タグ:勉強

3D53D3E2-8225-405F-9469-59B912E20FDA

樺沢紫苑さんの著書ムダにならない勉強法
を読んでみました。
そこで、日頃から努力してるのに、中々成果が上がらない方や伸び悩んでいる方へ、6つのポイントにまとめてみました。

注:引用文は一部省略したものもありますのでご了承ください。 

       

1 勉強の目的を決める

勉強して得た知識をどのように活用するのか目的地を全く決めずにとりあえず勉強するのは、自己満足の勉強です。

勉強を開始する前にターゲットを明確に思い描くこと。目的のハッキリしない勉強は時間とお金をムダにするだけです。p.103


英語や資格を取るのも同じで、勉強の目的地を決めなければムダなんですね。

確かにその通りだと思います。

僕も現在資格学校に通っていますが、資格取得の目的が明確に定まっておらず、随分とムダな時間を過ごしたと思って後悔しています。

勉強の目的を始めに思い描くことで、ムダな勉強が省けて効率よく勉強することができるのですね。



2 守破離勉強法

「守」は、師についてその流儀を習い、その流儀を守って励むこと。

「破」は、師の流儀を極めた後に他流を研究すること。

「離」は、自己の研究を集大成し、独自の境地を開いて一流派を編み出すこと。

つまり、基本をそのままそっくり、徹底的に真似る「守」のステージ(初級)

他の人や他の流派のやり方を研究し、さらに成長していく「破」のステージ(中級)

そして、自分流のスタイルを探求し、ブレイクスルーする「離」のステージ(上級)(ブレイクスルーとは、日々の積み重ねがある時一気に解き放たれること。日々の積み重ねの集大成)

まずは基本を徹底的に真似て、しっかりと習得する。次に基本を踏まえたうえで、他の方法や色々なパターンを試してみる。最後に「自分流」を確立する。これが「守破離勉強法」ですp.107


この守破離勉強法はあらゆる分野に適していると思います。

上手な人を真似したりするのも良いですよね。初めて学ぶ分野に関しては、この守破離勉強法の効果は絶大です。

僕も初めて学ぶ分野に関しては、最初に入門書を読みまくります。最近はまっている仮想通貨も入門書を5冊くらい読みました。5冊も読むと大分理解が深まりますしオススメです。FXの入門書はこちらの記事にまとめました。FXに興味ある方は一度読んでみてください。


3 守破離勉強法の注意点

基本も勉強せずにいきなり「自分流」を目指す「リリリのおじさん」(離)から脱却しない限り、何を勉強しても、上達しないし、結果もでない。つまり、時間と努力のムダで終わるだけです。p.108


先に基本を抑えるというのは凄く大切なことです。           
つい基本を飛ばしてしまい、後になって後悔した経験は僕にもあります。笑

結果的に最初に基本を抑えた方が最短距離で目標に到達することができます。
           
初めから自己流を目指すのではなく、まずは基本を抑えたり上手な人を真似る所から徹底した方が良いのですね。


4 インプットよりもアウトプット

自己成長はインプットの量には比例しませんアウトプットの量に比例するのです。勉強しているのに結果がでない。成長を自覚できないという人は、「インプット過剰のアウトプット不足」に陥っています。p.158


【インプットの2倍強の時間をアウトプットに投入せよ。】

「紳士録」に書かれた人物プロフィールを小3から中2までの100人以上の子供達に覚えて、暗唱するように指示しました。子供達に与えられた時間は9分間でしたが、そのうちの「覚える時間」と「練習する時間」の割合は、グループごとに異なる時間が指示されました。

もっとも高い結果を出したのは、約40%を「覚える時間」に費やしたグループでした。

年長の生徒になると「覚える時間」が少なくてすむようになり、約30%を「覚える時間」に費やすのが良いと分かりました。

「覚える時間」と「練習する時間」、すなわち勉強におけるインプットとアウトプットの黄金比。適切な割合は、3対7くらいということがわかります。p.162


つまり、勉強する時はインプットの2倍の時間をアウトプットに投入するのが効率的な勉強なんですね!

インプットって最初はめんどくさいんですが、慣れてくると楽なんですよね。

だから面倒なアウトプットよりもインプットを優先してしまうことが多いです。

「自己成長はインプットの量ではなくアウトプットの量に比例する」

アウトプットがいかに大切かが分かりますね。インプットしたらその都度アウトプットする。

インプットよりもアウトプット!

