カテゴリ:読書 > 書評

FullSizeRender

最近オモロい本を読みました。それはお金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)という本です。まあ結構有名な本でして、僕は時代の波に乗れず少し遅れて読みました。

 
僕の主観ですが、この本若干難しいと思うんですよね。僕は10代の頃から金融系の本を読みまくっていましたので、難しい箇所もなく理解できたのですが、普段からあまり本を読まない人や金融の知識が一切ない人だと正直難しいと思いました。
なので、お金2.0に興味はあるけどまだ、読んでない方や本を読んだけど理解できなかったという人に向けて僕なりに軽くまとめてみました。テーマは資本主義と価値主義についてです。


目次

・資本主義の欠点
・これからは資本主義から価値主義に向かっていく
・今後はお金で人は動かない

これからの時代に必要なこと
・内面的な価値
・価値を最大化する
・フォロワー

まとめ




資本主義の欠点

まず価値主義のお話をする前に資本主義の欠点について理解しなくてはいけません。
資本主義では「稼ぐが勝ち」という言葉通りにお金を増やす事が良いとされています。

資本主義では、どんなに価値があろうとお金を稼げなければ無価値です。逆に実際に価値のないものでもお金に転換できれば評価の対象になります。

そもそも最初は、お金は価値を運ぶツールでした。しかし次第にお金が社会の中心になるにつれて、「価値をどう提供するか」を考えるよりも、「お金からお金を生み出す方法」を考えた方が効率的であることに、気づく人が出てきました。
人を雇用して製品を作って市場で売り、お金に変えてまた何かを買うよりも、お金に働いてもらってお金を稼ぐ方が楽なんですよ。つまり、これは資本家と労働者の構図ですね。

資本主義ではこれが現実です。なので、ただお金を得るために自分の人生の全てを金儲けに捧げるような人もいます。しかしその結果、心の余裕を失い自分の内面的な価値を犠牲にするような事が増えました。 


人生を金儲けに捧げた人として、投資家の僕が思い当たる人物が1人います。それはジェシーリバモアという人物です。

投資をしている人ならご存知の方は多いと思いますが、彼はウォール街のグレードベアと呼ばれる位に凄い相場師です。そんな凄い彼でも、何度か破産したりするんです。そして最後には彼は相場という世界で疲弊して自殺をしました。
ちなみに自殺をした時、お金はあったんです。「お金があるのになんで自殺をするの?」そう思う人もいると思いますが、彼はうつ病を患っていたそうです。
自分の人生を相場に捧げた結果、内面的な価値を犠牲にした1人ではないかと思います。

リバモア以外にも、お金が原因で自殺するような人って多いですよね。これが資本主義の欠点ではないかと思います。


リバモアについての本







これからは資本主義から価値主義に向かっていく

価値主義とは可視化された資本ではなく、お金などの資本に変換される前の価値に重きをおくことです。
価値主義では自分の価値を最大化する事が大事です。


価値って非常に曖昧な言葉ですよね。
価値とは、使用価値や利用価値など人間の欲望を満たす実世界での実用性を指す場合や、倫理的・精神的な観点から人間社会の存続にプラスになるような概念を指す場合もある
と著者は言っています。


現代はクラウドファンディングやVALUなどのサービスが普及して、資金調達が容易な環境にあります。そのため相対的にお金の価値そのものが下がり続けています。

逆に、信頼や時間や個性のようなお金では買えない価値が、相対的に上がってきています。



価値主義と聞いて思い浮かぶ人物はキングコングの西野さんです。彼はレターポットのサービスだったり、ホームレス小谷さんのプロデュースだったりと、いち早くお金の価値が下がっている事に気付いていました。あとは、最近だとプロ奢ラレヤーさん(@taichinakaj)もそうですね。


