カテゴリ:読書 > 書評

FullSizeRender

三崎優太さんが仮想通貨「ICO投資」ってやつで10万円を2億円にしてみたという本を出しました!今回は、早速amazonで購入して読んだので、軽くまとめてみました。
この本はICOだけでなく、仮想通貨初心者の方にも分かりやすく書かれていますので興味ある方は是非!


三崎優太ってどんな人?

三崎優太さんとは、2018年の3月で29歳になる実業家の方です。まだ20代って若いですね。。

18歳の時に起業したらしく、その当時アフィリエイトで月300万円稼ぎます。その当時の会社、メディアハーツも11期目を迎えるそうです。現在は2014年から開始された美容ECブランド「FABIUS」の運用を主事業としていて、年収は100億円を超えます。
個人としては、会社の社長としての収入と株式投資と仮想通貨の投資で年収は10億円ほど。

かなりすごい方ですね。。最近はテレビにも出演されているようです。

ちなみに仮想通貨投資歴は4年とかなり前から始めてられているようで、現在は元手10万円を2億円にまで増やしています。投資成績は+50億円を突破されたそうです。


ICOとは?

ICO(Initial coin Offerring・新規仮想通貨公開)とは、企業やITプロジェクトが独自の仮想通貨(トークン)を発行し、資金調達をする仕組みのことです。株にはIPOというものがありますよね。それに似たようなものです。

ICOによる資金調達額は2017年春以降に急激に伸び、数百億円規模のものまであります。

企業にとってのICOのメリットは、早く・安く・誰にでも出来・世界中から資金を集めることができることです。
投資家にとっては、大きなリターンと広いチャンスがメリットになります。
上場後に価格が2倍、3倍になることは普通にあり、イーサリアムやアイオータのように持ち続けて数千倍になることもあります。


ICOのリスク

ICOには、主に以下の4つのリスクがあります。

・詐欺のリスク

・上場しないリスク

上場されないトークンは自由に売買することができないため、殆ど価値がない状態となってしまう。

・売りたくても売れないリスク
上場直後のトークンは売買する人が少ないので売ろうと思っても相手がいない。流動性の問題。


・紛失のリスク

仮装通貨は特定の管理者がいないので、自己責任で保管する必要がある。ハッキングによる盗難、データの破損や紛失などによって失えば二度と返ってきません。セキュリティをしっかりやって防ぐことが大事です。


これら4つのリスクを見てもらえればわかるように、ICOにはリターンもある代わりにリスクもついてきます。まぁ投資なので当たり前ですよね。

三崎さんは本の中で、「投資の前段階でしっかり下調べをすることで、上場されないという事態に会うことはない」と言っています。開発者は素晴らしい技術なので、もっと世の中に広めたいという気持ちでICOに取り組んでいるはずです。その気持ちが強い案件だけを探して参加していけば、負けることはないそうです。とにかく調べることが重要です。


三崎さんのICOの情報収集は、主に以下の流れです。

・ICOカレンダーを見て、これからプレセールが行われるプロジェクトの情報を掴む。

・ツイッターとテレグラムで熱量を測り最新情報を手に入れる。

・ホワイトペーパーをしっかり読み込む



ICOカレンダーは、トークンマーケットというサイトを利用します。ちなみにこちらは、日本語のサイトではありません。

個人的には、テレグラムを使うというのが意外でした。テレグラムとは、ロシアを中心に世界中で2億人弱が使っているメッセージアプリです。
テレグラムには、仮想通貨の各通貨のコミュニティが数百種類以上あるそうです。

僕はテレグラムを今まで使った事がなかったので早速利用してみようと思います。Apple Storeでteregramと検索すれば出てきますので、興味ある方は是非!