また、アウトプットすることで、何を知っていて何を知らないのかが明確になっていきます。

知っているつもりだったのが、アウトプットしてみたら全然理解してなかったなんて事もありますので、アウトプットはやはり大切な事なんだと思います。

僕も今後は、インプットする時間よりもアウトプットする時間を多く取ります。



5 途中で諦めない

「こんなに頑張っているのに、結果がでない」のは順調に成長している証拠。ブレイクはある日突然起こります。p.269


日々の努力の積み重ねでブレイクするんですよね。皆んな途中で諦めます。あと一歩努力しましょう!あと一歩の努力でブレイクする!

そう信じることで、いつか報われる日まで努力し続けることができるんだと思います。

絶対に諦めない!

最後はいかに自分を信じられるかに尽きますね。僕もいつかのブレイクまで頑張ります。



6 やっぱり継続が大切

1年やれば基本が習得できる。3年やれば一通りできるようになる。10年やれば専門家になれる。1年、3年、10年は、1日3時間ずつ練習や勉強をすると、1000時間、3000時間、10000時間となる。p.276・277


まずは1ヶ月、3ヶ月、そして1年と期間を区切っていくのがいいんですね。

10000時間の法則っていうのもありますし。

やはり、いかに継続してやれるかは物凄く大切な要素です。しかし、長く継続するというのはめちゃくちゃ大変です。同じことを継続するのではなく、日々変化を加えていくことで継続し続けることができるんじゃないかと思います。

同じことを継続するのも大事ですけどね。これが中々難しい。


長く継続しようとすると続かないことも多いと思いますので、今を精一杯生きることが大切なんじゃないかと思います。1日を大切に生きる。


継続しようとせずに今何ができるかを考える。

今やっていることを明日も続ける。


そういう感じで毎日精一杯生きることが結果的にいつの間にか継続していた形になって成功するんだと思います。

林先生の今でしょ!はやはり名言ですね。笑


その他のメモ

「勉強をしよう」と思ったなら、まずは「勉強法の調査」から入る。(既に出来てる人の勉強法を先に知る。試験なら合格してる人の勉強法など)p.57


過去の経験や学習が、その後に行われる後続学習と類似性や共通点が多いほど、学習にプラスに作用する。つまり、少ない時間で楽に習得できるのです。p.93


あなたがもし、今よりも成長したいのなら、誰と時間を過ごすかを意識するべきです。(ミラーニューロンの特性で意識せずに見るもの全てを真似てしまう傾向がある。)p.136


勉強を誰から学ぶのか?勉強を誰に学ぶのか?これは効率的に勉強し、勉強の結果を出すために極めて重要な問題です。p.138


全体から細部へ。まずは基本をしっかり押さえ、全体の枠組みを学びます。最後に細かい知識の学習をしていきます。全体から部分へと進めるのが効率的。p.167


1週間のうちに同じ情報に3回以上接触すると記憶に残りやすくなる。メモして、SNSに投稿し、SNSでのコメントに返信すれば、3回になります。p.205



伸び悩んでいる方にオススメ

「努力はしてるのに成果が上がらない」など伸び悩んでいる方って結構いると思います。

僕もそうです。

そんな我々にとって、樺沢さんの勉強法の本はとても勉強になります。

僕が現在している勉強法も樺沢さんの本から学んだ事がベースにあります。


そしてこの本は、インプットとアウトプットについて考えさせられます。     インプットができているのに成果が上がらない人はアウトプットができていないはずです。    


中々成果が上がらない人は1度読んでみてください!


以前書いた樺沢さんの書評記事はこちら→「覚えない記憶術」効率的に記憶する為のポイント3つ厳選【書評】




【spsってどんな人?】 

自己紹介!