他にもまだまだたくさんいますが、今の状況を冷静に分析してそれを行動に移せる人が時代

を作っていますね。


今後はお金よりも価値に重きを置く価値主義を中心とした世界に変わっていくことが予想できます。その理由は次に説明します。




今後はお金で人は動かない

著者は今後の人々の生活について以下のように言及をしています。

現在の経済では最も強力でお金を稼ぎたいと言う欲望(金銭欲)が報酬として機能しなくなることが想像できます。

現在の経済では、お金には人を動かす力があります。これは紛れもない事実です。現代人の多くは生活のために働いていますよね。

しかし、例えばベーシックインカムが導入されてたとして、最低限の生活が保障される世の中になったらどうでしょう。


お金は「あったら便利なもの」であり、必ずしも必要と考える人は少なくなるはずです。お金からは人の行動を変える魅力はこれからどんどん失われていきます。


これは「ベーシックインカムが導入される前提」の話ではなく、現代の日本で少しずつ起こっている現象です。

昨今は「最近の若い奴は欲がない」と言われるようになりました。僕と同世代の若い人達は、「お金をもっと稼ぎたい!」という人も勿論いますが、「お金よりも休みが欲しい」と考える人が増えている印象があります。

この理由は、現代が物に困らなくなっているからだと思います。例えば戦後のように貧しく物がない時代だと「大きな家を建てて、高級車に乗って、高級腕時計を買って…」みたいな生活に憧れる人がいるのはごく自然な現象です。

しかし、現代の日本は生活するのには不自由なく暮らせますし、モノも溢れているのでお金に貪欲な人が少なくなっているのだと思います。それに現代はほとんどレンタルできますし、自分で所有する必要性が少なくなっているんですよね。

「お金は有ったら便利なもの」という価値観を持つ人間がこれからもっと増えると思いますし、著者の言うように今後はお金で人が動くことも少なくなりそうです。




これからの時代に必要なこと

・内面的な価値


内面的な価値には、共感、熱狂、信頼、好意、感謝のような種類があります。近年、この内面的な価値はSNSで広まっています。SNSのおかげで、人の熱量が情報として一瞬で伝わるようになりました。


そして、この内面的な価値ではオリジナリティや個性が重要です。

「この人でなければいけない」「この人だからこそできる」といった独自性がそのまま価値につながりやすいです。


理由は、誰でもできる仕事はいくらでも代替できるからです。これからの時代は誰でもできる単純作業は、人間がやらなくても済む時代になります。


なので、例えばYouTuberや歌手、芸人、画家みたいな人たちがどんどん活躍するようになると思います。すると、武器になるのがオリジナリティです。オリジナリティがないとこの先の将来は厳しいと思います。


例えば学校はみんなと同じことをする平均的なロボットを量産する場所です。そのため学校教育が自分と合わず、弾かれていた人材はこれからの時代で活躍する存在になり得そうです。今後は学校の在り方までも変化していくようになると思います。



・価値を最大化する。


価値を最大化する事はすごく重要です。あらゆる価値を最大化しておけば、その価値をいつでもお金に変換することができますし、お金以外のものと交換することもできます。


そして今では、誰でも独自の経済圏を作る事ができます。先程も紹介したプロ奢ラレヤーさん(@taichinakaj)は見事に独自の経済圏を作っています。

彼は名前の通り奢られる事で生計を立てているのですが、この世に自分にとって価値のない人間に奢る人はいません。彼は奢ってくれる人に価値を提供して奢ってもらっています。社会的には無職という身分ですが、実質的には彼は無職ではなく、しっかり働いている事になりますね。

彼は対価をお金で貰うのではなく、飯を奢ってもらい、そこで新たな情報を得たり人との信用を積み重ねて独自の経済圏を作っています。つまり、自分の価値を最大化して、お金以外のモノと交換しているのですね。

こういう風に独自の経済圏を作る事がこれからの時代で大切なのです。



そもそもお金とは、価値を資本主義経済の中で使える形に変化したものに過ぎません。言わば価値を媒介する道具であり、選択肢の1つです。

基本的にはお金も価値あるものと交換する1つの手段です。ということはつまり、お金と交換する前の価値が1番重要じゃね?ということに気づく事ができます。価値の最大化がこれからのテーマになりそうですね。



・フォロワー

フォロワーが大事っていうのはよく分からない人がいるかと思います。たしかに財務諸表でも、IT企業ではデータなどが資産に反映されません。無形資産として反映させる事もできますが、それは一部に過ぎません。

しかし、ウェブサービスをやっている会社にとっては、最大の資産は自社のサービスを使ってくれているユーザです。そして、そこで得られた購買行動データも重要な資産です。しかしこういったものは現在の財務諸表には反映されません。