感想

この本は文字がびっしりある読みにくい本という感じはなく、非常に読みやすいです。その為、読書慣れしていない人でも、苦なく読めるはずです!
また、ICOだけでなく仮想通貨についても、イマイチよく分からない人向けに分かりやすく書かれています。

ちなみに
僕も、まだICOには参加した事がありませんでした。
参加しなかった理由は、ICOには詐欺案件が非常に多く、資金の少ない僕にはかなりハイリスクだと思っていた事と、詐欺案件の見極めが難しいと思っていたからです。

しかし三崎さんの言うように、しっかり情報収集をすればそこまで怖いものでもないように思いました。

それに、僕と同じようにICO投資に中々踏み切れずにいた方はいるはずです。

三崎さんも本の中で言っていますが、仮想通貨投資全体の参加者以上にICOの参加者が増えていけば、だんだん稼ぎづらくなっていきます。だからこそ、まだ参加者の少ない「今」行動に移すことが非常に大事です。


投資家、経営者として生きてきた三崎さんの直感では、ICOでもっとも稼ぎやすいのは2018年前後の1年くらいと仰っていました。今がチャンスなのかもしれません。


今は仮想通貨がめちゃくちゃ盛り上がっていますが、まだ仮想通貨に手を出していない方はこの本をきっかけに初めて見るのもいいと思います。
仮想通貨入門書としても分かりやすく書かれていますので、仮装通貨やICO投資に興味がある人は是非!




【オススメ記事】
   

「仮想通貨」DMM Bitcoinの特徴と口座開設方法!

『草コイン』coinexchange(コインエクスチェンジ)の口座開設方法!    

無料でもらった3,000円でFX始めます!           

【LINEでおすすめ本配信中!】   
                 
友だち追加   

【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
      

20歳になったのでFX始めました!               

1冊の本で人生が変わった話         


FullSizeRender

面白いマンガを発見しました!
「正直不動産」というマンガです。著者は大谷アキラさんです。

正直不動産は、2018年の1月1日に初版発行です。凄く新しいマンガですね!
めっちゃ面白かったので、ざっくりあらすじをご紹介します!


あらすじ

主人公は、登坂不動産の永瀬財地。
登坂不動産のナンバー1営業マンで、嘘をついて不動産売りまくっていた。
会社の副課長に登りつめていて、もうすぐで課長。

しかし、とある日に石碑を壊して以来、嘘がつけなくなってしまった。不動産営業マンとして、嘘がつけなくなるのは致命的だ。
正直者になってからは、以前よりも営業成績が著しくなく、遂には会社ナンバー1の座を明け渡してしまう。

千三つと言われる不動産業界。永瀬は嘘がつけない正直営業でどうなるのか?


感想

不動産業界の事が垣間見えるマンガです。不動産業界には「千三つ」という言葉があります。
これは、千の言葉の中に真実はたった3つという意味です。つまり、殆ど嘘って事ですね、怖い…笑

主人公の永瀬は以前の嘘をつく営業スタイルから一変して、正直営業になります。

僕は長期的に見ると、こっちの方が得なんじゃないかと思いました。目先の金の為に人を騙すよりも、長期的な視点に立って信用を積み重ねていく方が結果的にはプラスだと思います。

最近は信用経済が来てますよね。信用経済ってのは、「お金よりも信用が大事!」って感じの考え方です。
信用経済について興味ある人はこちら!西野さんのレターポットをまとめてみました。

「正直不動産」を通じて、正直者のお客さんが少しでも騙される事が減ったり、嘘が通らない業界になって欲しいです。

次が気になる、とても良いマンガです。
2018年のマンガ大賞は「正直不動産」が来ると予想!



こんな人にオススメ

・不動産業界について興味がある人。

・宅建を受験予定の人。宅建の勉強にも役立つと思います!
僕が1ヶ月半で宅建に受かった合格体験記はこちら。


とても読みやすいマンガです。興味ある方は是非!

正直不動産(1) (ビッグコミックス)

では!


【オススメ記事】   

『草コイン』coinexchange(コインエクスチェンジ)の口座開設方法!    