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    



【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加         



【人気記事セレクション】     

F4F6D314-BD5E-4827-9994-DCB92C8DADAA

皆さんは読書しますか?
僕は時間があると本を読みます。

ビジネス書もよく読んでいるのですが、ビジネス書には「本は汚して読め!と書いてあります。これはつまり、「本には気になったことは書きまくれ!」ということです。

僕は、以前まで愚直にその通りやってたんですが、ある時とあるマンガを読んで考えが変わりました。

そのマンガはドラゴン桜(1) (モーニング KC)というマンガです。
このマンガには「ノートを汚して教科書(本)は汚すな」と書いてあります。

ドラゴン桜は元暴走族の弁護士教師が様々な受験テクニックを、落ちこぼれ学校のおちこぼれ生徒二人に教え、東大合格を目指していくというマンガです。ホリエモンこと堀江貴文氏もへべれけという番組で「ドラゴン桜に書いてあること通りに勉強すれば大体東大に受かる」といっていました。

話を戻します。なぜ、本は汚さないのかというと、本を汚して読むことで勉強した気になるからです。1度そう思ったら、もう1度読み返す気力は薄れてしまいます。

それを防ぐために本は綺麗な状態にしておくべきです さらに綺麗だと何度読み返しても新鮮な気持ちで読むことができます。

本に書き込まずにどこに書き込むのか?そこでノートに要点を書きます。本ではなくノートを汚すんです!

そうすることで、本を綺麗な状態にしておくことができます。

僕はこれをきっかけに本を汚すことはなくなりました。本の要点などは僕の場合はアプリに書いてます。
以前は読書ノートを作っていましたが、読み返すことがないんですよね。

毎日スマホを使っているので、アプリの方が読み返す事が多いですし、アプリに本の記録をしたほうが効率的です。ノートだと手書きなので、スマホと比べて時間もめちゃくちゃかかります。    


この本の読み方はかなりオススメですので、是非一度お試しください^_^


【spsってどんな人?】 

自己紹介!

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話         
   
【LINEでおすすめ本配信中!】

            
友だち追加         

       
【人気記事セレクション】 



452DEF5A-A38E-4661-880C-863ADF7E60C7


何もやりたい事がないのに就職する必要はないと思ってます。
現に新卒カードを使ってない人もいますし(僕です笑)

つまらない仕事はすぐに辞めるべき理由を1つシンプルに書きます。 


給料が安すぎる 

シンプルですね。笑
でも嫌な仕事の為に働いて得られる金額が1ヶ月20万そこそこってクソ安いですよね?


あなたはお金と時間、どちらを優先させますか?

もし、あなたが時間よりもお金を優先させるのであれば、いやな仕事を続ければよいと思います。しかし仮に、あなたがもしも、お金より時間を優先させる人生を歩もうと考えているのであれば、つまらないい仕事は一刻も早くやめるべきです。

例えば、あなたが明日死ぬとします。
あなたが死ぬ直前に20万円で1ヶ月の時間を買えると思います?
もちろん買えませんよね。100億積んだって1ヶ月の時間を買うことは出来ません。

それだけ時間は大切なんです。死から逆算すると時間の大切さを実感できると思います。

時間は有限です。
つまらない仕事で限りある時間を浪費する必要はないと思います。つまらない仕事は、時間だけでなく精神も披露させます。人生の幸福度を長い目で考えた場合、すぐにつまらない仕事をやめるべきだと思います。



楽するために勉強をする


僕は将来楽したいので、今働かずに勉強をしています。 
多くの人は大学卒業したら何の勉強もしなくなります。(殆どは大学入学時点でしませんよね笑)

そして大人になると、今度は自分より若い人に勉強しろなんて上から目線で言いますが、大人こそ勉強するべきです。 

社会人になると仕事はしても勉強する人は少ないから、学生時代よりも差は開くでしょうね。

いつの時代も頭使わないと、人に利用されて終わるんですよ。
まぁ利用されてることすら分からず人生終える人もいますが、、、

大人の勉強で僕がオススメしたいのは「読書」です。
読書慣れしていない方はこちらの本がオススメです。 僕の人生を変えてくれた一冊です。
勉強本では 佐藤優さんの「読書の技法」はオススメです。これを読むと今以上に本を読む量が増すと思います。

若い人は家族もいないし、自由ですよね。
自分が生活していくだけなら、必要最低限の金をバイトで稼ぐだけでも良いと思います。ただ生きるだけを考えたら月5万あれば十分生活できますよ。ムリして働く必要はないのです。
 

関連記事 :就活について思うこと

    

【LINEでおすすめ本配信中!】

友だち追加   

【spsってどんな人?】                     

自己紹介!
 

20歳になったのでFX始めました!     

1冊の本で人生が変わった話    


【人気記事セレクション】 


   

どうもspsです!