理由は現在の財務諸表は、物や土地を前提に作られたものだからです。産業がシフトしていっている現代では、現在の財務諸表上では資産として反映されないものが、これからの時代の資産になっていくのだと思います。

その為、個人ではフォロワーも重要な資産になります。
例えば商売の世界では、リピーターをつける事がとても重要になります。理由は、リピーターがいないと新規開拓をいつまでも続けなくてはいけなく、効率が悪いからです。またリピーターになって貰う事で信頼関係も構築され、大きな買い物をして貰えたりもします。

つまり自分のファンがいるといつの時代も強いんですよね。特にこれからは更に強くなると思います。

著者は個人が企業と同じように生きていくのに必要な事を書いていますので引用させていただきます。

個人が企業と同じように専門性や影響力や信用力もとに生きていくためには、毎日の収入を稼ぎながらも、日々の活動から資産を積み築き上げていくことが不可欠です。

働きながら勉強したり情報発信をする事は大変ですが、それくらいしないとこれからの時代の資産を積み上げる事はできないという事です。毎日少しでも積み重ねていく事が大切です。




まとめ

資本主義は実際に価値がないものでも、お金や資本に転換できれば評価の対象になってしまう。逆にどれだけ人々が熱中して利用しているサービスもお金や資本に転換できなければ価値のないものとして扱われてしまう。

AIなどで殆どの仕事が自動化される。ベーシックインカムなどで働かなくても生活できるようになると、今までのようにお金で人が動く事が少なくなる。

これからは内面的な価値を高め、価値を最大化する事が大事。


僕はいつも本を読む時にメモをするのですが、お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book) は約7,000文字もメモしていました。こんなにメモをするのは初めてでしたが、それくらい内容の濃いとても面白い本でしたし、今後について考えるきっかけになりました。










FullSizeRender
ひろゆき(西村博之)さんが 働き方 完全無双  という新刊を出しました。本には4月25日に第一版発行とありますが、本屋さんで普通に売られてました。amazonでも売られていますね。


本の構成

本の構成は第1章から第3章と序章と終章があります。その他には、はじめに・終わりに・付録があります。

序章   まずは「個人」と「社会」を分けるとこから
第1章 能力なんてものは存在しない
第2章 あなたが社会に殺されないために
第3章 会社がずっと生き残るわけないじゃん
終章   日本はこうやって生き延びろ

ページ数は240弱です。本の中身を一部引用ツイートしてみました。まぁこれはほんの一部です。








感想

この本は前著の無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21   と同じく編集者の種岡健さんという方がまとめたものです。ひろゆきさんのブログ記事等をまとめた本ですね。

個人的に面白かったのは、うつ病で診断書を出してもらい、それで生活保護を貰うやり方です。精神科だと患者が話していることでしか判断できないので、「これを言うと、うつ病に認定される」というキーワードが存在するらしいです。有名なものだと「寝れません」というのが効果的らしく、「睡眠薬を飲んでも睡眠不足です」と言うとさらに良いとのこと。

また、「味がわからない」という味覚障害が発生している場合も診断書が貰えるらしいです。それに味覚障害は外的に判断ができず、味覚は自己申告で数値化されません。僕も人生に辛くなったら、ひろゆき師匠の教え通り忠実に生活保護を貰っていきたいと思います。


ひろゆきさんのベーシックインカム案が書いてあったところもオモロかったです。ひろゆきさんは、国民全員に月額7万円をベーシックインカムで支給する事を薦めていて、その概要や財源なんかを付録という形でまとめています。僕も働きたくない若者の1人なので、是非ベーシックインカムを取り入れて欲しいですね。 

後はひろゆきさんの言うように、日本では新しいものが生まれてもすぐに規制されるので、他の諸外国に比べて新しい産業が生まれにくいのも難点です。仮想通貨は日本人の取引が活発ですし、何でもかんでも規制する事はせずに上手く新しいものと付き合える社会になると良いですね。

前著の無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21同様、ひろゆきさんの考えが上手くまとまっていて面白かったです。

