? 

労働者は基本的にはいつでも有給休暇を使えます。
しかし、労働者が請求した時期に有給休暇を与えることで、事業の正常な運転を妨げることがある場合は、会社側は他の時季に与えることができます。(これを時季変更という)
単に会社側は有給休暇の請求を拒否することはできません。 

自分が有給休暇を使うことで、周りに迷惑がかかるため、あまり取得できる環境ではない人も多いかと思います。
でも、有給休暇は労働者全員に与えられている権利です!
会社の都合上それが使えないって意味が分からないですよね。
それなら思い切って、会社を辞めて転職するのも1つの選択肢だと思いますよ(´∀`)

参考文献:ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト〈2017年度版〉    



【LINEでおすすめ本配信中!】

友だち追加

 【spsってどんな人?】
                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!    

1冊の本で人生が変わった話

【人気記事セレクション】