タグ:合格



本日、宅建試験を受験された方はお疲れさまでした!
僕は去年宅建を受験し、無事合格しました。(超ギリギリ) 

そこで合格発表日までの過ごし方をご紹介します。


勉強を開始する 

これは、今日の段階で「絶対落ちた!」と確信できる人です。

ただ、今まで勉強頑張ってきて疲れていると思いますので、暫くは休みましょう!

勉強は早めにやればやるだけ得なので、一息ついたら悔しい気持ちをバネに勉強に勤しんでください。

僕が去年宅建合格した時の合格体験記と勉強法がありますので参考になればうれしいです。

1か月半で宅建1発合格した話【合格体験記】19歳偏差値35でも受かる!

宅建1発合格するための勉強方法!【偏差値35でも受かる】
       
遊ぶ

今日の段階で受かった!と確信できる人は思いっきり遊んじゃってください。

今まで勉強大変だったと思いますが、お疲れ様でした!(これしか言えない)

宅建を記憶から消す       

これはギリギリの人達です!
ちなみに去年の僕はこのステージにいました。笑

ギリギリだとめちゃくちゃ不安ですよね?
僕もそうでした。

その解決策を教えましょう。それはネットを遮断することです。
   
特に予備校の合格予想はみないようにしましょう。 

見たら最後、合格発表まで気になって気になってモヤモヤした日々を送り続けます。

今の段階では想像もできないと思いますが、これはめちゃくちゃ辛いです。

ちなみに僕はネットを遮断していませんでしたので、合格発表まで地獄のような日々を送り続けました。

予備校の合格予想が気になってしょうがないんですよね〜。めちゃくちゃわかります。
でも、あんなの気にしたって何の得にもなりません。

結局、予備校といえど合格点は誰にも分からないのです。所詮予想に過ぎません。

他人の予想に振り回されて毎日不安に過ごすよりも、見ないことがベストです。


まとめ

落ちた人→勉強!
受かった人→遊べ!
ギリギリ→ネット遮断!

と言いましたが、暫く休んで好きな事しましょう!笑

宅建の勉強大変ですもんね〜。
僕もあの時には戻りたくないです。 

今日までお疲れ様でした!


宅建の勉強時間は300〜400時間と言われていますが実際はどうなんでしょうか。
僕は去年受験して、奇跡的に一発合格しましたが、経験上は150〜200時間くらいなんじゃないかと思います。

僕の場合は、勉強期間があまりにも短かったので、短期間でそのくらいやりました。
しかし、今の時期からやり始めてる方はもう少し余裕を持って合格できるのではないでしょうか。

当たり前ですが、勉強時間なんてものは個人差がありますのであまり参考になるものではないかと思います。
大学で民法をきっちり学んできた方ならもっと短期間で合格できると思いますし、何の知識もなければたくさん勉強しなければきついです。

私は当時、勉強時間は全く気にしてなく、それよりも量を気にしてました
例えば、「毎日1時間勉強する!」ではなくて、「毎日30問解くぞ!」という感じです。

結局、毎日3時間やっても落ちる人は落ちます。
大事なのは時間ではなくて、3時間で何をやったのか?
質が大事ということです。

宅建の合格率はおよそ15%弱です。(5点免除者除くとおよそ10%)
そして、宅建の合格者の平均年齢が35歳くらいです。仕事をしながら勉強してる方が殆どでしょう。

時間は皆が1日24時間ですが、仕事の事情だったりで勉強時間があまり取れない方も多いと思います。
だったらその中で勉強時間を気にするよりも、勉強の効率を意識した方が絶対いいです。

夜は暗記物をやって朝一で復習をするだったり、科学的にも根拠のある勉強法で効率よくやった人の方が合格は容易いです。
この時期はまだ、時間がありますので民法を重点的にやる事をオススメします。


宅建合格の秘訣は民法と業法にありますからね(^-^)
それでは勉強大変だと思いますが、頑張ってください!
  
僕が参考にした勉強本はこちら→読んだら忘れない読書術  

【spsってどんな人?】                   

自己紹介!


20歳になったのでFX始めました!    

1冊の本で人生が変わった話

【人気記事セレクション】                                  

                                                                                                                   

↑このページのトップヘ