あと最近の本は読みやすいのが多いですね。若者の読書離れが原因だと思いますが、個人的には良い方向に向かっているんじゃないかと感じています。
読みやすい本が増えるのは良いことですね。 働き方 完全無双 も読みやすいので、読書慣れしてない方も苦なく読めるはずです。






FullSizeRender
メンタリストDaiGoさんの   科学的に正しい英語勉強法を読みました。この本は今年の3月10日に出たばかりの本です。今回は科学的に正しい英語勉強法を要約します。ネタバレ部分もあるふので、注意してください。


メンタリストDaiGoの英語力 

DaiGoさんは、よく留学経験があると誤解されている事が多いようです。理由は、「アナザースカイ」というテレビ番組でオックスフォード大学の教授に、DaiGoさんが英語でインタビューする模様が放送されたからです。しかし、DaiGoさんには留学経験がなく、英語圏の旅行もアナザースカイの取材時が初めてとのこと。つまりDaiGoさんの英語力は、初めての英語圏への旅行で、脳科学の教授に英語でインタビューできるレベルです。
留学経験もないのに、これは凄いですよね。取材時は通訳もいたらしいんですが、脳科学の専門用語を訳す事ができなかったそうです。DaiGoさんは、日頃から脳科学の文献を大量に見ているので通訳さんが理解できない英語もDaiGoさんには理解できたという事だそうです。


本の構成 

この本は第3部の第7章まであります。第1部では、日本人が英語を話せない7つの理由と、英語が話せなくても会話ができるテクニックが書いてあります。
第2部では、日本人の英語学習に対する誤解を解いていき、本当に効率的な6つの学習法が書いてあります。
第3部では、英語学習へのモチベーションを高めるために、学習ハードルを下げるスマホの活用法やら気軽に話せる英語学習ツールが紹介されています。

ページ数は191ページ程ですが文字数も少なく、大切な箇所には黒字で強調されていますので読書慣れしてない方もストレスなく読み進められる本だと思います。普段から読書をしている方であれば、1時間から2時間くらいで読み終わると思います。


日本人の英語学習の勘違い

個人的に面白かったのが、第3章の「日本人の英語学習の勘違い」です。
この章には、英語学習で勘違いされる事が多い5つの事が書いてあります。(ここから軽いネタバレになります)

具体的には、
勘違い①英語は若いうちに勉強したほうがいい
勘違い②英語の知識は学校英語で十分
勘違い③繰り返し復習することで力がつく
勘違い④英文法をまずマスターすべき
勘違い⑤毎日コツコツ勉強することが大事


軽く要約すると、
①は、母国語以外の学習が脳内ネットワークを強化し、発想力と柔軟性がアップする。要するに語学の効果は年齢に関係がなく、外国語学習は効果的なボケ防止になる。

②は、義務教育で触れる英語はペーパーバックの洋書でいうとわずか、24ページ分にすきず、触れている単語の数が少ない

③は、漢字を何度も書いたり計算問題のドリルを繰り返す、知識を忘れる前の復習はダメ。つまり、思い出そうと努力するプロセスが大切なので、思い出すために一旦忘れることが大事。

④は、文法にはなるべく時間をかけないのが正解で、その分をアウトプットに使うのが有益。英文法は勉強を始める最初の段階でざっと復習するのがオススメらしい。

⑤は、100日間で1時間ずつ勉強するよりも、20日で5時間勉強した方がいいらしい。つまり、語学は短期集中学習が効率的。


の章は特に面白かったです。個人的には勘違い①の「英語は若いうちに勉強したほうがいい」と、勘違い⑤毎日コツコツ勉強することが大事がタメになりました。


感想

この本は英語だけでなく、学び全般に応用できると思います。僕はこの本を読んで、勉強に近道はない事を再認識しました。この本を読むまでは、「1000時間くらい勉強すれば英語なんて習得できる」なんて思っていましたが、最低でも2400時間程は必要だと知りガッカリしましたw

本気で英語を習得しようとするなら、現地に行くのが手っ取り早い感じはありますね。日本でも、英会話カフェなどもありますし、海外の友達を作ったりする事で英語を学べます。

僕はスマホアプリで学んでいきたいとおもいます。ちなみにこの本には、英語学習するためにDaiGoさんがオススメしているアプリも書いてあります。僕はそのアプリを使って勉強してみようと思います。

科学的に正しい英語勉強法は文字数が少ないですし、かなり読みやすいので読書慣れしてない方にもオススメです。楽な道ではないですが、結果を出すための効率的な勉強の仕方が書いてあるので、英語学習意外にも使えそうです。


では!