今回は山口真由さんの著書 東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法を読んでみたので書評を書きます。


注:引用文は一部省略したものもありますのでご了承ください。 



山口真由さんのプロフィール



物凄い経歴ですね…

もはや漫画の世界でしょ。笑


そんな山口真由さんが日頃行なっている読書法は3つあります。


山口真由さんの読書法

1つが平読み。いわゆる普通の読み方で、流し読みでも精読でもなく普通のスピードで文字を追う方法。小説や雑誌、新聞記事はこの読み方。


2つ目がリサーチ読み。調べ物をする時に役立つ読み方。学生の方が課題のレポートを書くときや、ビジネスマンが情報収集を行う時にはこの方法がオススメです。


そして3つ目が七回読み。七回読みは一回一回が流し読み。

1、「読む事の負荷が小さい。」

2、「情報をインプットするスピードが速いこと。」

3、いつでもどこでもできること。

調べ物ならリサーチ読み、知識を深めるには7回読みp.128・129・130


3つの読書法を使い合わせているのですね〜。

僕は速読と平読みだけです。


ちなみに7回読みとは、流し読みを7回読むというものです。

同じ本を何度も読むことで記憶に残しやすくするんでしょうね。


全ての本を7回読みすると時間が勿体無いので、自分にとって良書だと思う本に7回読みを使ってみるのが良いと思います。



2つ目のリサーチ読みとは?

リサーチ読みはたくさんの本に目を通すのが特徴です。(関連書籍を読みまくる)

きちんと読むと時間がかかるので、サラサラと目を通すのがコツ。目次を見てどこに何が書かれているかをチェックし、流し読みしながら関連性の高い部分を探します。

この時の読み方のコツは文章を読むのではなく、文章の中にあるキーワードをみつけることだけを意識して読むこと。関係がありそうな文献はあとから平読みするのですから、この読み方では文章の意味がとれなくても気にする必要はありません。

後は役立つ箇所や本の関連部分を熟読します。これでかなりの量をカバーしつつ、質的にも充実した情報を得られるでしょう。p.127


リサーチ読み?に似ていますが、速読は僕も最近するようになりました。


世の中には本が溢れていますが、全ての本が自分にとって有益な事が書かれているかというとそうではありません。


あまり自分にとって良い情報がないと判断すれば速読することで時間を短縮することができます。


また、リサーチ読みの際に、調べる事項に関して予備知識がない場合は、ウィキペディアなどで簡単にアウトラインを掴んでおくと、「どんな本に有用な情報が載っているか」という見当がつけやすくなると山口真由さんは言っています。


東大首席弁護士の勉強法を知りたい方は必読!


東大を首席で卒業した弁護士の方は3つの読書法を駆使していました。


勉強量もえげつないんでしょうね。

ただ、覚えたい箇所については何度も読んで覚えるのが1番です。


読書だけではなく資格試験の勉強にも役立つはずです。

興味がある人は是非!

                                               


【spsってどんな人?】
 



【人気記事セレクション】  


今日、雑誌で藤井四段の記事を見たんですが、中学生にしてえげつない量の将棋の本を読み漁ってるらしいです。

これみて思ったんですが、成功者って読書家多くないですか?
世界一の投資家ウォーレン・バフェットも凄い読書家らしいです。ビジネスの世界だけでなく、スポーツの世界で活躍している人も読書家って多いイメージです。野球なら野村克也さん、サッカーでは本田圭佑さんなど。

成功者が我々一般人に比べて飛びぬけている理由は、インプット・アウトプットの量が桁違いだからだと思います。
成功者の人達は普通の人には考えられない量の努力をしているからこそ、飛び抜けているんですよね。
   
並外れたインプットがあってのアウトプットがある。

読んだら忘れない読書術で読んだのですが、収入が高い人ほど読書家が多いらしいです。
その人達はお金のない時から自己投資に励んでいたそう。

この本を読んで私も読書をするようになったのですが、藤井四段の勉強量を知ったら、いかに自分が何もしてなかったか思い知らされました。笑
成功者に学び、もっともっとたくさん勉強します。。


【オススメ記事】  

『草コイン』coinexchange(コインエクスチェンジ)の口座開設方法!  

無料でもらった3,000円でFX始めます!  
         
【LINEでおすすめ本配信中!】 
               
友だち追加

【spsってどんな人?】                          

自己紹介!
    

20歳になったのでFX始めました!        

1冊の本で人生が変わった話       


↑このページのトップヘ