無料でもらった3,000円でFX始めます!           


【LINEでおすすめ本配信中!】   
                 
友だち追加   

【spsってどんな人?】                              

自己紹介!
      

20歳になったのでFX始めました!                

1冊の本で人生が変わった話         


B5062AE1-D9DD-4493-A12A-8042EF5D64D4


年間200冊以上は読書しているのですが、(マンガ含めると400冊は超える)その中で2017年、面白かったマンガを5つ厳選してご紹介します。基本的には、社会人向けのオススメになります!



ナニワ金融道

ナニワ金融道とは、その名の通り金融のマンガです。街金なので、闇金ウシジマ君と似てますね。

僕は今年、闇金ウシジマ君も読んだのですが、ナニワ金融道 1 の方が断然面白かったです。

ビジネス実務法務検定を受験した時には、ナニワ金融道を読んでいたのでかなり楽に合格できました。僕の経験上、ビジネス実務法務検定だけでなく、宅建の勉強にも役立つことが多いと思います。

宅建は僕が19歳の時に1か月半で一発合格した話を 合格体験記で書いています。ビジネス実務法務検定の時の記事はこちら



死役所

死役所は以前、書評を書いたのでこちらでぜひ!とにかく良いマンガ!
「死」について考えさせられます。老若男女問わずオススメです。 



雇用利子および貨幣の一般理論
これは経済学者ケインズの「雇用・利子および貨幣の一般理論」をマンガ化したものです。
これは子供向けのマンガというよりは、大人向けだと思います。

マンガ版ではなく、書籍の方だとめちゃくちゃ難解だと思うのですが、こちらはかなり分かりやすく説明されています。

マンガのストーリーも良くて、楽しみながら学習できます。何か金融商品に投資をされている方は是非一度読んでみてください!


リバモアの株式投資術

20世紀初頭、トレードの世界で大成功と破産を繰り返した男、ジェシーリバモア。この本は、リバモア本人が書いた唯一の本です。

そんな伝説の相場師も最後は自ら命を絶つんですけどね。。 

こちらも読みやすいので、相場に携わってる方は必読の書です。


インベスターZ

インベスターZも投資のマンガです。
中高一貫校の学校に「投資部」が存在しており、学校の収益源はこの投資部の部員達が運用したもの。なので、学校は無償化されています。

株や不動産、FX、保険などの金融商品についてもマンガで書かれています。ストーリーが面白いので、こちらのマンガも楽しみながら学習できます。
僕はもっと若い時に読んでおきたかったですね。

インベスターZは時々セールをやっています。 72時間限定セール では1冊5円でしたw
その時に購入する事をオススメします!



まとめ

僕が2017年に読んだ、面白かったマンガ5つ厳選しました。
トップ5ではないのですがメジャー2も面白かったです。毎週水曜日にサンデーで立ち読みしてますw 野球好きはぜひ!MAJOR 2nd(メジャーセカンド) 1 (少年サンデーコミックス)   
 
マンガをバカにしている大人が多いのですが、良いマンガからはたくさん学ぶ事ができます。ビジネス書だから偉いとかはないですw

マンガを毛嫌いせずに、まずは読んでみる事をオススメします。ビジネス書よりも内容理解しやすいですし、ホント良い教材です。

では!


【spsってどんな人?】                          

自己紹介!
    

20歳になったのでFX始めました!        

1冊の本で人生が変わった話       

【LINEでおすすめ本配信中!】 

               
友だち追加                               
              
 【オススメ記事】  

草コインはコインエクスチェンジ!億万長者になれる可能性も!  

無料でもらった3,000円でFX始めます!   