FullSizeRender

三崎優太さんが仮想通貨「ICO投資」ってやつで10万円を2億円にしてみたという本を出しました!今回は、早速amazonで購入して読んだので、軽くまとめてみました。
この本はICOだけでなく、仮想通貨初心者の方にも分かりやすく書かれていますので興味ある方は是非!


三崎優太ってどんな人?

三崎優太さんとは、2018年の3月で29歳になる実業家の方です。まだ20代って若いですね。。

18歳の時に起業したらしく、その当時アフィリエイトで月300万円稼ぎます。その当時の会社、メディアハーツも11期目を迎えるそうです。現在は2014年から開始された美容ECブランド「FABIUS」の運用を主事業としていて、年収は100億円を超えます。
個人としては、会社の社長としての収入と株式投資と仮想通貨の投資で年収は10億円ほど。

かなりすごい方ですね。。最近はテレビにも出演されているようです。

ちなみに仮想通貨投資歴は4年とかなり前から始めてられているようで、現在は元手10万円を2億円にまで増やしています。投資成績は+50億円を突破されたそうです。


ICOとは?

ICO(Initial coin Offerring・新規仮想通貨公開)とは、企業やITプロジェクトが独自の仮想通貨(トークン)を発行し、資金調達をする仕組みのことです。株にはIPOというものがありますよね。それに似たようなものです。

ICOによる資金調達額は2017年春以降に急激に伸び、数百億円規模のものまであります。

企業にとってのICOのメリットは、早く・安く・誰にでも出来・世界中から資金を集めることができることです。
投資家にとっては、大きなリターンと広いチャンスがメリットになります。
上場後に価格が2倍、3倍になることは普通にあり、イーサリアムやアイオータのように持ち続けて数千倍になることもあります。


ICOのリスク

ICOには、主に以下の4つのリスクがあります。

・詐欺のリスク

・上場しないリスク

上場されないトークンは自由に売買することができないため、殆ど価値がない状態となってしまう。

・売りたくても売れないリスク
上場直後のトークンは売買する人が少ないので売ろうと思っても相手がいない。流動性の問題。


・紛失のリスク

仮装通貨は特定の管理者がいないので、自己責任で保管する必要がある。ハッキングによる盗難、データの破損や紛失などによって失えば二度と返ってきません。セキュリティをしっかりやって防ぐことが大事です。


これら4つのリスクを見てもらえればわかるように、ICOにはリターンもある代わりにリスクもついてきます。まぁ投資なので当たり前ですよね。

三崎さんは本の中で、「投資の前段階でしっかり下調べをすることで、上場されないという事態に会うことはない」と言っています。開発者は素晴らしい技術なので、もっと世の中に広めたいという気持ちでICOに取り組んでいるはずです。その気持ちが強い案件だけを探して参加していけば、負けることはないそうです。とにかく調べることが重要です。


三崎さんのICOの情報収集は、主に以下の流れです。

・ICOカレンダーを見て、これからプレセールが行われるプロジェクトの情報を掴む。

・ツイッターとテレグラムで熱量を測り最新情報を手に入れる。

・ホワイトペーパーをしっかり読み込む



ICOカレンダーは、トークンマーケットというサイトを利用します。ちなみにこちらは、日本語のサイトではありません。

個人的には、テレグラムを使うというのが意外でした。テレグラムとは、ロシアを中心に世界中で2億人弱が使っているメッセージアプリです。
テレグラムには、仮想通貨の各通貨のコミュニティが数百種類以上あるそうです。

僕はテレグラムを今まで使った事がなかったので早速利用してみようと思います。Apple Storeでteregramと検索すれば出てきますので、興味ある方は是非!


