タグ:学校

FA044FF6-2CBA-4D69-8F21-DADA01A3E24D

タイトルの通りですが、僕は資格取得の為に学校や予備校には行かなくて良いと思ってます。

僕は現に予備校の様な所に通って資格を取得しましたが。ですが、初めから分かっていましたがやはり無意味です。
(じゃあなんで通ってんだよってツッコミはなしでお願いしますw色々な諸事情により仕方なく通ってました。)

なぜ学校や予備校で資格取得を目指す意味がないのか説明します。

講義がそもそもいらない

資格学校には講義があります。

先生が授業をして、それをノートに取ったりしていく訳ですがそれってやる必要あります?

先生のペースで授業が進行していく訳ですけど、1人でテキスト読めばよくないですか?
宿題も単なる先生の自己満でしかないのでいらないと思います。
勉強の進み具合は個人差があるのに、全員同じ宿題をやる意味ってあるんですかね。

これって先生が宿題をだして満足してるだけですよね?

資格学校だからといって特別な授業は特にないんですよ。

ただテキスト読んで過去問解くだけです。たまに予想問題なんかも解くことがありますけどあれも要らないと思ってます。所詮予想ですからね。

予想問題よりも、実際に出題されている過去問で十分です


金がかかる

資格取得の為に学校に通うとお金がかかります。
それも結構かかります。
2年生の専門学校だと200万以上はかかります。
週に何回か通うタイプの学校でも安くても10万以上はかかります。

正直、この出費はめちゃくちゃ大きい。独学ならお釣りがいくらでるか…


そもそも勉強は1人でするもの  

これは僕の持論ですが、そもそも勉強は1人でするものです。
僕は皆んなと一緒に勉強するより、1人で勉強した方が成績が上がりました。

僕は元々勉強ができない人間でしたので、学生の頃はよく試験前になると友達を誘って勉強会なんてやってましたけど、結局勉強した試しがないです。
勉強より会話に熱が入って、時間だけが過ぎていきました。


結局学校行くメリットってある?

僕は資格の学校に通う事へのメリットが分かりません。(資格だけでなく学校もわからない)

同じ目的を持った人達が集まる事へのメリットをあげる人もいますけど、別に学校に通わなくても今やSNSで解決できますよね。
1人で勉強できないなら、図書館でも行けば充分集中して勉強できますよ。

分からない問題を先生に聞けるメリットもありますが、それもネットで調べて解決します。


結局は、学校や予備校行っても落ちる人は落ちます。
受かる人はいいですが、落ちる人は落ちてる人同士で仲良くなってどんどん悪い方向へ行きます。
同じ学校や予備校に行っても、どんどん差が出るんです。

僕は宅建の試験の時は、学校の授業は無視して自分で勝手にやってました。
先生の言う通りやってたら落ちると思ったからです。
結果的に僕は合格しました。
毎日学校に通って先生のいう通りにやっていた生徒が何人もいましたが、彼らは落ちました。

僕はこの現状を目の当たりにした時に、人に言われたことを普通にやるのではなく、本当にこのやり方でいいのか?1度自分で考える事が大事なんだと実感しました。

何も考えずに、先生を信頼して先生の言う通りにやってても、それで本当に良いのか考えないとダメです。
先生も人ですから、普通に間違えます。
落ちても、何も考えずに先生を信頼した自己責任です。


学校や予備校に通わずに独学でやった方が結果的には時間的にも経済的にも負担が減るのでは?

これから資格学校に通う予定の人は1度よく考えてみてください。


   
 

【spsってどんな人?】                   

自己紹介!


20歳になったのでFX始めました!    

1冊の本で人生が変わった話

【人気記事セレクション】                                  
3  yuiが離婚!ファンの反応は?離婚を予知していた人たちも!
                                                                                                                             

どうしても学校に行きたくない時って誰でもあると思います。
僕はそれがめちゃくちゃ多いです笑
そこで、僕が普段使っている仮病を紹介します。

3位 腹痛

腹痛で休むことは難しいですが、遅刻の際はかなり役立ちます。
腹痛はどうしょうもありませんからね。

2位 風邪・熱

これは中々使えます。
僕は特に風邪を使います。
風邪の時は電話の際に声を低く小さく喋り、時々咳き込むことが重要なテクニックです。
時に大袈裟に咳き込むと、相手に心配されるのでより信憑性が増します。
熱の時も風邪と同じテクニックを使います。熱は欠席する際に使いましょう!


1位 偏頭痛

僕が1番よく使うのが偏頭痛です。
これは最強の病です(本当に頭痛持ちの方、申し訳ありません)

実際に僕は本当に頭痛持ちではありますが、仮病としてもかなり使わせて頂いてます。周囲に頭痛持ちの方がいましたら、その方も頭痛持ちの辛さが分かっているので心配されます。
周囲の人に「どんな痛みなの?」と聞かれる際がありますので、偏頭痛の痛みをネットで調べてしっかり準備して起きましょう!
何事も準備が大切です!

遅刻欠席する際のポイントは、なるべく普段から身体が弱いことを周囲にアピールしておくことが重要です。

上記の理由プラスアルファで病院に行くといって遅刻するのもありです。
(もちろん実際は行かない)
薬を貰いに行くなどと言っておきましょう。そして、学校に行くときはマスク必須です。

僕はこれらの理由で、遅刻欠席を乱用しまくったおかげもあって、進学の際に推薦等は一切貰えませんでした。
僕のようにむやみやたらに乱用しまくると、周囲との信頼関係が崩壊しますので適度に使っていきましょう!



   

↑このページのトップヘ