     


5D5EBBD4-14CE-4CF1-8442-ADB9C141D000

仮想通貨バブル真っ只中で、ついついトレード頻度が増えてしまっている方も多いかと思います。

FXにも、ポジポジ病というものがあります。これは、ポジションを持っていないと気が済まないという人を指します。

ポジポジ病にかかると、むやみやたらとトレードを繰り返してしまいます。そして、一度負けると、その負けを取り返そうと更にトレード回数を増やし、負けを重ねるという負のスパイラルに陥ります。


大投資家のルー・シンプソンという方がいます。
彼は、バークシャー・ハサウェイの損保子会社GEICOで、長年にわたって株式運用に携わっていました。バークシャー・ハサウェイとは、世界一の投資家ウォーレン・バフェットが会長兼CEOを務めている投資ファンドです。

ルー・シンプソンは、毎日5時間から8時間を情報収集に費やし、取引を行うのは稀だったそうです。つまり、見極めるべき要素は、頻度ではなく大きさだという事をルー・シンプソンから学ぶことができます。

ルー・シンプソンが言うように、トレードは頻度を増やしても勝てる確率が高まる訳ではありません。

もちろん、入念な過去検証の結果、会得した自分の手法ならば頻度を優先する手法も正しいと思います。しかし、多くの人は過去検証もせず、とにかくポジションを持っていないと気が済まないポジポジ病にかかっています。

ポジポジ病を無くすことで、無駄にやられるトレードも減り、今よりも良いパフォーマンスを上げられと思います。まずは、ポジポジ病を気をつけて取れる所だけトレードする癖を付けたいですね。


では!


この記事の参考→投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い  


この本は参考になる事が多かったです。投資家は一度読んでみる事をオススメします。



【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    


【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加                
             
 【オススメ記事】 

草コインはコインエクスチェンジ!億万長者になれる可能性も!  

無料でもらった3,000円でFX始めます! 
  



     

1455EBFE-5293-4388-975C-1B0C33442336

「安ければいい」 僕のような貧乏人は常日頃から「安さ」に目を光らせ生きている。しかし、どうやらその考え方はマズイらしい。

「安ければ良い」を卒業しよう。

多くの人は、自分自身は人から高い評価を受けたいと思っていますよね。なのに、他の人の提供する商品やサービスに対しては、安ければ安いほどいいという感覚を持つのはおかしいと思いませんか?

そういう感覚では、結局は自分の技術や仕事の価値が買い叩かれることになってしまうのです。相手の仕事を値切れば、結局自分が値切られる。安ければ良いという世の中では、結局自分も安売りすることになる。高い技術やサービスにリスペクトを持ってふさわしい対価を喜んで支払いましょう。 p.115・116

引用:林修の仕事原論    


良いサービスにはお金を支払うことで日本経済もよくなっていきます 。
皆んなが安いものを求めると経済にとっては良くないのです。

林先生の「相手の仕事を値切れば、結局自分が値切られる」という言葉はめちゃくちゃ的を得ています。一見、顧客の要望に応えて、品質も良く更に値段を下げることは良いように思います。しかし、そうではありません。

なぜなら、皆んなが安さを求めることで、企業もより安く提供しようと、値段の安さで価格競争がおきます。
これはつまり、企業が安く提供するという事は、ゆくゆくは従業員の給料も安くなってしまうのです。まぁ当然ですよね。 世の中の物価が安くなるのに従業員の給料が上がるわけありません。
給料を減らされた従業員は、また安さを求めます。そして企業が従業員(消費者)に安さを還元していく。これがデフレです

あえて高いお金を支払う必要はありません。林先生の言うように、高い技術やサービスにはリスペクトを持ってお金を支払うことで、巡り巡って自分にも返ってきます。その価値にふさわしい価格を喜んで支払える人間に皆がなることで、行く行くは日本経済の為にもなります。

なんでもかんでも「安ければ良い」という思考は卒業しなくてはいけませんね。
では!


参考文献
林修の仕事原論

雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─



【spsってどんな人?】 

自己紹介!

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    
           
【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加          

               

↑このページのトップヘ