感想

この本は文字がびっしりある読みにくい本という感じはなく、非常に読みやすいです。その為、読書慣れしていない人でも、苦なく読めるはずです!
また、ICOだけでなく仮想通貨についても、イマイチよく分からない人向けに分かりやすく書かれています。

ちなみに
僕も、まだICOには参加した事がありませんでした。
参加しなかった理由は、ICOには詐欺案件が非常に多く、資金の少ない僕にはかなりハイリスクだと思っていた事と、詐欺案件の見極めが難しいと思っていたからです。

しかし三崎さんの言うように、しっかり情報収集をすればそこまで怖いものでもないように思いました。

それに、僕と同じようにICO投資に中々踏み切れずにいた方はいるはずです。

三崎さんも本の中で言っていますが、仮想通貨投資全体の参加者以上にICOの参加者が増えていけば、だんだん稼ぎづらくなっていきます。だからこそ、まだ参加者の少ない「今」行動に移すことが非常に大事です。


投資家、経営者として生きてきた三崎さんの直感では、ICOでもっとも稼ぎやすいのは2018年前後の1年くらいと仰っていました。今がチャンスなのかもしれません。


今は仮想通貨がめちゃくちゃ盛り上がっていますが、まだ仮想通貨に手を出していない方はこの本をきっかけに初めて見るのもいいと思います。
仮想通貨入門書としても分かりやすく書かれていますので、仮装通貨やICO投資に興味がある人は是非!




【オススメ記事】
   

「仮想通貨」DMM Bitcoinの特徴と口座開設方法!

『草コイン』coinexchange(コインエクスチェンジ)の口座開設方法!    

無料でもらった3,000円でFX始めます!           

【LINEでおすすめ本配信中!】   
                 
友だち追加   

【spsってどんな人?】                    

自己紹介!
      

20歳になったのでFX始めました!               

1冊の本で人生が変わった話         


FullSizeRender

面白いマンガを発見しました!
「正直不動産」というマンガです。著者は大谷アキラさんです。

正直不動産は、2018年の1月1日に初版発行です。凄く新しいマンガですね!
めっちゃ面白かったので、ざっくりあらすじをご紹介します!


あらすじ

主人公は、登坂不動産の永瀬財地。
登坂不動産のナンバー1営業マンで、嘘をついて不動産売りまくっていた。
会社の副課長に登りつめていて、もうすぐで課長。

しかし、とある日に石碑を壊して以来、嘘がつけなくなってしまった。不動産営業マンとして、嘘がつけなくなるのは致命的だ。
正直者になってからは、以前よりも営業成績が著しくなく、遂には会社ナンバー1の座を明け渡してしまう。

千三つと言われる不動産業界。永瀬は嘘がつけない正直営業でどうなるのか?


感想

不動産業界の事が垣間見えるマンガです。不動産業界には「千三つ」という言葉があります。
これは、千の言葉の中に真実はたった3つという意味です。つまり、殆ど嘘って事ですね、怖い…笑

主人公の永瀬は以前の嘘をつく営業スタイルから一変して、正直営業になります。

僕は長期的に見ると、こっちの方が得なんじゃないかと思いました。目先の金の為に人を騙すよりも、長期的な視点に立って信用を積み重ねていく方が結果的にはプラスだと思います。

最近は信用経済が来てますよね。信用経済ってのは、「お金よりも信用が大事!」って感じの考え方です。
信用経済について興味ある人はこちら!西野さんのレターポットをまとめてみました。

「正直不動産」を通じて、正直者のお客さんが少しでも騙される事が減ったり、嘘が通らない業界になって欲しいです。

次が気になる、とても良いマンガです。
2018年のマンガ大賞は「正直不動産」が来ると予想!



こんな人にオススメ

・不動産業界について興味がある人。

・宅建を受験予定の人。宅建の勉強にも役立つと思います!
僕が1ヶ月半で宅建に受かった合格体験記はこちら。


とても読みやすいマンガです。興味ある方は是非!

正直不動産(1) (ビッグコミックス)

では!


【オススメ記事】   

『草コイン』coinexchange(コインエクスチェンジ)の口座開設方法!    

無料でもらった3,000円でFX始めます!           


【LINEでおすすめ本配信中!】   
                 
友だち追加   

【spsってどんな人?】                              

自己紹介!
      

20歳になったのでFX始めました!                

1冊の本で人生が変わった話         


↑このページのトップヘ